脳外科医 澤村豊のホームページ

様々な脳腫瘍や脳神経の病気について説明しています。さわむら脳神経クリニックで診療しています。Eメールによる相談や手術治療も受け付けています。

日本語の論文

2011年まで

『原著』

74. 鴨嶋雄大,澤村 豊, 川嶋邦宏, 他:自家頭蓋骨移植とチタンメッシュを用いる頭蓋形成 脳神経外科 35: 351-358, 2011

73. 村田純一,小林浩之,寺坂俊介,澤村 豊,岩崎喜信,志賀 哲,臼井礼子,秋野 実,斉藤久寿:メチオニンPETガイド・ナビゲーションによるグリオーマの手術 脳神経外科速報 19: 1270-1275, 2008

72. 鴨嶋雄大,澤村 豊,岩崎素之,岩崎喜信,川嶋邦裕:Rigid External Distraction(RED-II)System(R)を用いた frontofacial monobloc advancement 脳神経外科 35:781-6. 2007

71. 村田純一,北川まゆみ,斉藤久寿,岩崎喜信,菊池誠司,澤村 豊:難治性振戦に対するposterior subthalamic areaの深部刺激療法 脳神経外科 35:355-362, 2007

70. 澤村 豊:脳深部病変としての松果体腫瘍への治療戦略 Clinical Neuroscience 24: 1325-1327, 2006

69. 小林浩之,澤村 豊,石井伸明,村田純一,岩崎喜信:再発悪性神経膠腫に対するtemozolomide単独治療の経験 脳神経外科 34: 1241-1247, 2006

68. 西川亮,渋井壮一郎,丸野元彦,杉山一郎,佐藤慎哉,園田順彦,藤巻高光,高椅英明,若林俊彦,高橋潤,河内正人,中村英夫,澤村 豊,池田潤,堀智勝,青木友和,松谷雅生:初回再発退形成性細胞腫患者に対するテモゾロミド単剤投与の有効性および安全性の検討—多施設共同第II相試験 癌と化学療法, 2006

67. 加納里志,古田 康,本間明宏,折館伸彦,樋口栄作,鈴木章之,永橋立望,澤村 豊,福田 諭:当科における嗅神経芽腫の治療経験 日本耳鼻咽喉科学会会報 109: 433-439, 2006

66. 澤村 豊,篠原直樹,小寺智志:フィブリノゲンを用いた効率的な止血テクニック Parma Medica 24: 89-93, 2006

65. 坂本徹,白土博樹,澤村 豊,鈴木恵士郎,青山英史,加藤徳雄:聴神経腫瘍に対する定位分割照射の治療成績 定位放射線治療 9: 37-44, 2005

64. 村田純一,鎌田恭輔,澤村 豊:悪性腫瘍の粟粒状脳転移 神経内科 58: 458-462, 2003

63. 野崎道雅,澤村 豊,長 和俊:胎生期に診断された脳腫瘍の管理と治療 小児がん 40: 11-15, 2003

62.浅岡克行,澤村 豊:舌下神経‐顔面神経側端吻合術のための外科解剖 微小脳神経外科解剖, 2003

61. 藤巻高光,澤村 豊:三叉神経痛の外科治療 神経治療学 19 (6): 549-555, 2002

60. 池田 潤,石井伸明,澤村 豊,岩崎喜信,青山英史,白土博樹:神経下垂体部germinoma治療後における下垂体後葉ホルモン(抗利尿ホルモン)補充必要量についての検討 日本内分泌学会雑誌 78: 68-69, 2002

59.澤村 豊,加藤 功,黛 豪恭,池田 潤,青山英史,白土博樹:乳幼児 hypothalamic/chiasmatic pilocytic astrocytoma に対するシスプラチン・ビンクリスチン併用化学療法の効果 小児がん 39: 187-191, 2002

58. 澤村 豊,加藤 功,池田 潤,青山英史,白土博樹:乳幼児 hypothalamic/optic pathway pilocytic astrocytoma に対するシスプラチン・ビンクリスチン併用化学療法 日本内分泌学会雑誌 78: 70-72, 2002

57. 村田純一,澤村 豊,北川まゆみ,斉藤久寿,菊地誠志,田代邦雄:propofolによる術中静脈麻酔とImageFusionTM/AtlasPlanTMを用いた低侵襲的機能的定位脳手術 神経内科 53: 457-462, 2001

56. 木村憲仁、西谷幹雄、戸島雅彦、増井信也、及川光照、澤村 豊:拡大経蝶形骨洞到達法にて摘出した蝶形骨洞内adenocarcinomaの1例 道南医学会誌 36:17-189,2001

55. 寺坂俊介,澤村 豊,内田隆徳:高濃度のフィブリンを含有するフィブリンパッチの作成と臨床応用 脳神経外科 12: 1093-1098, 2000

54. 澤村 豊,村田純一,田代邦夫:Miliary brain metastases (粟粒状脳転移) 神経内科 53: 2-3, 2000

53. 澤村 豊,太田 穣,田代邦夫:頭蓋骨ページェット病(変形性頭蓋骨炎) 神経内科 53:84-85, 2000

52.  澤村 豊,浅岡克幸:解剖を中心とした脳神経手術手技:抹消性顔面神経麻痺の再建術:舌下神経顔面神経端側吻合術および大耳介神経移植術 脳神経外科 9: 799-806, 1999

