がん患者さんに役立つレシピ

全国国立大学病院栄養部門会議 | Nutritio Department Conference of national university hospital

slider_image1
slider_image1
slider_image1

がん患者さんに役立つレシピ

 がんの治療は、治療開始時から継続時期においても心身共に良好な状態を維持、改善することが大切となります。
 がんの治療は、がんと診断された患者さんが、できるだけ快適に過ごすため、生活の質(quality of life : QOL)を
考えた治療ではありますが、体重減少や食欲不振により低栄養をきたすケースも少なくありません。
低栄養はがん治療そのものを中断しなければならない要因になります。さらには化学療法などの治療による副作用により味覚異常、嘔気、食欲不振等の症状が認められ、食事が摂りにくく、食事を作る方々の心も痛めることにも繋がります。私たちもこれらのご相談をお伺いし、共に考えて参りました。
 患者さんとその家族、調理を担当される方々のために、私たち全国国立大学病院栄養部門に所属する管理栄養士が
各施設で提供している料理をレシピ集としてまとめました。皆様のがん治療・療養の一助になれば幸いです。

全国国立大学病院栄養部門会議

がん患者さんに役立つレシピ
PAGE TOP