日本小児遺伝学会

日本小児遺伝学会について

日本小児遺伝学会は、「日本小児科学会」の分科会です。

日本小児科学会

理事長 黒澤健司
地方独立行政法人神奈川県立病院機構
神奈川県立こども医療センター
 遺伝科 部長)
〒232-8555 横浜市南区六ッ川2-138-4
TEL: 045-711-2351

お知らせ

第41回日本小児遺伝学会学術集会のお知らせ(第1報)

第41回日本小児遺伝学会学術集会を下記の通り開催いたしますのでご案内いたします。

会場は名古屋駅前徒歩5分の交通至便なウィンクあいちです。幅広い参加者のもとで各領域の多様な視点からのシンポジウムや討論の場つくりたいと思います。8月中旬頃から演題募集を開始する予定です。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

第41回 日本小児遺伝学会学術集会 大会長 水野誠司

日時
2019年1月11日(金)、12日(土)
会場
ウィンクあいち(愛知県産業労働センター)5階フロア、小ホール1,2及び会議室
(名古屋市中村区名駅4丁目4-38  TEL:052-571-6131  FAX:052-571-6132 )
大会長
水野 誠司(愛知県心身障害者コロニー中央病院 副院長・臨床第一部長)
テーマ
子どもを理解する小児遺伝学 - 多様性と病態の解明 -
学術集会HP
http://jspg41.umin.jp/
準備事務局
名古屋大学小児科 事務局長 村松 友佳子
E-mail: jspg41(at)med.nagoya-u.ac.jp
【メール送信の際は(at)を半角@に変えて下さい】

日本小児遺伝学会理事会から学会員の皆様へのお知らせ

Dysmorphologyの夕べ

小児病院や大学病院小児科で、多発奇形症候群の子どもたちの診療や遺伝カウンセリングを担当する医師たちが、この分野の魅力を周囲の関連する先生方にも伝えてゆきたいという考えのもとに、平成14年に始められた、日本小児遺伝学会がバックアップするイベントです。

» 詳しくはこちら

若手小児科医のための教育コンテンツ

American Journal of Medical Genetics編集長
ユタ大学小児科 John C. Carey教授

『症例報告の書き方』

貴重な患者さんの記録を後世に残すことの重要性を説いていただくとともに、EditorやReviewerが採否を決めているポイントについても解説してくださいます。

画像をクリックすると、動画プレゼンテーションを視聴できます。

動画配信協力:インターマインズ株式会社