51. 澤村 豊,池田潤,青山まゆみ,石井伸明,村田純一,白土博樹:小児の髄芽腫/PNETに対する化学療法を中心とした補助療法補助療法 小児がん 36: 553-557, 1999

50. 澤村 豊,福島孝徳,寺坂俊介,菅井俊哉,倉本聖治:超音波吸引装置のためのmicrosurgical handpieceとprobeの開発と臨床使用経験 脳神経外科速報 8: 545-554, 1998

49 松本亮司,多田光宏,鬼丸力哉,白土博樹,池田潤,澤村 豊,阿部 弘:Glioblastomaの臨床病理学的再検討. 神経免疫研究 10: 83-86, 1998

48. 多田光宏,池田潤,澤村 豊,阿部 弘:温度感受性を持つglioma細胞株について. 神経免疫研究 10: 87-90, 1998

47. 池田潤,多田光宏,澤村 豊,阿部弘:脳腫瘍化学療法感受性におけるp53癌抑制遺伝子の役割. 神経免疫研究 10: 91-95, 1998

46. 喜多村圭,鈴木恵士郎,白土博樹,澤村 豊,宝金清博,加藤功,井須豊彦,阿部弘,宮坂和男:LINACを用いた脳定位放射線照射の現況 脳神経外科ジャーナル 7: 102-108, 1998

45. 加藤功・澤村 豊・高橋明弘・多田光宏・阿部弘:Glioma患者髄液中における増殖因子の検討。 神経免疫研究 8: 204-211, 1996

44. 加藤功,澤村 豊,阿部弘,白土博樹:高齢者の転移性脳腫瘍に対する定位的放射線治療.Geriatric Neurosurgery 8: 21-26, 1996

43. 加藤功,白土博樹,鈴木恵士郎,高巴明夫,富田雅義,西岡健,井須豊彦,宮町敬吉,澤村 豊,宮坂和男,阿部弘:転移性脳腫瘍に対する直線加速器による定位的放射線照射 脳神経外科 24: 1003-1009,1996

42. 堀まゆみ,澤村 豊,石井伸明,池田潤,村田純一,加藤功,多田光宏,阿部弘:小児のPNET/medulloblastomaに対する補助化学療法 小児の脳神経 21: 314-319, 1996

41. 野崎道雅,多田光宏,松本亮司,澤村 豊,阿部 弘,Richard D. Iggo:中枢神経系non-astrocytic tumorにおけるp53変異のyeast functional assayによる検討. 神経免疫研究 9, 1996

40. 石井伸明・須藤昌子・澤村 豊・加藤功・阿部弘・中村仁志夫・長嶋和郎:ヒト神経膠腫組織内に分布するマクロファージマーカー陽性細胞についての免疫組織学的検討。神経免疫研究 7:135-139, 1995

39. 加藤功・高橋明弘・澤村 豊・須藤昌子・阿部弘:原発性脳腫瘍とモヤモヤ病における髄液中bFGFの検討。神経免疫研究 7:172-177, 1995

38. 池田潤・須藤昌子・石井伸明・加藤功・澤村 豊・阿部弘:脳腫瘍患者髄液中のinterleukin-8の測定。神経免疫研究 7:216-218, 1995

37. 寺坂俊介・澤村 豊・阿部弘・伊藤文生・斉藤久寿:Conventional suboccipital craniotomyの手術手技に関する工夫 脳神経外科ジャーナル 4: 389-394, 1995

36. 澤村 豊・須藤昌子・加藤功・石井伸明・阿部弘:ヒト硬膜上に塗布したFibrin Glueの吸収と肉芽組織形成;再開頭によって得られた組織の検討 脳神経外科ジャーナル 4: 364-369, 1995

35. 山本有平・吉田哲憲・皆川英彦・井川浩晴・川嶋邦浩・大浦武彦・野平久仁彦・犬山征夫・福田諭し・渡辺昭仁・澤村 豊:頭頚部腫瘍切除後の頭蓋底再建術の検討 頭頚部腫瘍 20: 516-519, 1994

34. 加藤功・澤村 豊・多田光宏・佐久間司朗・村田純一・須藤昌子・阿部弘:ヒトグリオーマ細胞株におけるp55およびp75TNF受容体の解析 神経免疫研究 6: 227-231,1994

33. 寺坂俊介・澤村 豊・阿部弘:フィブリン糊スプレーによる髄液漏に対するSealing効果の検討 脳神経外科 22: 1015-1019, 1994

32. 高橋明弘・宝金清博・上山博康・澤村 豊・阿部弘:モヤモヤ病患者髄液中basic fibroblast growth factor (bFGF)の定量 脳卒中 16: 201-205, 1994

31. 澤村 豊・寺坂俊介:脳神経外科手術でのfibrin glueの使用経験:髄液漏防止と頭蓋骨形成に関する手技 脳神経外科速報 4: 1025-1032, 1994

