Greeting​s

ご挨拶

基礎医学と臨床医学は深く関連しています。私が研究の道をあゆみはじめたきっかけも、脳神経外科での臨床経験から、脳神経疾患に伴い脳機能を失うことが患者・家族・社会に与える影響は甚大であり、これを科学的に低減させることが必要であると感じたことにあります。
 これまで、脳の動作原理とその機能を解明するために、主に言語、時間・空間・数、自己意識といった抽象概念を処理する脳内メカニズムに着目した研究に取り組んできました。さらにこれらの先端科学の知見の応用を目指し、ブレイン-マシン・インターフェイス関連技術の研究開発を行ってきました。これは基礎医学も臨床現場を意識し続けるべきとの考えに基づいています。
 生理学(生体情報)講座では、生理学の基礎及び応用研究として、「脳情報に基づく脳の動作原理と機能の解明」及び「脳情報の利用」に向けた研究を推進します。基礎医学、臨床医学、さらには情報学や工学などの間で、横断的な活動を展開しつつ、脳神経疾患に伴い脳機能を失うことが患者さん、ご家族、社会に与える影響を、科学的に低減させることを実現していきたいと考えております。皆様のご指導ご鞭撻を、どうぞよろしくお願い申し上げます。




獨協医科大学医学部・大学院医学研究科
生理学(生体情報)講座主任教授 神作憲司

Research Interests

研究テーマ

生理学(生体情報)講座では、生理学の基礎及び応用研究として、「脳情報に基づく脳の動作原理と機能の解明」 及び「脳情報の利用」に向けた研究を推進します。具体的には、以下のような研究が行われています。

脳情報に基づく脳の動作原理と機能の解明



・身体イメージ及び自己意識の脳内機構解析

・意識レベルの神経生理学的評価

・痛覚機構の神経生理学的研究

脳情報の利用



・脳情報利用によるコミュニケーションの補助


・運動機能補助及び回復促進



Members

メンバー

神作 憲司

主任教授

小金丸 聡子

 学内准教授

福島 央之

学内准教授

加藤 永子

学内講師

田中 志歩

技術員

内山 祐介

大学院, 統合神経生理学

Visiting Members
川瀬 利弘

協力研究員,
東京医科歯科大学
/東京工業大学・助教

河野 憲二

特任教授,
京都大学医学部・名誉教授

宇賀 貴紀

非常勤講師,
山梨大学医学部・教授

松崎 政紀

非常勤講師,
東京大学医学部・教授

Selected Publications

主要成果

Research and Review Articles

・Okahara Y, Takano K, Nagao M, Kondo K, Iwadate Y, Birbaumer N, Kansaku K. Long-term use of a neural prosthesis in progressive paralysis. Scientific Reports, 2018 8:16787.
・Halder S, Takano T, Kansaku K. Comparison of four control methods for a five-choice assistive technology. Frontiers in Human Neuroscience, 2018 12:228.
・Sato Y, Kawase T, Takano K, Spence C, Kansaku K. Body ownership and agency altered by an electromyographically-controlled robotic arm. Royal Society Open Science, 2018 5(5): 172170.
・Utsumi K, Takano K, Okahara Y, Komori T, Onodera O, Kansaku K. Operation of a P300-based brain-computer interface in patients with Duchenne muscular dystrophy. Scientific Reports, 2018 8:1753.
・Takemura Y, Kobayashi S, Kato E, Yamaguchi S, Hori Y. Peripheral nerve injury-induced rearrangement of neural circuit in the spinal dorsal horn revealed by cross-correlation analysis. Neuroscience Letter. 2018 1;662:259-263.
・Koganemaru S, Mikami Y, Maezawa H, Ikeda S, Ikoma K, Mima T. Neurofeedback Control of the Human GABAergic System Using Non-invasive Brain Stimulation. Neuroscience. 2018 1;380:38-48.
・Kawase T, Sakurada T, Koike Y, Kansaku K. A hybrid BMI-based exoskeleton for paresis: EMG control for assisting arm movements. Journal of Neural Engineering, 2017 14(1):016015.
・Wada M, Takano K, Ora H, Ide M, Kansaku K. The rubber tail illusion as evidence of body ownership in mice. The Journal of Neuroscience, 2016 36(43):11133-11137.
・Sakurada T, Kawase T, Komatsu T, Kansaku K. Use of high-frequency visual stimuli above the critical flicker frequency in a SSVEP-based BMI. Clinical Neurophysiology, 2015 126: 1972-1978.
・Matsuzawa R, Fujiwara T, Nemoto K, Fukushima T, Yamaguchi S, Akagawa K, Hori Y. Presynaptic inhibitory actions of pregabalin on excitatory transmission in superficial dorsal horn of mouse spinal cord: further characterization of presynaptic mechanisms. Neuroscience Letter. 2014 13;558:186-91.


Editing

・Kansaku, K., Cohen L.G., Birbaumer, N. (Eds) Clinical Systems Neuroscience, Springer, 2015. (ISBN: 978-4431550365)
・Kansaku, K., Cohen L.G. (Eds) Systems Neuroscience and Rehabilitation, Springer, 2011. (ISBN: 978-4431539988)

Education

医学部・大学院教育

医学部教育

生理学を臨床と結びつけられる形で習得するための医学部教育を実践します。『情報伝達』『運動と感覚』『高次脳機能』の3つの科目の講義と『神経生理学実習』を担当しています。また、自由選択科目の『医学研究室配属』にて、研究に興味がある学生を受け入れています。
.

大学院教育

研究マインドや問題解決能力を身につけるための大学院教育を行います。「統合神経生理学」の各科目を担当しています。
.
.
.
.

Event Information

イベント情報

第2回 獨協神経生理学セミナー

「AI-脳-医学をつなぐ」

日時:2019年7月6日(土)
演者:産業技術総合研究所 情報・人間工学領域
・主任研究員 林 隆介 先生
演題名:”AIと神経生理学:脳の視覚情報処理のモデル化とその応用”

演者:電気通信大学大学院 情報理工学研究科
・教授 庄野 逸 先生
演題名:”医用画像処理におけるAI応用”

Archive

Contact Information

連絡先

獨協医科大学 医学部
生理学(生体情報)講座

〒321-0293 栃木県下都賀郡壬生町北小林880

Phone: 0282-86-1111(代表)
Fax:0282-86-2011
E-mail: dokkyo-physiol2 (at mark) dokkyomed.ac.jp

Access
Scroll Up