小脳の解剖図

小脳の解剖図です

小脳です。両側の小脳半球には主に手足のバランスをとる能力がありますし,表面から見にくいのですが中心部の虫部というところは体の中心線(体幹)の平衡感覚を司っています。小脳が損傷されると小脳失調といってふらつきが出ます。右小脳半球の損傷では右手足の動きがぎこちなくなり,小脳虫部の損傷では体感失調という立っていることが難しくなるという症状が出ます。

小脳半球の後面(左)と底面(右)から

小脳:後面小脳:底面

小脳半球の右と左側面から

小脳:右側面 小脳:左側面

小脳虫部

Copyright (C) 2006-2013 澤村 豊 All Rights Reserved.