30. 佐久間司朗・澤村 豊・多田光宏・須藤昌子・会田敏光・阿部弘・鈴木敬一郎・谷口直之:腫瘍壊死因子に対するヒトグリオーマ細胞の反応性ー抵抗性の機序とサイトカイン産性に関して 神経免疫研究 4: 258-262, 1992

29. 澤村 豊・多田光宏・佐久間司郎・阿部弘:悪性神経膠腫に対するTNF頭蓋内局所投与療法の研究 外科治療 67: 705-706, 1992

28. 多田光宏・澤村 豊・佐久間司朗・会田敏光・阿部弘・鈴木和男・山川芳雄・van Meir E, de Tribolet N:ヒトglioblastoma細胞は77アミノ酸型interleukin 8(IL-8-77)を産生する。神経免疫研究 5: 106-110, 1992

27. 澤村 豊・村田純一・多田光宏・佐久間司朗・須藤昌子・会田敏光・阿部弘:ヒトglioblastoma細胞のgranulocyte-macrophage colony stimulating factor (GM-CSF)産生およびGM-CSF受容体発現の解析 神経免疫研究 5: 115-119, 1992

26. 多田光宏・澤村 豊・佐久間司朗・会田敏光・阿部弘・鈴木和男・太田英美:悪性神経膠腫に対する腫瘍壊死因子TNF-α局所投与により惹起される中枢神経系局所におけるBiological Responseの解析:二次的サイトカイン反応 神経免疫研究 4: 263-266, 1991

25. 多田光宏・澤村 豊・佐久間司朗・会田敏光・阿部弘・鈴木和男:悪性神経膠腫に対する腫瘍壊死因子TNF-α局所投与により惹起される中枢神経系局所におけるBiological Responseの解析:免疫担当細胞浸潤 神経免疫研究 4: 267-270, 1991

24. 澤村 豊・ de Tribolet N:Interleukin-2 による抗腫瘍活性化リンパ球の神経膠腫組織内への in vitro における浸潤能 神経免疫研究 3: 286-289, 1991

23. 多田光宏・会田敏光・澤村 豊・阿部弘・細川真澄男・小林博:Trapidil の血小板由来成長因子(PDGF)関連 Glioblastoma 細胞増殖に対する抑制効果 神経免疫研究 3: 201-205, 1991

22. 澤村 豊:悪性神経膠腫内浸潤リンパ球の in vitro における Interleukin-2 存在下での培養増殖およびその表面マーカーと抗腫瘍活性の解析 北海道医学雑誌 66: 868-878, 1991

21. 澤村 豊・多田光宏・佐久間司朗・須藤昌子:Human Natural Tumor Necrosis Factor-αの頭蓋内局所投与により誘発される中枢神経内免疫反応 脳神経外科速報 1: 63-66, 1991

20. 河田聡・細川真澄男・宇根良衛・波江野力・澤村 豊・秦温信・内野純一・小林博:ヒト肝細胞癌浸潤リンパ球 (TIL) の培養と抗腫瘍活性の検討 Biotherapy 3: 75-79, 1989

19. 細川真澄男・屋比久孝・澤村 豊・岡田太・小松本正志・田辺達三・小林博:インターロイキン2 (IL-2) とサイクロフォスファマイド (CY) 併用治療の前臨床的評価 Biotherapy 3: 33-36, 1989

18. 河田聡・細川真澄男・宇根良衛・波江野力・澤村 豊・秦温信・内野純一・小林博:培養ヒト肝細胞癌浸潤リンパ球とその抗腫瘍活性の検討 医学のあゆみ,148: 271-272, 1989

17. 澤村 豊・田代邦雄・島功二・森若文雄・阿部弘:Trigeminal Neuropathy にて初発した症例の病因に関する検討 脳と神経 40: 1988

16. 澤村 豊・細川真澄男・小林博・伊藤和男:担癌動物および担癌患者における養子移入 LAK 細胞の臓器分布 Biotherapy 2: 163-167, 1988

15. 細川真澄男・澤村 豊・森蔭俊彦・岡田太・小林博:C57BL/6 マウスの 3LL 肺癌に対する Cyclophosphamide と Interleukin 2 の併用効果 Biotherapy 2: 157-162, 1988

14. Sawamura Y, Hosokawa M, Kobayashi H, Aida T, Abe H:Antitumor activity and phenotypes of glioma-infiltrating lymphocyte invitro expansion. 神経免疫研究 1: 250-255, 1988 (in English)

13. 永島雅文・中川翼・石川達哉・澤村 豊・今村博幸:脳神経外科疾患における Digital Subtraction Angiography (DSA) の使用経験 北海道医学雑誌 62: 293-300, 1987

12. 中川翼・澤村 豊・角田実・小岩光行・斉藤久寿:高齢者破裂脳動脈瘤直達手術後の遠隔成績 脳卒中 9: 124-128, 1987

11. 澤村 豊・阿部弘・杉本信志・田代邦雄・中村仁志夫・後藤聡・高村春雄:頭蓋骨膜洞の組織学的分類と治療上の諸問題 神経外科 27: 762-768, 1987

