研修委員会では,学会主催の研修機会の充実を図ることによって,会員の先生方のストレスマネメントに関する知識や技能,専門性の向上に寄与していくことを第一の目的としています。ストレスマネジメントの専門性の担保のために,学会関連資格対応委員会とも連携しながら,会員の先生方がその専門性を学会内外でアピールできるよう,システムの構築と研修機会の充実を図っていきたいと思います。また,昨今の社会からの要請を踏まえ,学会員以外の方々に対するストレスマネジメントについての研修機会の提供を行うことを,第二の目的としています。

これら大きな2つの目的を達成するために,全国各地で中心的にご活動いただける先生方に委員をお願いしました。副委員長の三原健吾先生(久留米大学)には全体の運営についてご尽力いただきつつ,九州地方での研修機会の充実にお力を賜りたいと考えております。理事も兼ねていらっしゃる,坂上頼子先生(オフィスかけはし)には関東地方を中心に,宮下啓子先生(元・岩手県スクールカウンセラー)には東北地方を中心に,伊藤大輔先生(兵庫教育大学)には関西地方を中心に,研修の機会についてご検討,ご協力いただきます。委員の金澤潤一郎先生(北海道医療大学)には北海道地方,蓑﨑浩史先生(広島修道大学)には中国・四国地方の研修機会についてご検討,ご協力いただきます。日本各地で,質の高いストレスマネジメントの研修の機会が提供できるよう,尽力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

小関 俊祐(桜美林大学)

 

日本ストレスマネジメント学会研修委員会規程

2019年8月24日制定

(目的)

第1条 研修委員会(以下、委員会)は、日本ストレスマネジメント学会(以下、学会)によって開催される研修会に関する事業を所管し、本学会の目的達成に寄与することを目的とする。

(業務)

第2条 委員会は、前条の目的を構成するために、次のことを行う。

(1)研修会の実施,広報(広報委員会と連携),講師との調整に関すること。

(2)研修会にかかる予算案,決算案の作成(財務を所管する部署と連携)に関すること。

(3)その他、理事会が負託した業務等。

(委員会の構成)

第3条 委員会は、正会員の委員で組織する。

(1)委員は、委員長の推薦をもとに、理事会の議を経て理事長が委嘱する。

(2)委員の任期は1期3年とし、再任を妨げない。

(3)委員長1名は、理事の中から理事長が委嘱する。

(4)委員長の任期は、理事の在任期間とする。

(5)委員長指名の副委員長を置くことができる。

(6)委員に欠員が出た際は補欠委員の選任を行うことができる。専任の方法は、本条1号に準ずる。

(改廃)

第4条 本規程の改正は、理事会の承認を得るものとする。

附 則 本規程は、2019年8月25日より施行する。