近畿外科学会事務局


〒540-0024
大阪市中央区南新町2-4-3
グランドソレイユ1F
福田商店広告部内
TEL:06-6941-5622
Fax:06-6941-5625
MAIL:kinkigeka@adfukuda.jp

演題募集
第205回近畿外科学会 演題募集

近畿外科学会は、若手外科医の学術発表の登竜門となりますので、若い先生方の症例報告を大歓迎しております。なお近畿外科学会での発表は、外科専門医認定試験受験時に必要な業績として、7単位が認められております。また研修医・専攻医には優秀演題賞を設けております。是非とも多くの演題をご登録頂きます様お願い申し上げます。演題登録の際、専攻医(後期)の先生に付きましては、外科領域専門研修プログラムの選択をお願いします。

1.演題受付期間

2021年9月15日(水)~11月3日(水) 正午


2.演題登録方法
*本ページ最下部の演題登録ボタンから演題登録画面へお進み下さい。
1)文字制限について
 演題名 全角60文字まで
 抄録本文 図表なし全角400文字まで
 登録可能な最大著者数(筆頭著者+共著者) 25名まで
 登録可能な最大所属施設数 5施設まで
 総文字数(著者名・所属・演題名・抄録本文の合計) 全角600文字
 *文字数の制限を超えるものは受付ませんのでご注意下さい。
よくある質問と回答を掲載しておりますので、こちらを併せてご参照下さい。
・演題登録で利用できる文字の制限について
 http://www.umin.ac.jp/elbis/faq/faq55.htm
・オンライン演題登録システムFAQ
 http://www.umin.ac.jp/endai/userfaq.htm
◆使用文字について
・英字および数字は半角で記入してください。
・① ② ③のような丸数字は使用できません。
・Ⅰ Ⅱ Ⅲのようなローマ数字も使用できません。英字の組み合わせで、
 II、VI、XIのように入力してください。
・αβγ等を使用するときはα β γを使用してください。
・タイトルおよび抄録本文で上付き文字、下付き文字、斜め(イタリック)文字、
 アンダーラインなどを使用する際は、書式を変更したい範囲をそれぞれ<SUP></SUP>、
 <SUB></SUB>、<I></I>、<U></U>で挟んでください。また、行の途中で改行したい場合は、
 改行する文の冒頭に<BR>を入力してください。 これらの記号はすべて半角文字を使用して
 ください。
・英文入力の際にひとつの単語をハイフン(-)で切らないでください。
・不等号「<」「>」を使用する時は、全角文字を使用してください
2)事前に以下の情報をご準備下さい。
筆頭著者の氏名、ふりがな
筆頭著者の所属機関略称名
*所属機関名は、以下のように簡略名にて記載して下さい。
省略方法(例)
○○大学 医学部→○○大学 ○○学→省略
○○学教室→省略 ○○学講座→省略
医療法人○○会→省略 ○○株式会社→○○(株)
サンプル例
1 東南大学大学院医学系研究科 医学部 臓器病態外科学 人口臓器・移植外科学
→ 東南大学 人工臓器・移植外科
2 西北女子大学医科大学附属消化器病センター 消化器外科学
→ 西北女子医科大学 消化器外科
3 南北大学医学部 第一外科
→ 南北大学 第一外科
4 医療法人北東会西南病院 外科
→ 西南病院 外科
筆頭著者の所属機関住所の郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・電子メールアドレス
電子メールアドレスは必ずご本人に連絡のつく電子メールアドレスをご記入下さい。
携帯電話の電子メールアドレス不可とさせて頂きます)
共著者の氏名および、所属機関名
抄録タイトル(全角60文字以内)
抄録本文(全角400字以内)
演題区分(下記の20区分からお選び下さい)
1)頸部 2)乳腺 3)胸部・縦隔 4)肺 5)心 6)血管
7)食道 8)腹壁・腹膜・ヘルニア 9)胃 10)十二指腸 11)小腸 12)大腸
13)肝 14)胆道 15)膵臓 16)脾・門脈 17)内分泌 18)腎
19)小児 20)その他
キーワード1(自由記述)
キーワード2(自由記述)
パスワード
(登録した自分の抄録を参照・更新・削除するためのパスワード: 半角英数文字6~8文字 )
演題名および抄録本文は、最初にパソコン(text形式)で作成し、コピーして貼付されることをお薦めします。
登録された抄録に関しては、誤字・脱字・変換ミスを含め、原則として事務局では校正・訂正を行いません。そのまま印刷されますので、登録者の責任において確認して下さい。
空欄は必ず左詰にして下さい。抄録本文記入欄も同様です。
「必須」の記載がある欄は必須事項ですので、データが入力されていないと登録できない設定になっています。
3)諸注意事項
患者個人に接触する可能性のある内容は、患者あるいはその代理人からインフォームド・コンセントを得た上で、患者個人情報が特定されないよう充分注意して下さい。
個人情報が特定される発表は禁止します。
外科関連学会協議会のプライバシー保護ガイドラインを参考にして頂きますようお願いします。

