法人案内  お問い合わせ

「自動車運送事業者における睡眠時無呼吸症候群対策マニュアル
  〜SAS対策の必要性と活用〜」について
国土交通省から睡眠時無呼吸症候群(SAS)対応マニュアルの改訂版が発表されました。詳しくは国土交通省のホームページをご覧ください。
(http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/09/090601_.html)
讀賣新聞「論点」に掲載されました。
讀賣新聞 2009年1月28日 「論点」
【讀賣新聞社様のご厚意により、讀賣新聞朝刊より引用させていただきました。】

東京移転のお知らせ
東京世田谷事務所への本部移転について
日本通運株式会社様の取り組み
当NPO法人に睡眠時無呼吸症候群(SAS)スクリーニング検査をご依頼をいただいております 日本通運株式会社様の取り組みが紹介されています。
(http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/03goodpractice/20070528.html)
全日本トラック協会のホームページの紹介
社団法人全日本トラック協会では平成17年度から運送業界の重要課題となっている睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策の一環として、 SASスクリーニング検査の助成を行っております。
詳しくは、社団法人全日本トラック協会のホームページ (http://www.jta.or.jp/)から「SAS対策」を選んでご覧ください。
月刊「運転管理」に掲載されました
「SAS発見で交通事故が減る! 第1回」
「SAS発見で交通事故が減る! 第2回」
「SAS発見で交通事故が減る! 第3回」
モビリティ文化出版株式会社様のご好意により、月刊「運転管理」より引用させていただきました。】

睡眠時無呼吸症候群(SAS)に関する講演がご覧いただけます
http://www.videobrowser.jp/contents/sas02.html 2006年2月24日に開催された第2回SASメディアセミナー 「飲酒、非肥満体型、慢性疲労とSAS-潜在するSASと社会の取り組み〜事故・事件への法的責任、企業・社会の取り組み〜」 (主催:レスメドジャパン株式会社 http://www.resmed.com)における当NPO法人理事谷川武の講演です。
exciteニュースに掲載されました
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091155803735.html
安全運転と健康管理の秘訣
運転業務に従事する際、睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome, SAS)をチェックすることは安全運転と健康管理の秘訣と言える。NPO法人睡眠健康研究所では、職場単位でも個人毎でも小型の測定機器をレンタルし、自宅で一晩睡眠中の呼吸状態を測定し、専門医の判定を返却するサービスを実施している。大きないびき、睡眠中の呼吸停止、日中の眠気、慢性疲労、就寝後のトイレの回数が2回以上、2種類以上の高血圧治療薬を服用中だが血圧が安定しない等の症状があればお試し下さい。
お知らせ:
ウェブサイトをリニューアルしました。
NPO法人睡眠健康研究所 〒156-0042 東京都世田谷区羽根木1-25-16 пF03-5355-9941