現場からの医療改革推進協議会 Facebook 寄付のご協力のお願い
Medical Reforms Promoting Practical Solutions from the Field

現場からの医療改革推進協議会 第17回シンポジウム

17th Annual Symposium of Medical Reforms Promoting Practical Solutions from the Field

・医療現場における問題の解決策を、多角的な視点で活発に議論する場にしたいと考えております。
・事前登録制です。予め、参加登録をお願いいたします。参加登録は10月初旬から開始いたします。
・登壇者・時間は変更になる場合があります。

開催概要

医療現場における問題の解決策を、多角的な視点で活発に議論する場にしたいと考えております。

日時

会場参加・Live配信
2022年11月26日(土)13:00 – 17:55
    11月27日(日) 9:30 – 17:55
※11月26日(土)の全セッション終了後に、シンポジウム会場で懇親会を予定しております。懇親会は会場設営が完了次第、開始します(シンポジウム終了から30~40分後に開始する見込みです)。

オンデマンド配信
1日目・2日目それぞれシンポジウム終了後~12月4日(日)23時59分まで
 

開催方法

・会場(建築会館ホール)とオンライン(Zoomウェビナー)を組み合わせて開催致します。参加登録が完了された⽅に、事務局からEメールでアクセス方法をご案内いたします。

・シンポジストのご発表は、建築会館ホールを中心に行う予定です。

・オンライン参加者はZoomウェビナーのチャット機能から質問できます。時間が大変限られており、全ての質問に対応できないことをご了承ください。

・オンライン参加者間で、他の参加者を知ることや他の参加者と直接やり取りすることは出来ません。

配信メイン会場 

一般社団法人日本建築学会 建築会館ホール
https://www.aij.or.jp/jpn/guide/map.htm
〒108-8414 東京都港区芝 5-26-20
JR田町駅,都営地下鉄三田駅(浅草線・三田線)徒歩3分

参加登録料: 3,000円

・2日間の会場参加・オンライン配信とも共通の参加登録料です。

・オンデマンド配信は登録された方に限定して、無償でご案内します。

参加申込みサイト(下欄の「参加申込み」の項をご参照ください)でお支払ください。決済方法は、クレジットカード、コンビニ決済、PayPal、楽天ペイ、PayPay残高、AmazonPayがご利用いただけます。

・コンビニ決済の場合は、別途、手数料(300円)が必要です。

・決済後のお取消し及びご返金は理由の如何に関わらずお受けいたしかねます。

・高校生以下は無料です。

懇親会費: 3,000円

・懇親会(軽食を含む)は11月26日(土)の全セッション終了後に開催します。

・お支払いは、参加登録料とともにオンライン決済していただくか、シンポジウム当日に現地決済(現金のみ)でも承ります。



プログラム(2022/9/16 現在)※敬称略

更新履歴 (クリックすると展開します)

・09/16更新: プログラムを公開しました。

11月26日(土) 午後| 13:00 – 17:55


【開会のご挨拶】13:00 – 13:10 

林 良造 (武蔵野大学国際総合研究所 所長・東京大学公共政策大学院 客員教授)

【Session 01】 医療改革の現在 13:10 – 13:25 (司会:上 昌広)

小野 俊介 (東京大学大学院薬学系研究科 准教授)

【Session 02】 医薬品開発・医学研究13:25 – 14:55 (司会:谷本 哲也)

井元 清哉 (東京大学医科学研究所 ヒトゲノム解析センター 教授)
北島 正章 (北海道大学 准教授)
川口 恭 (ロハス・メディカル編集発行人)
細田 雅人 (インタープロテイン株式会社 代表取締役社長)
中村 祐輔 (国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 理事長)

【Session 03】 世界各国のポストコロナ15:05 – 15:55 (司会:尾崎 章彦)

Alfonso J. Rodriguez-Morales (President, Travel Medicine Committee,Pan-American Infectious Diseases Association、
President, Colombian Infectious Diseases Association,
Pereira, コロンビア)
Mihajlo (Michael) Jakovljevic (UNESCO - The World Academy of Sciences (TWAS), Trieste, イタリア
Academia Europaea, Section of Clinical and Veterinary Science, London, イギリス
Institute of Comparative Economic Studies, Hosei University Faculty of Economics, Tokyo, 日本
Department of Global Health Economics and Policy, University of Kragujevac, セルビア)
Jiwei Wang (Associate Professor, School of public health, 復旦大学,
Shanghai, 中国)
Barbara Mintzes (Associate Professor, School of Pharmacy and Charles Perkins Centre, The University of Sydney, Sydney, オーストラリア)
Chen Yaolong (Professor, Evidence-Based Medicine Center of Lanzhou University, 甘粛省, 中国)

〔休憩〕

【Session 04】 医療安全16:00 – 16:15 (司会:上 昌広)

細井 尚子 (株式会社東京海上日動パートナーズTOKIO 新宿支店 新宿支社長)

