後頭葉の解剖図

後頭葉の解剖図です

青いところが,ものを見る機能がある後頭葉です。脳の真後ろから(左の画像),左後ろから(中),右後ろから(右)見たところです。

575557

左の後頭葉が侵されると右半分が見えなくなります(右同名半盲)し,右の後頭葉が侵されると左半分が見えなくなります(左同名半盲)。

その他にもいろいろな機能があって,人の顔を認識するとかの能力が侵されるとパット見ても誰だか判らない顔貌失認などという症状が出ます。左後頭葉の底面の損傷(側頭葉の紡錘回から後ろの方)では,字が読めなくなる失読という症状が出ます。

視野欠損(同名半盲)

鳥距溝という後頭葉内側面の障害で出現する症状です。右の後頭葉の損傷では,左半分の視野が見えなくなります,左同名半盲と言います。左後頭葉では逆に右同名半盲になります。両側の後頭葉が侵されて失明することを,皮質盲といいます。

Copyright (C) 2006-2017 澤村 豊 All Rights Reserved.