徳島治験ネットワークについて

組織体制

徳島治験ネットワークとは

徳島における治験の活性化を目的とし、徳島大学病院と徳島県医師会の連携のもと、平成16年より構築を開始したネットワークです。
平成18年には、日本医師会治験促進センターによる「大規模治験ネットワーク基盤整備研究事業(地域治験ネットワークの基盤整備に関する研究)」に採択され、登録医療機関における治験実施体制の基盤整備を進めて参りました。
徳島治験ネットワークは徳島大学病院、公的医療機関、徳島県医師会によって構成され、徳島大学病院臨床試験管理センター内に事務局を設置しています。
2014年3月現在、徳島治験ネットワークには、74医療機関が登録しています。

機構組織図

理事会

理事会は、徳島大学病院・徳島県医師会・公的医療機関の各組織の代表者により構成されています。
徳島大学病院長が理事長職にあたり、副理事長等については理事長が指名することとなっています。
理事会は年1回程度開催され、今後の運営方針等について協議を行います。

ページトップへ