国際発達ケア:エンパワメント科学研究室 筑波大学 エンパワメント科学研究室スケジュール

エンパワメント科学研究室のあゆみ

エンパワメント科学研究室は、人びとが持っている力を存分に発揮し、生きる喜びを共に感じる社会の実現を目指し1990年に誕生しました。国際保健福祉学会SYSTED、日本保健福祉学会メンバーとの協働のもと、国内外の保健、医療、福祉、教育、行政、企業、NPO、街づくりなどの実践と研究との学際学融合、コホートを用いた実践知の理論化、当事者主体の新たな研究手法の開発、コミュニティ・エンパワメント、WEBを活用したプラットホーム基盤作りなどに取り組んでまいりました。生涯発達ダイナミクスの視点から大規模研究プロジェクトを牽引し、可塑性plasticity、多様性diversity、全体性holistic を紡ぐエンパワメント科学を探求しています。
研究会や合宿など仲間エンパワメントを活性化するコトづくりとともに、双方向WEBを用いて広く世界に発信しています。海外からも多くの留学生を迎え、学位および修士号を取得した卒業生は各界でめざましい活躍を続けています。

年次別活動は下記のとおりです。(敬称略)

1990年 研究 介護保険、ユニバーサルデザイン、ケアシステム国際比較研究
1991年 研究 飛島村日本一健康長寿研究(地域コホート研究、継続中)
北九州/仙台/栃木県リハビリテーションシステム研究
その他 安梅勅江、国際保健福祉学会SYSTED理事就任
1994年~1997年 出版 「Aging in Place with Dignity」
修士号 山本隆之、島田陽子、河西敏幸、原田亮子、澤田優子、鈴木英子、丸山昭子、今井充子、渡辺裕一、白男川尚
1996年 出版 「少子化時代の子育て支援と育児環境評価」
開発 「養育環境評価HOME日本版」
博士論文 嚴基郁 韓国における老人福祉政策の形成過程に関する研究
1998年 研究 夜間保育コホート研究(パネルコホート研究、継続中)
社会リハビリテーション国際比較研究
出版 「保健福祉学」「保健福祉のケア科学」
1999年 博士論文 島田千穂 Measuring outcome of health-social services for elderlyweighted by predicted survival probability
呉栽喜 Development of assessment for child care environmentsscale in Korea
2000年 研究 児童高齢者虐待予防研究会
出版 「エイジングのケア科学」「Empowering Frail Elderly People」
開発 「園児用発達チェックリスト」「保育環境チェックリスト」「気になる子どもチェックリスト」「対人技術チェックリスト」
2001年 出版 エンパワメント研究会 「グループインタビュー法 基礎編」
合宿研修 エンパワメント研究事始め(浜名湖)
修士号 片倉直子、佐藤泉、田中芳和、中村秀子
2002年 合宿研修 エンパワメント研究の展開(中島砂丘)
修士号 渕田英津子
2003年 出版 「グループインタビュー法Ⅱ 活用事例編」
博士論文 河西敏幸 消化管刺激によるラットの海馬ヒスタミン放出と不安との関連性
修士号 田中裕、酒井初恵、家入佳代、宮崎勝宜、庄司ときえ、高林智子
合宿研修 保健福祉エンパワメント(伊東)
2004年 出版 「エンパワメントのケア科学」「子育ち環境と子育て支援」
開発 「養育環境評価HOME質問紙版ICCE」「ICCE簡易版」
修士号 張鏑、劉、高
合宿研修 国際支援とエンパワメント(浜松)
2005年  研究 すくすくコホート研究(日本の子どもの発達コホート研究)
 出版 「コミュニティ・エンパワメントの技法」
開発 「かかわり指標IRS」
博士論文 渡辺裕一 地域住民のエンパワメント:地域の福祉課題解決に働きかける地域住民のパワー
片倉直子 精神障害者に対する効果的な訪問看護を構成する概念の解明およびそれにもとづく教育プログラムの開発
修士号 肴屋絵里香、坂詰昌子、加畑幸恵
合宿研修 人をつなぐエンパワメント(清瀬)
2006年 その他 筑波大学エンパワメント科学研究室
 開発 「幼児用社会スキル指標SSS」「かかわり指標幼児学童用IRSC」開発
博士論文 鈴木英子 Factors affecting rapid turnover of novice nurses inuniversity hospitals
 修士号 篠原亮次、杉澤悠圭、伊藤澄雄、小林純子
合宿研修 コミュニティ・エンパワメント(伊豆)
2007年 研究 保育環境評価研究
 その他 安梅勅江、すくすくコホート研究統括補佐就任
出版 「健康長寿エンパワメント」「保育パワーアップ講座 基礎編」
開発 「かかわり指標成人用IRSA」
合宿研修 エンパワメント支援(筑波山)
2008年  出版 「Culture, Care and Community Empowerment」「保育パワーアップ講座 活用事例編」
 開発 「かかわり指標成人用簡易版IRSA-Brief」
 修士号 田中笑子、斎藤希望、高下侑子、小薗暁子
 合宿研修 エンパワメント評価(河口湖)
2009年  研究 企業エンパワメント研究
 その他 安梅勅江、日本教育心理学会賞 受賞
杉澤悠圭、童蓮、日本学術振興会特別研究員就任
 出版 「根拠に基づく子育ち・子育てエンパワメント」「気になる子どもの早期発見・早期支援」
 修士号 渡辺多恵子、恩田陽子
合宿研修 エンパワメントと専門職スキル(大洗)
2010年 研究 保育パワーアップ研究会 WEB園児支援システム研究 木育研究 社会脳研究
子育ち子育てエンパワメントに向けた発達コホート国際比較研究
 その他 安梅勅江、日本子ども学会理事 日本看護科学会評議員就任
