EXAMINATIONS

score2

● 公平を期すために全ての試験情報はこのページに掲載します

病理学総論の試験(100点)

 

試験日時:

平成29年710(月) 9:45-11:15

試験室:  臨床第2講堂

出題範囲と配点:

                                             
 

常山(40点):細胞適応・障害、再生・創傷治癒、循環障害(清久Dr講義)、感染症、代謝異常

 

上原(25点):腫瘍、環境(泉名誉教授 講義範囲のみ)

 

坂東(10点):遺伝子疾患・小児病理

 

小川(25点):炎症、免疫・自己免疫疾患、老化

 
連絡事項:

 

 

*実習問題(写真をみて答える問題)もあります。(出題担当者が範囲内で出題)

  ・100点満点で出題
 

本試験で合否は判定せず、12月の各論と合わせて総論100点+各論100点=200点で12月に合否を判定する。したがって総論単独の再試は実施しない。

 

総論欠席者は12月 (or 1月)の再試の総論範囲を追試として受けること。

 

総論の成績発表はA(70点以上で特に優秀であったもの)、B(70点以上)C(60点台)、 D(50点台)E(49点以下)で発表する。詳細な各自の点数は公表しない。

病理学各論の試験(100点)

 

試験日時:

平成29年12月11日(月) 9:45 - 11:15

試験室

 大塚講堂 2F 小ホール

出題者、出題範囲と配点

常山  下部消化管、肝、胆膵、腎、中枢・末梢神経(赤津、堀口含む)、血液・リンパ(若槻)、骨軟部(遠藤)、内分泌(遠藤) 40

 

上原  心臓、血管(佐竹)、男性生殖器 20点

 

坂東  上部消化管(口腔病理)、女性生殖器(前田含む)、乳腺  20

 

小川  呼吸器、筋(香川)、皮膚(佐竹)、感覚器(小川・工藤) 20

 

実習問題(写真をみて答える問題)もあります。(出題担当者が範囲内で出題)

                                                                                                                      計  100

 連絡事項:

 

実習問題は写真をみて解答する問題です。

100点満点で出題

総論100+各論100=200点で12月に合否を判定する。

各論欠席者は12or 1月の再試の各論範囲を追試として受けること。
 

l  不合格者は12or 1月再試(総論+各論)を受けること(再試が最終試験です。)