10. 澤村 豊・中川翼・阿部弘・河本俊・柏葉武・宮坂和男・阿部悟:一側性非定型ウィリス動脈輪閉塞症に対する外科的治療の経験 神経外科 27: 961-967, 1987

9. Nakagawa Y, Sawamura Y, Abe H, Gotoh S, Shimoyama M:Revavularization surgery for 28 patients with Moyamoya disease. Operative methods, outcome and postoperative angiography. 北海道医学雑誌 62: 133-144, 1987 (in English)

8. 石川達哉・中川翼・澤村 豊・小林延光・永島雅文・北岡憲一・北川道生・伊藤輝文・大里孝夫:脳血管障害の診断における TOSHIBA DIGIFORMER X を用いた Digital subtraction angiography (DSA) の有用性について 北海道医学雑誌 62: 442-450, 1987

7. 澤村 豊・中川翼・阿部弘・後藤聡・北見公一・高村春男:閉塞性脳血管障害に対する浅側頭動脈ー中大脳動脈吻合術後の脳血管撮影像の検討 イメージ診断 3: 577-585, 1985

6. 馬淵正二, 中川翼, 澤村 豊, 秋野実, 今井知博, 阿部弘, 福田紀子: 虚血性脳血管障害の二次元脳電図.  臨床脳波 27(2): 115-121, 1985

5. 中川翼・馬淵正二・秋野実・澤村 豊・岩崎喜信・都留美都雄・福田紀子:二次元脳電図の脳虚血への応用 二次元脳電図の臨床・第2回二次元脳電図研究会講演集 105-114, 1984

4. 中川翼・都留美都雄・阿部弘・馬淵正二・澤村 豊・宝金清博・柏葉武・大塚邦夫:虚血性脳血管障害の外科的治療ーその現状、手術適応、手術術式並びに成績について 北海道医学雑誌 59: 515-548, 1984

3. 田代邦雄・澤村 豊・松本昭久・浜田毅・森若文雄・島功二:Multiple lacunar state の臨床的検討 脳と神経 36: 475-480, 1984

2. 中川翼・馬淵正二・秋野実・澤村 豊・岩崎喜信・都留美都雄・福田紀子:二次元脳電図の脳虚血への応用 二次元脳電図の臨床、第2回二次元脳電図研究会講演集, 105-114, 1984

1. 中川翼・後藤聡・下山三夫・大塚邦夫・馬淵正二・澤村 豊・阿部弘・都留美都夫:モヤモヤ病に対する血行再建手術 神経外科 23: 464-470, 1983

 

『症例報告』

26. Primary central nervous system mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma–case report. Kamoshima Y, Sawamura Y, Sugiyama T, Yamaguchi S, Houkin K, Kubota K.

Neurol Med Chir (Tokyo). 2011;51(7):527-30.

25. [A rare case of diffuse astrocytoma complicated with giant pigmented hairy nevi, suspected neurocutaneous melanosis]. Kamoshima Y, Sawamura Y, Saitoh N, Kawabori M, Houkin K, Kubota K. No Shinkei Geka. 2011 May;39(5):479-83. Japanese.

24. [Gliomatosis cerebri with multifocal progressive lesions on MRI]. Sakushima K, Yashima-Yamada M, Kubota K, Sawamura Y, Yabe I, Sasaki H  Rinsho Shinkeigaku. 2011 Feb;51(2):145-8. Japanese. PMID: 21404617 [PubMed – indexed for MEDLINE]

23. 大芦孝平,古川洋志,齋藤 亮,岩井里子,澤村 豊,久保田佳奈子,山本有平:頭蓋内に進展した頭部MPNSTの治療経験:頭蓋形成術と遊離広背筋皮弁による一期再建, Skin Cancer, 2009 submitted

22. 川堀真人,澤村 豊,岩崎 喜信: 手術およびカルバマゼピン内服療法が著効した松果体細胞腫による脳脚幻覚症 (peduncular hallucinosis) の1例 脳神経外科 37:687-691, 200

21. 鴨嶋雄大,澤村 豊,杉山一彦,山内茂,岩崎 喜信,久保田佳奈子: 側頭筋に浸潤のみられた側頭骨ランゲルハンス細胞組織球症の1例 脳神経外科 36:435-439, 2008

20. 鴨嶋雄大,澤村 豊,岩崎 喜信,浜田 藤枝憲司,高橋裕幸: 下垂体腺腫にラトケ嚢胞を合併したCarney Complexの1例 脳神経外科 36:535-539, 2008

19. 鴨嶋雄大,澤村 豊,岩崎 喜信,浜田 晋輔,泉 直人,奥川 周: 眼窩尖端部症候群にて発症した浸潤型副鼻腔~眼窩アスペルギルス症の1例 脳神経外科 35:1013-1038, 2007