〔休憩〕

【Session 05】 原発事故後の福島の今とコロナ対応Ⅰ16:15 – 16:40 (司会:上 昌広)

立谷 秀清 (福島県相馬市長、全国市長会会長)

〔休憩〕

【Session 06】 安全保障と医学16:45 – 17:45 (司会:鈴木 寛)

パネルディスカッション形式

坪倉 正治 (福島県立医科大学医学部放射線健康管理学講座 主任教授)
後瀉 桂太郎 (海上自衛隊幹部学校 戦略研究室教官 2等海佐)
塩崎 恭久 衆議院議員)

【1日目締めのご挨拶】17:45 – 17:55 

土屋 了介 (公益財団法人ときわ会 顧問)

11月27日(日) 午前| 9:30 – 12:10


【特別セッション】 故人をしのぶ9:30 – 9:35 (上 昌広)

本年、髙久史麿先生、 宮澤保夫先生が逝去されました。故人のご功績を偲び、弔意を表します。

【Session 07】 若手の活躍9:35 – 10:05 (司会:上 昌広)

鎌本 紗衣 (浜松医科大学医学部医学科5年)
杉浦 蒼大 (東京大学教養学部理科三類2年)
遠藤 通意 (三豊総合病院 初期臨床研修医)
小坂 真琴 (公益財団法人慈愛会 今村総合病院 初期研修医)

〔休憩〕

【Session 08】 地域医療教育 10:10 – 11:10 (司会:久住 英二)

谷 悠太 (医療ガバナンス研究所 インターン、慶應義塾大学医学部4年)
晴山 晴 [仮名] (医学部学生保護者)
加藤 直人 (自治医科大学医学部医学科6年)
井上 清成 (弁護士、井上法律事務所 所長)
新 俊彦 (クラノス株式会社 代表取締役)
松藤 保孝 (一般社団法人 未来創造ネットワーク 代表理事)

〔休憩〕

【Session 09】 ジェンダーを考える11:20 – 12:10 (司会:小川 久仁子)

パネルディスカッション形式

竹内 幹 (一橋大学大学院経済学研究科 准教授)
大西 睦子 (星槎グループ医療・教育未来創生研究所 ボストン支部 研究員)
藤井 淳子 (航空自衛隊 心理療法士、星槎大学大学院 博士後期課程)
中川 七海 (報道機関Tansa リポーター)
松川 るい (参議院議員)

〔昼食・休憩〕

11月27日(日) 午後| 13:00 – 17:55

【Session 10】 社会的孤立13:00 – 13:45 (司会:上 昌広)

齋藤 宏章 (相馬中央病院 内科 医師、福島県立医科大学 放射線健康管理学講座 博士研究員)
能美 吉貴 (法テラス弁護士)
小川 久仁子 (神奈川県議会議員)

【Session 11】 大震災の教訓13:45 – 14:25 (司会:尾崎 章彦)

内田 広之 (いわき市長)
中島 正弘 (独立行政法人 都市再生機構 理事長)

【Session 12】 原発事故後の福島の今とコロナ対応Ⅱ14:25 – 15:25 (司会:坪倉 正治)

内 悠奈 (福島県立医科大学医学部4年)
髙原 省五 (国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構 安全研究・防災支援部門 安全研究センター 原子炉安全研究ディビジョン リスク評価・防災研究グループリーダー)
岩見 真吾 (名古屋大学 大学院理学研究科 理学専攻 生命理学領域 異分野融合生物学研究室 教授)
坪倉 正治 (福島県立医科大学医学部放射線健康管理学講座 主任教授)

〔休憩〕

【Session 13】 ポストコロナの社会と医療15:40 – 17:40 (司会:久住 英二)

パネルディスカッション形式

渋谷 健司 (東京財団政策研究所 研究主幹)
久住 英二 (医療法人社団鉄医会 理事長)
松村 雅代 (株式会社BiPSEE 代表取締役)
中島 淳一 (株式会社デジタルガレージ 執行役員)
ジョー横溝 (一般社団法人VOICE代表理事 『君ニ問フ』編集長)
小田 知宏 (認定NPO法人発達わんぱく会 理事長)

【閉会のご挨拶】17:40 – 17:55

土屋 了介 (公益財団法人ときわ会 顧問)

参加申し込み方法※事前登録された方のみの参加とさせていただきます。

参加申し込みサイトを準備中です。10月初旬から参加申し込みを開始いたします。



【寄付への御協力をお願い申し上げます】

このシンポジウムは多くの皆様のご寄付によって支えられております。今年もどうかご支援を賜りますようお願い申し上げます。
詳しくはこちらをご覧ください。


【お問い合わせ先】

ご不明な点やご質問は

  現場からの医療改革推進協議会
  第17回シンポジウム参加受付事務局
  genbasympo2022◆gmail.com (◆を@に置き換えてご利用ください)

へご連絡ください。