トップページ > 資格更新制度

資格更新制度Updating system

資格取得・資格更新を受けてから5年後が更新年になります。
個別のご案内はしておりませんので 申請期間及び手続きについては
ホームページをご確認ください。 (更新年をお忘れの方が多いのでご注意ください。)

資格更新の方法

  • 血管診療技師(CVT)認定資格は機構規則にもとづき5年で失効するが、資格更新申請者について、
    機構において審査を行い、適格と判定したものに更新認定証を交付する。
  • 資格更新の条件は下記の4項目を満たす必要がある。
    なお、CVTの資格更新であるため、脈管に関する単位申請が必須であり、それ以外の単位は認めない。
    【1】日本国における、臨床検査技師・看護師・臨床工学技士・診療放射線技師・准看護師・理学療法士の
       いずれかの資格を有していること。
    【2】CVT資格取得後、病院・診療所・保健所等において脈管専門医の指示のもと血管診療に
       従事していることが望ましい(必須ではない)。
    【3】CVTの認定または前回の資格更新を受けてから5年間に、次に定める単位を50単位以上
       取得していること。
    【4】CVTの認定または前回の資格更新を受けてから5年間に、構成4学会総会 (※1) のうちいずれかの
       学会の総会に1回以上出席していること。
       2017年合格者および更新者 2022年更新時に学会参加していることが必須
       2016年合格者および更新者 2021年更新時には必須ではないが,2026年更新時には必須
       2015年合格者および更新者 2020年更新時には必須ではないが,2025年更新時には必須
       2014年合格者および更新者 2019年更新時には必須ではないが,2024年更新時には必須
       2013年合格者および更新者 2018年更新時には必須ではないが,2023年更新時には必須

    5年毎のクレジット制(50単位以上)となります。
    以下の単位数を参考にして更新までに50単位以上を取得してください。 (※2-8)
    1)構成4学会総会への参加 10単位※【必須】詳細は上記2.【4】参照
    2) 構成4学会総会での発表(筆頭演者)10単位 ※2017年12月31日までの学会は20単位
    3)構成4学会雑誌への論文掲載(筆頭者)30単位
    4)構成4学会雑誌への論文掲載(共著者)5単位
    5)構成4学会雑誌への論文掲載(謝辞) 1単位 ※2018年1月1日以降の学会より適用
    6)日本血管外科学会地方会への参加
    日本静脈学会支部会への参加
    5単位 ※日本静脈学会支部会については
     2018年1月1日以降の会より適用
    7) 日本動脈硬化学会教育フォーラムへの参加 4単位  
    8) CVT認定講習会への参加7単位 ※座学のみ 3単位、実技のみ 4単位
    ※全ての講義を受講することで規定の単位を付与
    9)脈管に関する日本医学会分科会総会(地方会は含まない)や脈管に関する国際学会への参加 3単位 ※3
    ※2017年12月31日までの脈管に関する学会は5単位(脈管に関する学会参加・発表以外の単位申請は認めない)
    10)弾性ストッキングコンダクター講習会
    への参加
    4単位 ※2016年9月1日以降の講習会より適用
    11)日本下肢救済・足病学会への参加
    日本フットケア学会学術集会・セミナーへの参加
    4単位 ※2018年1月1日以降の学会・学術集会より適用
    12) 日本フットケア・足病医学会 年次学術集会 への参加 5単位 
    13) 日本フットケア・足病医学会 セミナーへの参加 4単位 
    14) 日本フットケア・足病医学会 地方会への参加 3単位  
    15) 日本血管不全学会学術集会への参加 5単位 ※2020年1月1日より適用
    16) 日本リンパ浮腫治療学会学術総会への参加 5単位 ※2020年1月1日より適用
    17)CVTの会への参加 4単位 ※5
    18)更新用講習会 への参加 3-5単位 ※6
    19) 6)~18)での血管に関する発表や講師 2単位 ※2017年12月31日までの会は4単位
    20)指定社会的貢献活動/イベントへの参加 3単位 ※2017年12月31日までの会は5単位
    ※7
    21) Take ABI 3単位※2017年12月31日までの会は5単位

    ※1 構成4学会:日本血管外科学会・日本脈管学会・日本静脈学会・日本動脈硬化学会
      (2014年4月18日より施行)
    ※2 出席について,更新時に1)、6)~21)に関しては、出席したことを証明する書類(参加証,領収証)の原本
      またはコピーを添付する。18)に関しては、単位数の明記された書類(ただし,返却は行わない)
    ※3 各学会の地方会の参加については6)、14)を除きすべて単位申請を認めない。
    ※4 学会に併設した講習会は単位申請を認めない。
      ただし、学会に参加しなくても受講できる講習会はその限りではない。
    ※5 CVT認定機構が認めた会に限る。1回2時間以上、年(1月~12月の間)2回の開催まで単位を認める。
    ※6 18)更新用講習会の単位数は血管に関する講習の時間で決定する。
      (実質時間で受付時間・休憩時間等は含まない)
      1.5時間以上3時間未満:3単位
      3時間以上5時間未満:4単位
      5時間以上:5単位

