EXAMINATIONS

score2

● 公平を期すために全ての試験情報はこのページに掲載します

再試験(病理学総論)

 

試験日時:    平成30年7月30日(月)  16:00-17:30  
試験室:      総合研究棟4F大ホール(病理講義と同じ教室)   
 

出題者と配点: 試験範囲は総論本試験と同じ (難易度も同じ)

 

             常山  総論40

 

           上原     総論25点

 
           坂東    総論10点  
          小川  総論25  
          

実習問題(写真をみて答える問題)もあります。(講義担当者が範囲内で出題)

 
       
連絡事項:        100点満点で出題 この再試が病理総論の最終試験です。(再々試などは行いません。)  
           合否の発表は行いません。(詳細な各自の点数の問い合わせにも応じない。)  
           総論本試欠席者は7/30の再試を追試として受けること。  

 

年度末の進級判定は総論(再試も含む)+各論1+各論2(各論再試も含む)を総合して行います。

総論再試受験者は各論で奮起すること。

病理学各論1の試験(100点)

 

試験日時:

平成30918日 火曜日 945-1115

試験室

 大塚講堂 2F 小ホール

出題者、出題範囲と配点

 

常山(60点):中枢神経(腫瘍、変性疾患含む)・末梢神経、腎(腎炎、腫瘍)・膀胱、内分泌(遠藤Dr肝・胆・膵(井村Dr講義も含む)

 

上原(20点):循環器、血管(佐竹Dr)、男性生殖器

 

小川(20点):上気道、呼吸器、縦隔・胸膜

 

実習問題(写真をみて答える問題)もあります。(出題担当者が範囲内で出題)

                                                                                                                      計  100

 連絡事項:

 

実習問題は写真をみて解答する問題です。

100点満点で出題 各論1での合否判定はしない。

 

各論1の結果はA (70点以上で特に成績優秀な者)、B (70点以上)、C (60点台)D50点台)、E (49点以下) を発表する。(詳細な各自の点数の問い合わせには応じない。)

論1:100+各論2:100=200点で12月に合否を判定する。

各論欠席者は12or 1月の再試の各論範囲を追試として受けること。