トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

67Gaiyo

 第67回 東海公衆衛生学会学術大会 開催概要

会 期   2021年7月3日(土)10時00分〜16時30分(受付開始9:30〜)予定

会 場   愛知医科大学本館たちばなホール 他

     住所:〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
        ・地下鉄「藤が丘」駅より名鉄バスに乗車「愛知医科大学病院」にて下車
        ※自動車でお越しの場合は外来駐車場をご利用ください。(駐車券を受付に提示してください)

大会長   愛知県保健所長会 澁谷いづみ   

大会顧問  愛知医科大学 理事長 祖父江元

メインテーマ「それぞれの新型コロナウイルス感染症対策の軌跡」

参加費    会員:1,000円 非会員:2,000円 学生:500円

       (学生区分は、大学生及び専門学校生とし、大学院生は含みません)

演題募集   詳細は演題募集要項 をご覧ください。    

         演題申込締め切り 2021年5月6日(木)
          *演題申込様式(Word形式)ここからダウンロード
         抄録原稿締め切り 2021年5月18日(火)
           *抄録原稿様式(Word形式)ここからダウンロード

事務局    愛知医科大学看護学部(坂本研究室内)

        〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1
        FAX(0561)63-1093
        E-mail:tpha2021@aichi-med-u.ac.jp

その他

*日本公衆衛生学会の認定専門家地方公衆衛生学会に申請中です。
*2020年度以前の会費が未納の方には雑誌が送付できません。至急納付してください。
*新型コロナウイルス感染症の流行状況によって開催発表形式が変わる(紙上発表等)可能性があります。変更の場合は学会ホームページなどでお知らせいたします。

新型コロナウイルス感染症への対応   

開催の可否及び発表形式の判断
新型コロナウイルス感染症の流行について、予断を許さない状況が継続しております。現時点では別紙のご案内の通り開催する予定にしていますが、今後の状況をみながら、6月上旬を目処に開催の可否・発表形式等を判断する予定です。内容は、当学会ホームページなどでお知らせします。
一般演題の扱い
仮に、今年の学術大会が中止となった場合も、既に、採択が決まっている論文もあることから、東海公衆衛生雑誌(抄録集)は通常通り発行します。
期日までに応募いただきました一般演題については、抄録集に掲載します。また、当学会ホームページや、医学中央雑誌などにも掲載される予定です。その場合、当日の発表は無くても、当学会として、誌上にて学会発表が行われたものと認定します。
当日の補足説明がなくてもわかるように、主要な結果などをしっかりと抄録に記載するようにお願いします。

Logoに使った写真の使用については東海4県の観光連盟などの許可をいただいています