18. 斉藤 亮,佐々木了,杉野まり子,山本有平,澤村 豊:前頭部sinus pericraniiの1例 日本形成外科学会会誌 26:263-268, 2006

17. 藤原圭志,古田 康,中丸裕爾,相澤寛志,澤村 豊,福田 諭:頭蓋底再建術を要した前頭洞嚢胞の1例 頭頚部外科 14: 247-251, 2004

16. 向井徳男、上田修、藤根美穂、中江淳、伊藤善也、澤村 豊、高橋博之、今野武津子、佐藤孝平、藤枝憲二:PRKAR1A遺伝子の解析を行なったCarney complexの1例、ホルモンと臨床51:181-185, 2003

15. 黛 豪恭,加藤 功,会田敏光,佐藤信博,澤村 豊:錐体骨部類上皮腫の2症例 脳神経外科 28: 797-802, 2000

14. 加藤正仁,加藤功,浅岡克行,澤村 豊,阿部弘,山本有平,越前屋幸平:難治性前頭蓋底膿瘍の一期的郭清と腹直筋皮弁を用いた前頭蓋底の形成 脳神経外科 25: 461-465, 1997

13. 池田潤・多田光宏・加藤功・石井伸明・澤村 豊・阿部弘: 頭蓋内胚細胞腫瘍治療10年後に発生した放射線誘発膠芽腫に認められたhomozygous p53 gene mutation.  神経免疫研究 9, 1996

12. 高村真理子・原田公幸・澤村 豊・加藤英夫・吉田和彦・山口淑子・陳進輝・大橋勉:視交叉近傍腫瘍の3幼児例 臨床眼科 50(4): 650-652, 1996

11. 加藤功・石井伸明・池田潤・澤村 豊・阿部弘・藤枝憲二:高GH血症および術後思春期早発症を呈したHypothalamic/visual pathway pilocytic astrocytomaの1症例:  ホルモンと臨床 43: 189-192, 1995

10. 石井伸明・池田潤・加藤功・澤村 豊・阿部弘:Diencephalic syndromeを呈したvisual pathway gliomaの1例 ホルモンと臨床 41:151-155,1993

9. 山崎雅勇・伊古田俊夫・大方直樹・田代隆・澤村 豊・岩崎喜信・阿部弘:脊髄Glioblastoma Multiformeの1症例 脳神経外科 20: 85-89, 1992

8. 加藤功・中川翼・澤村 豊・今村博幸・永島雅文・樋口晶文・髭修平・鈴木知勝:脊髄硬膜外に発生した骨髄外性形質細胞腫の1症例 脳神経外科 15: 213-218, 1987

7. 澤村 豊・阿部弘・村井宏・田代邦雄・土井静樹:悪性黒色腫を併発した neurocutaneous melanosis の1剖検例 脳と神経 39: 789-795, 1987

6. 加藤功・中川翼・澤村 豊・菊地誠志・田代邦雄:Epilepsia partialis continua と交差性小脳萎縮を呈した1剖検例 神経内科 26: 189-193, 1987

5. 今井知博・中川翼・澤村 豊・上山博康・阿部弘・石川丹・香坂忍:てんかん様発作を示した小児モヤモヤ病の3症例 てんかんをめぐってIV・いわゆる症候性てんかん: 40-49, 1985

4. 深澤俊行・田代邦雄・菊地誠志・澤村 豊・山田隆良・藤木直人:ヘルペス脳炎の1症例のCT所見の推移と周期性同期性放電 てんかんをめぐってV・周期性同期生放電: 60-72, 1984

3. 澤村 豊・中川翼・桜木貢・島功二・杉本信志・都留美都雄:外頚動脈起源の眼動脈を有し、一過性黒内障を頻発した外頚動脈狭窄症の1手術治験例 脳神経外科 12: 377-381, 1984

2. 澤村 豊・木野本均・馬淵正二・岩崎善信・伊藤輝文・阿部弘・都留美都雄:頚椎より腰椎まで21椎間におよぶ脊髄坑膜外膿瘍の1例 脳神経外科 11: 299-303, 1983

1. 北見公一・先山隆司・後藤聡・高村春雄・澤村 豊・伊古田俊夫・阿部悟・中村仁志夫・平間元博:両側脳室脈絡叢乳頭腫;2自験例と文献的考察。脳神経外科 34(12): 1183-1189, 1982

 

『総説』

19. 小林浩之,澤村 豊,平泉佐和子,鹿内三起子:脳腫瘍患者への化学療法と使用する薬剤 脳外科看護 4: 35-40, 2006

18. 澤村 豊,青山英史:悪性脳腫瘍に対する最新の治療,胚細胞腫瘍 脳と神経,57: 1052-1057, 2005

17. 澤村 豊:小児神経膠腫の化学療法 脳腫瘍の診断と治療—最新の研究動向,日本臨床63 増刊号9: 478-482, 2005

16.澤村 豊:小児脳腫瘍に対する最新の治療方針 小児科 46: 1293-1301, 2005

15.澤村 豊:頭蓋内胚細胞腫瘍に対する化学療法と放射線併用の有用性 血液・腫瘍科 46: 551-556, 2003

14. 澤村 豊:小児脳腫瘍に対する化学療法の適法と問題点 脳神経外科ジャーナル 12: 405-411, 2003

13. 澤村 豊:標準治療と最新治療とーメリット・デメリット:胚細胞性腫瘍 Clinical Neuroscience 20 (10): 2002, pp1198-1199