出版 「乳幼児のための脳科学」「働くことの喜びとは何か」「グループインタビュー法Ⅲ 論文作成編」「Advanced Initiatives in Interprofessional Education」出版
博士論文 篠原亮次 養育者の「ほめ」意識および行動が幼児期の社会能力発達軌跡に及ぼす影響に関する研究
杉澤悠圭 乳幼児の社会能力に影響する育児環境要因に関する研究
澤田優子 地域在住高齢者の社会とのかかわりが日常生活動作の維持に及ぼす効果
 修士号 望月由妃子、川島悠理
合宿研修 連携Interprofessional Work質や技を携えて専門職間で連なるために(琵琶湖)
2011年 研究 国際保健福祉学会SYSTED主催
復興地エンパワメント研究 木質化効果研究 高機能自閉症評価研究
芳香会研究 障害児共同保育研究 養護施設環境評価研究
 その他 安梅勅江、日本保健福祉学会会長就任
その他 篠原亮次、杉澤悠圭、澤田優子、研究員就任
Amarsanaa Gan-Yadam、日本学術振興会特別研究員就任
出版 「日本一健康長寿 誰もが生き生きまちづくり」
 博士論文 童蓮 Two cohort studies predicting preschooler’s social competencedevelopment from maternal parenting behavior and attitudeMonika Wilinska Spaces of (non)ageing: a discursive study ofinequalities we live by
渕田英津子 介護施設におけるケア職員に対する認知症の行動・心理症状のケア指針の作成
修士号 難波麻由美
 合宿研修 SYSTED合宿:Enhance Health-Social System Sciences(箱根)
障害児共同保育合宿:共同保育の展開を目指して(筑波山)
合宿研修:共感と共生(多摩)
2012年  学会 第9回日本子ども学会主催
 研究 多世代コミュニティ共創システム構築に向けた社会福祉法人の役割研究
常総ハッピー研究
その他 童蓮、研究員就任  田中笑子、日本学術振興会特別研究員就任
出版 「Psychology of Gender Differences」「 Parenting」「親から頼りにされる保育者の子育て支援」
 博士論文 田中笑子 1歳時の養育者のかかわり行動が就学前の社会能力発達に及ぼす
影響に関する研究
森田健太郎 口腔保健行動と生命予後に関する経年的研究
丸山昭子 未就学児の母親である看護師のバーンアウトの影響要因
修士号 松本美佐子、杉田千尋
合宿研修 共感と共生その2(山中湖)
2013年  研究 多世代コミュニティ・エンパワメントに向けたコホート国際比較研究
低機能自閉症評価研究
安梅勅江、国際保健福祉学会SYSTED会長就任
国際環境科学学会(Eco-Science)賞受賞
 その他 田中笑子、渡辺多恵子、河西敏幸、小林純子、研究員就任
出版 「エンパワメント科学入門」
博士論文 渡邉多恵子 WEBを活用した園児情報記録システムの開発と園児情報活用に関する研究
Amarsanaa Gan-Yadam Community empowerment in Mongolia
冨崎悦子 幼児期の睡眠と社会能力発達に関する研究
平野真紀 感情労働を伴う看護師の共感満足と共感疲労への対処に関する研究
 合宿研修 共感と共生パワーアップ(筑波)
2014年  研究 多世代コミュニティ・エンパワメントのブランディング研究
田中笑子、最優秀発表賞受賞、日本公衆衛生学会、日本保健福祉学会
松本美佐子、最優秀論文賞受賞、日本保健福祉学会
冨崎悦子、研究員就任
安梅勅江、科学技術振興機構社会技術開発センター運営評価委員就任
 出版 「いのちの輝きに寄り添うエンパワメント科学:だれもが主人公 新しい共生のかたち」
「保健福祉学:当事者主体のシステム科学の構築と実践」
「保育パワーアップ講座 応用編」
「夜間保育と子どもたち」
博士論文 望月由妃子 虐待チェックリストの開発:
子育て支援機関における早期発見・早期支援に焦点を当てて
呉柏良 A study of social competence applied in China: a review and
a development of assessment with a sample of university students
修士号 有岡栞、金春燕、孫芸欣、朱珠
合宿研修 健康長寿実践とともに(飛島)
2015年  研究 多世代コミュニティ・エンパワメントの国際比較研究
渡辺久実、最優秀発表賞受賞、日本保健福祉学会、専攻長賞受賞
呉柏良、研究員就任
安梅勅江、スウェーデン ルンド大学客員教授就任
 出版 「New Empowerment Models on Practical Strategies for Wellbeing, Nova science Publications」
「Parent-Child Interactions and Child Social Competence:Longitudinal Evidence Using the Interaction Rationg Scale(IRS), Nova Science Publications」
修士号 渡辺久実、陳文燦
合宿研修 生涯発達とエンパワメント(つくば)
2016年  研究 五感を刺激する多世代コミュニティ・エンパワメント研究
ロボットの実践エンパワメント効果研究
みらいエンパワメントカフェ開催
渡辺久実、優秀発表賞受賞、日本公衆衛生学会
修士号 Yuri Nurdiantami 、加藤慶子、鎌田彩加、坂田美樹、伊東花江、欧陽 玲玲、楊 亜舒、Meiryandah Hilda
合宿研修 インクルーシブ社会の実現(つくば)

 

授業関連リンク