LECSとは腹腔鏡・内視鏡合同手術(Laparoscopy and Endoscopy Cooperative Surgery)の略称です。内視鏡治療と腹腔鏡手術を同時に行うことで、必要最小限の侵襲で腫瘍切除を可能とする新しい手術方法です。胃粘膜下腫瘍をはじめとした疾患において、試験的に行われています。
LECS研究会は、LECSの安全性や技術の向上、普及を目指して活動しています。

日 時 2018年10月31日(水) *JDDW前日
会 場 ザマーカススクエア神戸(兵庫県)
参加費 3000円 *受付時に徴収。事前予約制ではありません。
当番世話人 青柳裕之先生(福井県立病院消化器内科)  
宮永太門先生(福井県立病院上部消化管外科)
プログラム

世 話 人 会: 17:30~18:00 (ザ ボールルームウエスト)
研 究 会: 18:00~20:05 (スクエア)
情報交換会  20:30~21:30 (ザ ボールルームウエスト)

<研 究 会> 18:00~20:05 会場:スクエア
開会の辞 (18:00~18:05)
  青柳裕之(福井県立病院消化器内科)  
  宮永太門先生(福井県立病院上部消化管外科)
特別講演(18:05~18:25)
  *医工連携に関する講演
  演者 藤澤彩乃先生(東京大学大学院)
  司会 布部創也先生(がん研有明病院)
第1部 「これからのLECS 大腸LECS」 (18:30~18:45)
  司会 為我井芳郎先生(がん研有明病院)
     福長洋介先生(がん研有明病院)
     *演題 5分(2演題を予定) 質疑応答2分
第2部 「どうなる十二指腸LECS」 *英語セッション (18:45~19:10)
  司会 辻陽介先生(東京大学医学部付属病院)
     比企直樹先生(がん研有明病院)
     *演題5分(3演題を予定) 質疑応答2分

休 憩 (19:10~19:15 )

第3部 「ひろがりゆくLECS」 (19:15~19:45)
LECSの導入、経験そして胸腔鏡、膀胱鏡との協同手術など
  司会 小山恒夫先生(佐久総合病院)
     阿部展次先生(杏林大学)
     *演題4分(5演題を予定) 質疑応答2分
第4部 総合討論「そこが聞きたいLECSの本音」 (19:45~20:00) 
  * アンサーパッド形式
  司会 青柳裕之(福井県立病院)  
     宮永太門先生(福井県立病院)
閉会の辞 (20:00~20:05)
  滝沢耕平先生(静岡県立がんセンター)
  入野誠之先生(静岡県立がんセンター)

情報交換会 (20:30~21:30) 会場:ザ ボールルームウエスト

<演題募集
  受付開始日 *開催7週間前を予定
演題応募方法

・テーマ(上記第Ⅰ部テーマもしくは第Ⅱ部テーマから選択)
・演題名(日英併記)
・演者名(日英併記)
・共同演者名(第Ⅰ部選択の場合、日英併記)
・所属施設(日英併記)、
・抄録 500字程度。Wordファイルもしくは Textファイルで作成
第Ⅰ部テーマ選択の場合ー日英両言語で提出。
第Ⅱ部テーマ選択の場合ー日本語のみで提出。
・下記のアドレス に送信してください。 添付資料サイズは5MBまで。

・演題送付先:募集開始時にメールアドレスを設定します。
・応募締め切り:未定