12. 河野道宏,浅岡克行,澤村 豊:側頭骨錐体部経由手術アプローチの選択と注意点:解剖を中心とした脳神経手術手技 脳神経外科 31, 871-882, 2003

11. 白土博樹,青山英史,飛騨一利,澤村 豊,宮坂和男,岩崎喜信:直線加速器を用いた定位放射線照射 脳神経外科 30: 579-591, 2002

10. 澤村 豊: グリオーマの基本的事項:サイトカイン ネットワーク  Clin Neurosci 19: 281-283, 2001

9. 澤村 豊:中枢神経系の腫瘍と放射線治療 日本放射線技術学会雑誌 55(5): 475-480, 1999

8. 加藤功,澤村 豊,阿部弘,永島雅文:Transsphenoidal-transtuberculum sellae approacah: 主として鞍隔膜上部腫瘍に対して 脳神経外科 26: 583-588, 1998

7. 福田諭,犬山征夫,澤村 豊:中頭蓋底の解剖,特集・頭頚部の深部構造, JOHNS 14: 650-656, 1998

6. 澤村 豊,田代邦夫:NEUROCUTANEOUS MELANOSIS (神経皮膚黒皮症) 神経内科 49. 1: 2-3, 1998

5. 澤村 豊:解剖を中心とした脳神経手術手技:Combined supra- and infratentorial approachのための開頭の工夫 脳神経外科 24(12): 1079-1085, 1996

4. 澤村 豊:特集・神経痛・神経血管減圧術 神経内科 44: 332-336, 1996

3. 田代邦雄・澤村 豊:難治性水頭症 ブレインナーシング 9: 52-56, 1993

2. 田代邦夫・澤村 豊:中枢神経感染症・脳膿瘍の治療  Medicina 24: 1756-1757, 1987

1. 澤村 豊・中川翼・都留美都雄:虚血性脳血管障害の慢性期保存的治療 救命と救急 4: 415-422, 1983

 

『著書』

48. 鴨嶋雄大,澤村 豊:神経膠腫 脳神経外科エキスパート間脳下垂体,佐伯直勝(編集),中外医学社,東京, 2008, pp302-310

47. 鴨嶋雄大,澤村 豊,本間陽子:脳腫瘍患者に多く見られる合併症とそれがもたらす問題 がん看護実践シリーズ1 脳腫瘍,野村和弘,平出朝子,渋井壮一郎(編集),メヂカルフレンド社,東京, 2007, pp58-74

46 長嶋和郎,澤村 豊:pilomyxoid astrocytomaはpilocytic astrocytomaとどのように異なるのか? また治療法、予後に違いはあるか? 脳神経外科専門医に聞く最新の臨床,片山容一,川俣達朗編集,中外医学社, 2006, pp191-192

45 澤村 豊,坂本 徹:聴神経腫瘍に対して,手術療法と定位的放射線療法をどのように選択,あるいは組み合わせて治療していくのか? 脳神経外科専門医に聞く最新の臨床,片山容一,川俣達朗編集,中外医学社, 2006, pp205-207

44. 澤村 豊:Primitive neuroectodermal tumor (PNET)はmedulloblastomaとどのように異なるのか?放射線治療を行なわなくてはいけない場合は?また,照射量と照射範囲はどのように決定するのでしょうか? 脳神経外科専門医に聞く最新の臨床,片山容一,川俣達朗編集,中外医学社, 2006, pp182-183

43. 澤村 豊:胚細胞腫瘍・インフォームドコンセントの実践 山浦晶,児玉南海雄,河瀬武,吉田純,橋本信夫編集,脳神経外科学大系15巻,中山書店,東京,2006, pp88-92

42. 澤村 豊:脳室上衣腫 田村晃,松谷雅生,清水輝夫編集,改訂第2版「EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針」,メジカルビュー社,東京,2006,pp103-105

41. 澤村 豊 :髄芽腫 田村晃,松谷雅生,清水輝夫編集,改訂第2版「EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針」,メジカルビュー社,東京,2006,pp106-108

40.  澤村 豊:テント上PNET 田村晃,松谷雅生,清水輝夫編集,改訂第2版「EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針」,メジカルビュー社,東京,2006,pp109-110

39. 澤村 豊:ラトケ嚢胞 田村晃,松谷雅生,清水輝夫編集,改訂第2版「EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針」,メジカルビュー社,東京,2006,pp182-183

38. 澤村 豊:コロイド嚢胞 田村晃,松谷雅生,清水輝夫編集,改訂第2版「EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針」,メジカルビュー社,東京,2006,pp184-185

37. 澤村 豊:松果体嚢胞 田村晃,松谷雅生,清水輝夫編集,改訂第2版「EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針」,メジカルビュー社,東京,2006,pp186-187

36. 澤村 豊:中枢神経系原発胚細胞腫瘍 吉田 純専門編集,脳神経外科学体系6「脳腫瘍I」,中山書店,東京,2004, pp450-465

40.  澤村 豊:胚細胞腫瘍の化学療法 実践がん化学療法,篠原出版,東京,2004 (in press)

