認知神経科学会ホームページへ
ご挨拶 会則・規定 入会案内
役員名簿 学会誌 リンク
COI COI
 
TOP > 会則投稿規定  

会則
第一章 総則
第一条 本会は認知神経科学会[Japanese Society of Cognitive Neuroscience]と称する。
第二条 本会は事務局を理事長の定めるところに置く。
第二章 目的および事業
第三条 本会は、認知神経科学およびその関連領域に関する研究の発展を促進し、会員相互および内外の関連機関との交流を図ることを目的とする。
第四条 本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1.総会の開催
2.学術集会の開催
3.講習会の開催
4.学術出版物の刊行、および学術集会の成果の公表
5.その他本会の目的を達成するのに必要な事業
第三章 会員
第五条 本会の会員は第三条の目的に賛同し、年会費を納めるものとする。
第六条 年会費を三年以上滞納したものは、退会したものと見做す。
第四章 役員
第七条 本会には次の役員を置く。
評議員 若干名、理事 若干名、監事 若干名
第八条 理事は理事会を組織し、会務を執行する。
理事は評議員会により選出される。
第九条 理事長は本会を代表し会務を統括し総会、理事会、評議員会を招集する。
理事長は理事の互選により選出し、評議員会の承認を経て総会で決定する。
第十条 評議員は評議員会を組織し、会務の重要事項を審議し、議決する。
評議員は本会の中から選出し、理事会の承認を得る。
第十一条 監事は本会の事業および会計を監査し総会に報告する。
監事は評議員の中から理事会の推薦によりこれを委嘱する。
第十二条 本会に学術集会会長を置く。
学術集会会長は、会員の中から理事会が推薦し、評議員会の承認を得て総会で決定する。
第十三条 役員の任期は三年とする。但し再選を妨げない。
第十四条 理事の定年は70歳とし、70歳になる当該年度の年度末(3月末)で退任とする。
第五章 会議
第十五条 総会、評議員会および理事会はそれぞれ毎年一回これを開催する。但し、理事長が必要と認めた場合、および理事の三分の一以上から要請があったときには、理事会を招集しなければならない。また、理事長が必要と認めた場合および評議員の三分の一以上から要請があったときには評議員会を開催しなければならない。
第十六条 理事会は本学会の活動に必要な委員会を組織することができる。
第十七条 総会は学術集会および議事を行う。議事の司会は、学術集会会長が司り、役員人事、事業報告、会計報告、事業計画、および予算などの承認を行う。
第十八条 総会議事は出席会員の過半数を以て決する。
第六章 会計
第十九条 本会の会計は毎年四月一日に始まり、翌年の三月三十一日に終わる。
第二十条 本会の経費は、会員から徴収する会費、補助金および寄付金を以てこれに充てる。
附則
第一条 会則の変更は理事会および評議員会の議を経て総会の承認を必要とする。
第二条 本会の事務局を労働者健康福祉機構 横浜労災病院 神経内科内に置く。
第三条 本会の会費は、一般会員年額5,000円、学生会員年額4,000円、評議員・役員8,000円とする。
第四条 本会則は、平成九年十二月十日より実施する。
▲このページの先頭へ
投稿規定
1.投稿資格
1) 筆頭著者は認知神経科学会の会員に限ります。会員でない場合は、入会の手続きをとって下さい。国外の研究者からの投稿、依頼稿はこの限りではありません。
2) 他誌に投稿中、あるいは掲載されていない論文に限ります。
3) 英文で投稿する場合は、ネイティブチェックを済ませた英語論文に限ります。
2.投稿の形式
1) 「認知神経科学」は冊子および電子ジャーナルの形態で発行されます。
2) 一般の投稿は原著、短報として受け付けます。そのいずれかを明記して下さい。
3) 認知神経科学領域の寄稿(古典、討論など)及び総説を広く受け付けます。一般投稿、寄稿、総説のいずれも採否は編集委員会で決定します。
4) 論文の形式は、はじめに(目的を含む)・方法・結果・考察・抄録、として下さい。また、文字数は本文のみで日本語の場合5,000字〜11,500字以内、英語の場合1,000ワード〜2,300ワード以内とし、図、表、写真は合計4個までとしてください。
5) 冊子の場合、図、写真は原則としてモノクロです。但し、カラー印刷の場合は実費を負担していただきます。また、本文の日付は西暦を使って下さい。
6) 電子ジャーナルには、動画、音声、高精度画像など電子付録が無料で添付できます(電子添付、下記4項参照)。電子添付を希望される場合は、電子付録データを(CD-ROMあるいはDVD)事務局宛に送って下さい。電子付録の詳細は本投稿規程の末尾に記載されています。また、電子添付をする場合は、冊子の本文あるいは図の説明など該当部分に、電子ジャーナルでは電子添付がある旨を記載して下さい。
また、電子ジャーナルでは論文の書誌事項画面にアブストラクトに加えて画像(Graphical Abstract)とその説明文を掲載することが出来ます。画像は1M以下のJPEG、GIF、PNGファイルのみ、説明文は2000バイト以内のものに限ります。
7) 所定の文字数を超過した論文は原則として採用しませんが、編集委員会が認めた場合には掲載可能です。しかしこの場合、超過分は実費負担となります。寄稿、総説については、文字数の制限はとくに設けませんが、内容、紙幅との関係で編集委員会が決定いたします。
8)