    ※7 CVT認定機構あるいは、CVTの会が主催した会に限る。
    ※8 発表の単位は、出席の単位に加算される。(一つの会で複数発表しても認定は2単位まで)
    ※9 発表及び論文については、それらを確認できる別刷またはコピーを添える。
    ※10 各単位は加算方式にて取得できる。
  • 資格更新を受けようとする者は、申請期間中(資格有効期限の約6カ月前に詳細公示)に下記の書類を提出し、
    資格更新審査・認定料を納付しなければならない。
    【1】資格更新申請書
    【2】業績単位表
    【3】業績単位を証明するもの(上記2-【3】参照)
    【4】更新審査手数料(5千円)の納付
    ※【1】と【2】は郵送と電子メール、【3】は郵送のみでの提出を行う。
  • 特別な事情(下記参照)の場合には、証明書を添付して更新保留申請をすることができる。保留期間はどのような理由でも1回の申請では1年間の保留まで、数年にわたる場合には毎年保留申請を行う。保留を受けるのは原則2回まで(最長2年)とする。なお、更新保留期間中は血管診療 技師(CVT)を呼称することができない。
    更新保留申請を受けようとする者は同様の申請期間中に下記を提出しなければならない。
    【1】更新保留申請書
    【2】更新保留を証明する公的書類(留学証明、出産証明、部署移動証明等)
    【3】保留申請手数料3,000円

    ※「特別な事情」に関する規定
    海外留学・在留、長期病気療養、産休、育児休業、家族の介護、大規模災害、血管診療に関わらない業務への異動、進学等、左記のいずれにも該当しない場合には個別に判断される。

  • 「血管診療技師(CVT)」の認定をすでに受けている者は、認定期間中の再受験はできない。従って,認定更新条件が満たせないため5年毎の再受験を行い、資格を継続することはできない。
    但し、認定期間満了資格失効後,翌年度以降であれば認定試験が受験できる。

(2010年6月18日改正)
(2013年7月1日改正)
(2014年4月18日改正)
(2018年1月5日改正)
(2021年6月2日改正)


更新用講習会

血管診療技師認定試験に合格された方には、5年毎の更新手続きをお願いしています。更新手続きには50単位以上の取得が必要です。更新用講習会を受講して いただくことにより、3~5単位を取得できます。 このページでは開催予定の更新用講習会をご紹介しています。各講習会の詳細は主催者までお問い合わせください。

※各講習会の参加証に単位数が記載されていることを必ず確認して下さい。単位数の記載がない参加証は無効です。




茨城県臨床工学技士会 血管診療セミナー 


日時

2022年5月14日 16:00~18:00
実質講習時間 2時間

会場

つくば国際会議場(茨城県)(ハイブリッド開催)

対象者

臨床工学技士、看護師、臨床検査技師、診療放射線技師

認定単位

3単位

講習会費

2000円

代表世話人

大竹 康弘 先生

目的

臨床工学技士のCVT取得率を上げるため、臨床工学技士最大の学会である日本臨床工学技士会において更新単位が取得可能なセミナーを開催させていただきます。臨床工学技士以外の職種も参加可能で、学会参加費とは別料金で参加可能です。

内容

臨床工学技士(CE:clinical engineer)は生命維持管理装置の操作と保守点検を担う専門職です。高度先進医療を安心して受けられる体制づくりと、限りある医療資源の有効活用に日夜努力しております。今回、第32回日本臨床工学会において血管診療セミナーを開催します。各領域で活躍するCVT CEを中心に講師にお招きし、ご講演いただきます。他職種の方の参加も可能です。参加登録は茨城県臨床工学技士会ホームページよりPeatixにて行うことが可能です。以下のURLより参加手続きが行えます。
https://peatix.com/event/3217618/view?k=d7b1aa444ed0bc1d8f6ff96bee0510ead58dd1e0

PROGRAM

連絡先

〒305 - 8558
茨城県 つくば市天久保1丁目3番地1
筑波メディカルセンター病院 臨床工学技士科
大竹 康弘
Tel:029 - 851 - 3511
E-mail:me.ootake@gmail.com





The 39th Live Demonstration in KOKURA(小倉ライブ) 


日時

ライブ配信:2022年5月14日 15:50~17:20
オンデマンド配信:2022年5月14日~約1か月間
実質講習時間 3時間

※小倉ライブは5月14日~15日にWEB開催。
※単位対象プログラムは「内容」欄をご参照下さい。

会場

小倉記念病院(WEB方式)