39. 山本菜穂,北川まゆみ,澤村 豊:医療関連手話専門書,医療にたずさわる人達の手話,シリーズ3,高橋由美子編著,脳神経外科,D.L.企画事務所トウルース,札幌,2003,pp103-123

38.  澤村 豊,三浦優子:手術器械  New脳神経外科手術マニュアル,有田憲生編集,オペナーシング,メディカ出版,東京,2002, pp184-187

37.  澤村 豊:germ cell tumors  脳神経外科治療指針,橋本信夫編集,中外医学社,東京,2002, pp364-370

36. 澤村 豊:脳室上位腫 田村晃,松谷雅生,清水輝夫編集,「EBMに基づく脳神経疾患の基本治療」,メジカルビュー社,東京,2002, pp71-72

35. 澤村 豊,池田 潤,白土博樹:髄芽腫 田村晃,松谷雅生,清水輝夫編集,「EBMに基づく脳神経疾患の基本治療」,メジカルビュー社,東京,2002, 73-74

34.  澤村 豊,池田 潤,白土博樹:大脳PNET 田村晃,松谷雅生,清水輝夫編集,「EBMに基づく脳神経疾患の基本治療」,メジカルビュー社,東京,2002, 75-76

33. 澤村 豊:Rathke’s cyst 田村晃,松谷雅生,清水輝夫編集,「EBMに基づく脳神経疾患の基本治療」,メジカルビュー社,東京,2002, 138

32. 澤村 豊,白土博樹:colloid cyst of the third ventricle 田村晃,松谷雅生,清水輝夫編集,「EBMに基づく脳神経疾患の基本治療」,メジカルビュー社,東京,2002, 139

31. 澤村 豊:pineal cyst 田村晃,松谷雅生,清水輝夫編集,「EBMに基づく脳神経疾患の基本治療」,メジカルビュー社,東京,2002, 140-141

30.  澤村 豊,池田潤:胚細胞腫瘍の化学療法 実践がん化学療法,篠原出版,東京,2000, pp79-89

29. 澤村 豊:松果体部腫瘍・悪性リンパ腫 脳腫瘍病理学会教育セミナーCD-ROMテキスト,名古屋,2000

28.  澤村 豊:胚腫(Germinoma) 「神経症候群」,第3巻「腫瘍性疾患」,日本臨床社,東京,2000, pp180-184

27.  澤村 豊:胎児性癌 「神経症候群」,第3巻「腫瘍性疾患」,日本臨床社,東京,2000, pp185-187

26.  澤村 豊:卵黄嚢腫瘍:内胚葉洞腫瘍 「神経症候群」,第3巻「腫瘍性疾患」,日本臨床社,東京,2000,pp188-190

25.  澤村 豊:絨毛癌 「神経症候群」,第3巻「腫瘍性疾患」,日本臨床社,東京,2000, pp190-192

24.  澤村 豊:奇形種(teratoma) 「神経症候群」,第3巻「腫瘍性疾患」,日本臨床社,東京,2000, pp193-196

23. 澤村 豊:混合胚細胞系腫瘍 「神経症候群」,第3巻「腫瘍性疾患」,日本臨床社,東京,2000, pp197-199

22. 澤村 豊:Combined supra- and infratentorial transpetrosal approachのための開頭の工夫 「解剖を中心とした手術手技」第6巻「頭蓋底・手術支援」,脳神経外科編集委員会編集,医学書院,東京,1999, pp147-154

21. 加藤功・ 澤村 豊・阿部 弘・永島雅文:Transspheniodal-transtuberculum sellae approach. 主として鞍隔膜上部腫瘍に対して 「解剖を中心とした手術手技」第2巻「脳腫瘍」,脳神経外科編集委員会編集,医学書院,東京,1999, pp103-108

20. 多田光宏,松本亮司,澤村 豊:サイトカイン・ネットワーク,脳と神経科学シリーズ,第9巻,腫瘍制病変の神経科学,監修 高倉公朋,宮本忠雄,メジカルレビュー社,東京,1998, pp 14-26

19. 澤村 豊:乏突起膠腫 生塩之敬,山浦晶編集,NEUROSURGERY HEADLINE 1,グリオーマ,三輪書店,東京,1997, pp 110-117

18. 田代邦雄・澤村 豊:脊髄血管障害 最新医学体系第66巻・「神経・筋疾患2」脳血管障害・井村裕夫・尾形悦郎・高久史麿・垂井清一郎、編集・中山書店・東京・1996, pp279-286

17. 田代邦夫,澤村 豊:もやもや病(Willis動脈輪閉塞症) 300疾患診療マニュアル,第2版,中井利昭(編集代表),中外医学社,東京,1996,pp437

