白質と灰白質

  • 脳の病気の説明で,白質 white matterと灰白質 gray matterという言葉がよく使用されます
  • 灰白質は,脳の表面の神経細胞のいるところです
  • 白質は,灰白質の内側にあって神経細胞の連絡路(軸索)です
  • 灰白質は,大脳基底核とか視床とか脳の深部にもあります
  • 白質で重要な呼び名は,放線冠,内包,脳梁などです
  • たとえば病気を表現する時に,皮質形成異常とか皮質性病変とか,白質脳症とか深部白質病変とかいいます

graymattermr1graymattermr2

黄色い矢印が灰白質(灰色に見える),赤い矢印が白質です(白く見える)

 

 

Copyright (C) 2006-2017 澤村 豊 All Rights Reserved.