<代表世話人挨拶> 
 

国際医療福祉大学病院 外科 吉田 昌

 

 蛍光カメラを用いた手術に関する研究会のルーツは2005年に遡ると伺っております。消化器外科が御専門である昭和大学の草野満夫教授がClinical Video Forumという研究会でIndocyanine green (ICG)蛍光測光による乳腺センチネルリンパ節生検の演題の座長をしたのです。これが発端となり、消化器外科での実験・臨床応用が行われました。2008年に蛍光Navigation Surgery 研究会が、京都大学乳腺外科の戸井雅和教授を代表世話人として設立され、第1回研究会が草野満夫教授の当番世話人で開催されたのです。蛍光Navigation Surgery研究会は、2017年まで10回の開催がありました(表)。一方で、高知大学佐藤隆幸教授による明視野フルカラー蛍光カメラの開発や、蛍光腹腔鏡(胸腔鏡)の開発など、蛍光ガイド手術は飛躍的に広まりました。蛍光ガイド手術のルーツに鑑みても、多専門臨床分野間、基礎―臨床、医療現場―開発企業の3次元情報交換が重要であり、その必要性が増大してきたのです。
 日本蛍光ガイド手術研究会は、平成30年(2018年)に戸井雅和先生が代表世話人となり、設立されました。第1回学術集会は、東京大学(現大阪公立大学教授)の石沢武彰先生の当番世話人で開催されたのです。本研究会の特徴は、乳腺外科、肝胆膵外科、消化管外科、脳神経外科、小児外科、心臓血管外科、産婦人科、泌尿器科、形成外科などの臨床外科、基礎医学、企業が参加し、3次元情報交換を行うことにあります。本研究会監修、石沢武彰先生編集での「蛍光イメージング実践ガイド」が出版され、海外出版(英語版・中国語版)も進んでいます。これに加え、ガイドラインなどの情報発信も本研究会の重要な役割です。
 ICGや5-aminolevulinic acid (protoporphyrin IX)に加えて、今後は、新規ブローブ、蛍光樹脂などを用いた新規デバイス、蛍光を用いた新規治療の開発・臨床応用が重要性を増すと考えられます。さらに多くの方々に本研究会に御参加いただき、本研究会にお力添えをいただけましたならば幸いに存じます。
 
<お知らせ/更新情報>
20220902 ISFGS(International Society for Fluorescence Guided Surgery)のアジア太平洋支部(Asian-Pacific Chapter)が発足しました。
2022年9月10日(土) 9:00(日本時間)から、第一回学術集会がwebにて開催され、参加国・地域における蛍光ガイド手術の現状などについて討議される予定です。
日本からも多くの先生方にご参加頂ければありがたく存じます。 (参加登録用リンク, 無料)
https://isfgs.org/asian-pacific-chapter/

20220304 <第5回学術集会演題募集を開始>
第5回学術集会の演題募集を開始致します。詳細はこちらをご参照下さい。
http://www.jsfgs2022.org/call-for-papers.html

20210922 <第5回学術集会> 日程発表
「テーマ:光が繋ぐ匠の技と科学の粋ー蛍光可視下手術が導く外科手術のパラダイムシフトー」 
当番世話人:青木 武士 先生(昭和大学医学部 消化器・一般外科 教授)
会場:コングレスクエア日本橋(東京)

20210610 2021年賛助会員を更新しました.

20210323 <第4回学術集会 事前登録開始(受付期間3/19~4/30)>
第4回学術集会(2021年5月14日(金)~15日(土)、高知市文化プラザかるぽーと)の事前参加登録が、3月19日より始まりました。
本研究会の個人会員は学術集会参加費が免除されますので、事前参加期間内(3月19日~4月30日)に新規入会または会員継続手続きをご検討ください(下記HPの左側サイドメニューより登録可能です)。
https://kwcs.jp/jsfgs2021/pre.html

20210303 <肝切除における蛍光イメージングの活用に関するwebinarのお知らせ>
Liver Surgery Goes Green: ICG Based Imaging - Feature or Benefits?... Lessons learnt from a global perspective. (参加リンク
https://app.livestorm.co/maxer-endoscopy-gmbh/liver-surgery-goes-greenl

2020/11/05 <第4回学術集会演題募集を開始>
第4回学術集会の演題募集を開始しました。詳細はこちらをご参照下さい。
https://kwcs.jp/jsfgs2021/theme.html

2020/09/15 <本研究会監修の書籍の発刊について>
本研究会が監修した書籍「術中蛍光イメージング実践ガイド:ラボからオペ室まで」が2020年10月1日にメジカルビュー社から発刊されます。ご質問や感想がございましたら本会事務局までお寄せください。   拡大画像

メジカルビュー社
Amazon

<賛助会員の広告>