16. 田代邦夫,澤村 豊:脊髄血管障害 300疾患診療マニュアル,第2版,中井利昭(編集代表),中外医学社,東京,1996,pp438

15. 澤村 豊:原発巣診断確定日から脳転移診断確定までの期間,神経疾患データブック・大井静雄編集・佐藤修監修・中外医学社・東京・1996, pp233

14. 澤村 豊:転移性脳腫瘍の年齢別発生頻度・神経疾患データブック・大井静雄編集・佐藤修監修・中外医学社・東京・1996, pp230

13. 澤村 豊:転移性脳腫瘍の原発巣・神経疾患データブック・大井静雄編集・佐藤修監修・中外医学社・東京・1996, pp227

12. 澤村 豊:小児脳腫瘍のテント上,テント下年齢別頻度・神経疾患データブック・大井静雄編集・佐藤修監修・中外医学社・東京・1996, pp216

11. 澤村 豊:髄膜腫の発生部位・神経疾患データブック・大井静雄編集・佐藤修監修・中外医学社・東京・1996, pp185

10. 澤村 豊:第3脳室,側脳室部の腫瘍発生頻度・神経疾患データブック・大井静雄編集・佐藤修監修・中外医学社・東京・1996, pp156

9. 澤村 豊:原発性脳腫瘍の診断時臨床悪性度・神経疾患データブック・大井静雄編集・佐藤修監修・中外医学社・東京・1996, pp155

8. 澤村 豊:神経膠腫,下垂体腺腫,髄膜腫の相対的頻度の年次変化・神経疾患データブック・大井静雄編集・佐藤修監修・中外医学社・東京・1996, pp151

7. 阿部弘・澤村 豊:斜台部腫瘍の手術 脳神経外科シリーズ・頭蓋底部の手術・改訂第二版・高倉公朋監修・現代医療社・東京・1994・pp129-148

6. 澤村 豊:斜台部腫瘍ー側頭骨錐体部除去(petrosectomy)によるpetroclival region tumorの手術、頭蓋底の外科Standard and Alternative Techniques,白馬明・山浦晶編集,医学書院,1993,東京,pp223-228

4. 澤村 豊:BRM療法総論,脳腫瘍の免疫と分子生物学 高倉公朋・最上平太郎・早川徹監修,金芳堂,京都, 1992, pp247-253

3. 阿部弘・澤村 豊:斜台部腫瘍の手術 脳神経外科シリーズ・頭蓋底部の手術・高倉公朋監修・現代医療社・東京・

1991・pp129-148

2. 澤村 豊・中川翼:虚血性脳血管障害の慢性期保存的治療 脳虚血ー基礎と臨床・中川翼編著: 157-172, 1987

1. 田代邦雄・澤村 豊: 外傷・神経外傷の病態生理

臨床薬物治療学大系・第14巻・砂原茂一、植木昭和監修: 231-248, 1987

『研究報告書』

8. 田代邦雄・澤村 豊・北川まゆみ・村田純一・菊池誠志:内科的治療に抵抗する安静時振戦を主とする一側パーキンソニズムに対する不確体DBSの治療効果, 厚生科学研究特定疾患対策研究事業「パーキンソン病の定位脳手術の適応と手技の確立に関する多施設共同研究」平成12年度研究報告書: 2001

7. 田代邦雄・澤村 豊・村田純一・北川まゆみ:バーキンソン病および振戦の症状別外科的治療部位と治療方法に対する研究,厚生科学研究特定疾患対策研究事業「パーキンソン病の定位脳手術の適応と手技の確立に関する多施設共同研究」平成11年度研究報告書:40-41, 2000

6. 田代邦雄・菊池誠志・澤村 豊・北川まゆみ・村田純一:ImageFusionおよびAtlasPlan(Radionics9を用いた定位脳手術によるParkinson病の治療, 厚生科学研究特定疾患対策研究事業「パーキンソン病の定位脳手術の適応と手技の確立に関する多施設共同研究」平成10年度研究報告書:32-33, 1999

5. 阿部弘・高橋明弘・宝金清博・澤村 豊・上山博康:モヤモヤ病患者髄液宙のbasic fibroblast growth factor(bFGF)の定量 厚生省特定疾患ウィリス動脈輪閉塞症調査研究班・平成5年度研究報告書:52-56, 1994

4. 澤村 豊:大脳原発神経膠腫に対するTNF-aの臨床効果とその作用機序の解析およびin vitroにおける神経膠腫細胞の成長因子産生能と増殖分化に及ぼす影響 秋山記念生命科学財団研究成果報告集 5: 64-68, 1992

3. 澤村 豊・中川翼・阿部弘・高村春雄・後藤聡・柏葉武:一側性非定型的ウィリス動脈輪閉塞症に対する外科的治療の経験 厚生省特定疾患ウィリス動脈輪閉塞症調査研究班・昭和59年度報告書: 40-47, 1985

2. 馬淵正二・中川翼・澤村 豊・阿部弘・都留美都雄・宮坂和男・竹井秀敏・阿部悟:ウィリス動脈輪閉塞症への血行再建手術後の脳血管撮影所見の検討 厚生省特定疾患ウィリス動脈輪閉塞症調査研究班・昭和58年度報告書: 26-31, 1984

1. 田代邦雄・土井静樹・松本昭久・澤村 豊・島功二・浜田毅:筋萎縮性側索硬化症の深部知覚に関する検討 厚生省特定疾患神経変性疾患調査研究班・昭和58年度研究報告書: 51-55,

1984

 

 

Copyright (C) 2006-2019 澤村 豊 All Rights Reserved.