対象者

血管診療技師 臨床検査技師 看護師 放射線技師 医師

認定単位

4単位

講習会費

4/20迄にお申込み:1,000円
4/21~5/15迄にお申込み:2,000円

代表世話人

小田代 敬太 先生

目的

毎年開催のLive Demonstration in KOKURAのコメディカル向けのプログラムの一つとして開催。
血管診療の早期発見・早期治療のための知見を広めることを目的としている。
広く皆様に知っていただくと同時に、治療の立場からもコメントをいただき知識を深める。
この領域のエキスパートの方々のレクチャーを聴講し、最新の知見を深める。
日常の実臨床における技術的な悩みなどの意見交換を行うことで、明日からの医療現場に役立てていただく。

内容

The 39th Live Demonstration in KOKURA(小倉ライブ)
https://kokura-live.com/

CVT資格更新単位認定対象プログラムは下記になります。
下記のプログラムをすべて視聴して頂いた方のみ、単位取得が可能です。

【ライブ配信】
配信日時:5月14日 15:50~17:20(90分)
内  容:Track6 エコーシンポジウム「あなたの頸動脈エコー教えて下さい」

【オンデマンド配信】
配信日時:5月14日~約1か月間
内  容:教育セミナー
・「SPP検査:末梢動脈疾患(PAD)診療における皮膚灌流圧(SPP)測定の重要性」高谷 篤義 先生(30分)
・「頸部MRA:MRI検査における頸動脈プラーク評価」松崎 静信 先生(30分)
・「血管内治療・検査など・・・解剖学の視点から」小田代 敬太 先生(30分)

連絡先

〒541 - 0046
大阪府 大阪市中央区平野町1-8-13
平野町八千代ビル7階
株式会社エヌ・プラクティス
The 39th Live Demonstration in KOKURA運営事務局
Tel: 06 - 6203 - 6731
E-mail: kokuralive-reg@n-practice.co.jp





第8回 岡山 Hands-on セミナー 


日時

2022年5月20日 19:00-20:30
実質講習時間 1.5時間

会場

WEB

対象者

医学生、医師、看護師、放射線技師、検査技師、医療工学技士など

認定単位

3単位

講習会費

無料

代表世話人

石田 敦久 先生

目的

 腹部下肢動脈・静脈、頸動脈・静脈疾患に対しての、無侵襲診断方法に対しての知識と技術向上を目的として、講演、実技などを行います。このセミナーを通して、血管疾患の無侵襲診断法に対する技術と知識の向上を目指し、無侵襲診断法の進歩と発展に寄与し、地域医療に貢献することを目的とします。
 本セミナーは、岡山県の末梢血管疾患治療法等の情報交換・技術習得を行うことにより、医療の発展に寄与することを目的とする。

内容

本セミナーは、前条の目的達成のために次の事業を行う。
(1)症例検討会、デモンストレーションの開催(ビデオも含める)
(2)会員相互の連絡及び交流
(3)その他本研究会の目的達成に必要な事業

会員
本セミナーは末梢血管治療等に関心を持つ医師およびコメディカルの会とする。

研究会の運営
本セミナーは原則として年数回の開催をする。

PROGRAM

連絡先

〒700 - 8505
岡山県 岡山市北区中山下2-6-1 二丁目6番1号
川崎医科大学 綜合医療センター 総合外科(血管外科)
石田 敦久
Tel:086 - 225 - 2111
E-mail:ishida06gaji12tigers@yahoo.co.jp





第41回日本脳神経超音波学会総会/第25回日本栓子検出と治療学会 


日時

2022年6月3日~4日

会場

コンフォート水道橋(東京都)

対象者

医師、コメディカル、医学生など

認定単位

学会2日間参加で 5単位

講習会費

無料~20,000円(予定)(参加区分によって金額が異なります)

代表世話人

第41回日本脳神経超音波学会総会
 北川 一夫 先生

第25回日本栓子検出と治療学会
 堤 由紀子 先生

目的

診療の向上に寄与を目的とし、日本脳神経超音波学会においては、神経系疾患や全身脈管の病態に対する超音波の診断的・治療的応用に関する研究について、また、日本栓子検出と治療学会においては、塞栓、栓子の形成から消滅の全過程に関する診断・治療・栓子の予防についての様々な議題に関する、発表・意見交換の場を提供する。そして、今後の診療・研究活動に役立てることを目的とする。

また、第41回日本脳神経超音波学会総会/第25回日本栓子検出と治療学会の合同学会開催に伴い、多面的な切り口からの議論で参加者にとって、より深い理解と新たな知見の取得が期待される。