http://www.jssoc.or.jp/other/info/privacy.html
3.演題登録のご注意
修正するたびに、【演題登録】ボタンを使用すると同一演題が重複登録され、プログラム編成時に不利益を被る可能性もありますのでご注意下さい。
確認・修正は確認・修正ボタンより行って下さい。
(1)暗号登録について
オンライン登録および修正は、原則として暗号通信の使用をお願します。
この暗号通信の使用により第3者があなたのパスワードを盗聴して、演題・抄録を無断削除したり、改ざんしたりすることを防ぐことができます。従って、本学会では原則として暗号通信の使用を推奨します。平文通信は施設やプロバイダーなどの設定や環境に問題があり、暗号通信が使えない場合に限ってご利用下さい。
尚、平文通信ではパスワード等の盗聴が可能ですので、セキュリティや個人情報の保護の点で危険です。特に病院情報システムや電子メール用に使っているパスワードの使用は絶対に避けて下さい。被害が演題・抄録以外にも及びます。平文通信をご利用の際は、こうした危険性を十分に考慮して下さい。
(2)入力に際しての注意事項
演題を最初に登録する際に、登録本人用のパスワードを設定していただきます。
登録が終了しますと、登録番号(10000番台)が自動発行されます。画面に登録番号が表示されない場合は、まだ受付られていませんのでご注意下さい。発行された登録番号とパスワードは登録者の管理に依存します。セキュリティの関係からパスワード、登録番号に関するお問い合わせには一切応じられませんので、必ずパスワードと登録番号をお手元に控えておいて下さい。
演題応募時の登録番号とこのパスワードを用いることによって登録後の変更が何回でも可能です。
なお、登録データの修正、削除を行う毎に、自動的に通知メールが返信されます。
演題登録後しばらくして、入力いただいた電子メールアドレス宛に登録番号、演題受領通知が送信されます。演題受領通知が届かない場合は、新規演題登録が完了していないか登録した電子メールアドレスに誤りがあった可能性がありますので、下記までご連絡下さい。
4.登録の完了
登録画面でデータを入力後、一番下の「次に進む」をクリックすると、確認画面に変わります。この画面で、入力データを確認してから、登録ボタンをクリックして下さい。
これで登録は完了です。
演題登録後は、必ず登録番号とパスワードを用いて、確認・修正ボタンから、登録されているかの確認を行っていただけますようお願い致します。(他学会でブラウザのバグまたはUMINプログラム修正に伴うバグの新規発生等により、稀に登録完了のメールが届いたのに、または登録完了の表示がされたのに、登録が完了していないことが報告されています。)
5.演題発表
ご登録頂いた演題の発表時間、発表セッション等の通知は、後日ご案内申し上げます。

上記の点をお読み頂いた上で下記の「演題登録」ボタンから
演題登録画面へお進みください。
演題登録画面
【暗号通信】推奨

通常はこちらの暗号通信での登録や修正をご利用ください。

演題登録 確認・修正
【平文通信】

上記の暗号通信でエラーが出てご利用できない方のみお試しください。

演題登録 確認・修正
演題登録に関するお問い合わせ
福田商店広告部 学会事業部
近畿外科学会事務局
〒540-0024大阪市中央区南新町2-4-3グランドソレイユ1F
TEL:06-6941-5622
FAX:06-6941-5625
MAIL:kinkigeka@adfukuda.jp