次の事項を、日本語および英語で記して下さい。
(1)表題
(2)著者名
(3)著者の所属、所在地と連絡先
(4) key word(和文および英文)(6語以内)
(5)和文抄録(600字以内)、英文抄録(400 words以内)

9) 全著者の投稿承諾書を同封して下さい。
10) 数字は算用数字を用い、度量衡単位は、m、cm、mm、ml、などとして下さい。
11) 引用文献について
(1) 文献は本文に用いられたもののみを上げ、20題以内として下さい。
(2) 引用番号は本文の引用順とし、本文中の引用箇所には必ず方番号をつけて下さい。
(3) 文献は下記のように統一した書き方とし、原則として、表記法はバンクーバースタイルに順じ、欧文雑誌の略名は最近のIndex Medicusに従って下さい。
<雑誌>著者氏名.(西暦発行年)題名.誌名 巻数,頁.
<書籍>著者氏名.(西暦発行年)書名.版数.発行地:発行所名:引用頁.
編集書籍は邦文の場合は4)、欧文の場合は8)に従って下さい。
(4) 引用文献の著者名、編集氏名は、10名以内の場合は全員を書き、11名以上の場合は10名連記の上、「ほか」、あるいは、「et al.」として下さい。
(5) 引用文献の表題は、副題を含めてフル・タイトルを記して下さい。
例 1) 福井達雄.(1934)日本人脳ノ横側頭回転ニ就テ.(第一報).北越医学雑誌 49,574-605.
例 2) グールド,S. J.(鈴木善次,森脇靖子訳)(1998)人間の測り間違い.増補改訂版.河出書房新社:東京
例 3) 倉知正佳(1982)ウェルニッケ失語について.In:秋元波留夫,大橋博司,杉下守弘,鳥居方策・編.(1982)神経心理学の源流 失語編上.創造出版:東京.148‐150.
例 4) Geschwind, N. (1965)Desconnexion syndrome in animals and man I and II.Brain 88,277‐294,585‐644.
例 5) Heilmann KM,Walenstein EV.editors.(2003)Clinical Neuropsychology.4th ed. Oxford University Press:Oxford.
例 6) Sperry RW,Gazzaniga MS,Bogen JE.Interhemispheric relationships:the neocortical commissures;syndromes of hemisphere disconnection.In:Vinken PJ,Brayn GW.editors.(1969)Handbook of Clinical Neurology.North-Hollan:Amsterdam.Vol 4,273‐290.
12) 統計を主とした論文や特殊な統計を用いた論文については、統計の専門家の校閲を経て下さい。
13) 研究の目的と方法、結果の公表に関しては、患者および被験者の人権への十分な配慮が必要です。
14) 発表された論文の著作権は本学会に属します。
15) 別刷は、30部単位で実費にて作成いたします。校正稿の返送の際にご連絡下さい。
3.原稿の送付先
  原稿は電子媒体でメールにてお送りください。図、表も電子化(JPEG形式またはTIF形式)してください。 郵送の場合は、電子原稿(CDまたはUSB)とともにオリジナル原稿とコピー1部を下記の事務局へ簡易書留で送って下さい。
4.電子ジャーナルの電子付録について
@ [ファイル種別]
◆画像 bmp, gif, jpeg, jpg, tiff, rgb, xbm, xwd
◆動画像 mpeg, mpg, mpe, qt, mov, avi, movie, igs, iges, msh, mesh, silo, wrl, vrml, wmv
◆音声 au, snd, mid, kar, mpga, mp2, mp3, aif, aiff, aifc, ram, rm, rpm, ra, wav,
◆文書 html, htm, asc, txt, rtx, rtf, sgml, sgm, xml, pdf, dvi, latex, tex, texinfo, texi
◆書庫 izh, cpio, z, gtar, gz ,tar,z ip 、またWord,Excelも使用可能です。
A [ファイルサイズ]
1論文あたり、最大5MB。
B [ファイル数]
1論文あたり、最大5ファイル。
C [データの説明]
タイトルとコメントを必ず英語で記載してください(日本語での記載も受け付けますが、英語の記載は必須です)。
 
〒222-0036
神奈川県横浜市港北区小机町3211
労働者健康福祉機構 横浜労災病院 神経内科内
認知神経科学会事務局
代表 今福一郎
FAX 045-473-5257
Email jscn-gakkai@umin.ac.jp
URL https://plaza.umin.ac.jp/~scn/
▲このページの先頭へ

個人情報保護方針 copyright (c) 2005 Japanese Society of Cognitive Neuroscience All rights reserved