内容

・学会プログラムの開催
・ハンズオンセミナーの実施
・会合の開催(予定)
http://www.congre.co.jp/2022jan-embolus/

連絡先

〒103 - 8276
東京都 中央区日本橋 3-10-5 オンワードパークビルディング
第41回日本脳神経超音波学会総会/第25回日本栓子検出と治療学会 運営事務局
佐藤 由羽
Tel:03 - 3510 - 3701
E-mail:jan2022@congre.co.jp





JET2022 Medical Staff Session 


日時

2022年6月11日 9:00-18:20
2022年6月12日 9:00-12:00
実質講習時間 10.5時間

会場

ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター(会場開催)(大阪府)

対象者

医師、臨床検査技師、診療放射線技師、臨床工学技士、看護師など

認定単位

対象のメディカルスタッフセッション(プログラム参照)を受講で 5単位

講習会費

医師:12,000円 (会員)20,000円(非会員)
コメディカル:3,000円(会員)5,000円(非会員)

代表世話人

横井 宏佳 先生

目的

末梢血管病変に対する血管エコーの施設間の標準化とスキルアップを図ることを目的とする

内容

「腎動脈」・「下肢動脈」の領域に対して、講義とライブレクチャーを企画

http://www.j-et.jp/jet2022/

プログラム(対象のメディカルセッション)

連絡先

〒814 - 0001
福岡県 福岡市早良区百道浜1-7-5 Mタワー11階
福岡山王病院 循環器センター
横井 宏佳
Tel:092 - 834 - 2815
E-mail:secretariat@j-et.jp





第12回KYUSHU心血管超音波セミナー 


日時

2022年6月18日-19日
実質講習時間 4.5時間

会場

九州中央病院(福岡県)・WEB

対象者

医師、臨床検査技師、放射線技師、看護師、学生、その他医療関係者

認定単位

対象講義参加(全て受講)3単位
ハンズオンのみ参加(血管エコー検査コース1回参加)3単位
ハンズオンのみ参加(血管エコー検査コース2回参加)4単位
対象講義参加+ハンズオン参加(血管エコー検査コース1回参加,2回参加とも) 4単位

講習会費

レクチャー7,000円、ハンズオン1コース10,000円

代表世話人

小田代 敬太 先生

目的

本会は、日々の診療や現場の最前線で活躍する医師、臨床検査技師、診療放射線技師、看護師等の医療従事者を対象に、心血管領域における超音波診断に関する知識レベル向上をめざし、超音波診断の普及と発展に寄与するとともに地域医療・福祉の向上に貢献することを目的とします。

内容

本年は新型コロナウイルス感染拡大を考慮し、ハンズオンコースは会場開催としますがレクチャーコースは完全WEB配信形式で開催いたします。

https://www.jcua.or.jp/12th-kyushu-cves

連絡先

〒194-0022
東京都町田市森野1-31-8-2
アスリード株式会社内
KYUSHU心血管超音波セミナー事務局
阿部 竜彦
Tel:042 - 711 - 6872
E-mail:kyushu-cves@us-lead.com




更新用講習会の申請/社会的貢献活動を主催される方へ

更新用講習会/社会的貢献活動を主催される方へ

このページは、血管診療技師認定更新のための更新用講習会/社会的貢献活動単位認定申請用ページです。申請制度は、血管診療技師の研修と単位取得の機会を多くするために設けたものです。会を主催される先生は、ぜひ申請していただきますようお願いいたします。 以下の点にご留意ください。

  • 認定申請には、会の代表者、座長、講師、演者のいずれかに、CVT認定機構の理事または地区担当(代表)医師、もしくは関連4学会いずれかの理事または評議員が含まれ、会の内容がCVT資格更新に相応しいと判断された場合申請可能です。会の世話人あるいは役員に当該医師が所属しているのみでは申請できません。
  • 会の名称が血管に関わるものであっても、内容が血管と違った場合は申請できません。
  • 申請は開催の2ヶ月前までに行なって下さい。
    (認定審査には1か月かかる場合もありますのでご了承下さい。)
  • 必要事項にご記入いただきませんと、審査が遅れる場合や許可できない場合もありますので、正確にご記入ください。また、更新単位は、「血管」に関する講習内容1.5時間以上が対象となりますので、プログラム内容およびタイムテーブルがわかる資料を添付してください。当機構で言うところの「血管」とは、臓器外にあると思われる血管のことを指しています。心臓、脳、腹腔内臓器を栄養する血管(冠動脈、頭蓋内動脈、門脈、肝動脈、腎内血管など)は対象外です。

下記の申請用フォームより必要事項を記入の上ご送信下さい。
必ずご確認いただき、内容に不備があった場合は、お手数ですがもう一度登録手続きを行ってください。

更新講習会申請フォーム


入力項目や認定について質問のある場合はCVT事務局までメールでお願いします。

 


ページのトップへもどる

Site Menu

Copyright(C) 血管診療技師認定機構 All Rights Reserved.