No refusal policy

脳血管内治療 No refusal policy

いままで脳の手術というと頭を切って・頭蓋骨をドリルで開けて行う開頭手術でした。

最近、とくに脳血管の病気については、頭を切らずに脳血管内部から安全に手術を行えるようになってきました。異常な脳血管病変部までカテーテルという特殊な細い管を通して、脳血管内手術を行っています。

  • 脳血栓除去術ー術前

  • 除去した血栓

  • 脳血栓除去術ー術後

脳血栓除去術
脳梗塞は脳の血管が急に詰まって、脳に血が流れなくなって脳組織が壊死してしまう病気です。脳梗塞から脳を救うためには、一刻も早く脳の血管を再開通して脳に血を流してあげる必要があります。
とくに太い脳の血管が詰まってしまうと、tPA血栓溶解薬では脳血管が再開通する可能性が低いので、脳血管内手術で血栓除去を行います。
カテーテルを詰まった脳血管まで誘導して、カテーテル先端から血栓を専用ポンプで掃除機のように吸引除去します。それでも血栓が除去できずに脳血管の再開通が得られないときは、ステント状の金属性網で血栓を捕まえて血栓除去します。

  • 頸動脈ステント留置術ー術前

  • VasoCTによる造影

  • 頸動脈ステント留置術ー術後

頸動脈ステント留置術
クビの内頚動脈という血管が細くなってしまった、頚動脈狭窄に対する治療方法です。

頚動脈狭窄により、脳への血流が低下してしまったり、狭くなった部分に血栓が生じて脳梗塞の原因となります。まず風船で細くなった血管を拡げてから、自己拡張型の頚動脈用ステントを留置します。合併症が起きないように、色々な工夫をしています。

  • 術前

  • Coil塞栓術中 : Balloon assist

  • 術後

脳動脈瘤塞栓術
ほとんどのクモ膜下出血の原因が、脳動脈瘤破裂によるものです。破裂した脳動脈瘤内を慎重に軟らかい細いプラチナコイルで充填して、再破裂しないようにコイル塞栓術の治療します。原則として、全身麻酔をかけた状態で行います。

未破裂脳動脈瘤に対しても、予防的にコイル塞栓術を施行いたします。

  • ー術前

  • ー術後

脳腫瘍塞栓術
脳腫瘍を取り除く手術をする際に、栄養動脈塞栓術により術中出血量軽減する