Manabe Lab.

千葉大学大学院医学研究院疾患システム医学

私達は多疾患併発(Multimorbidity)の基盤となる代謝/免疫/神経/循環システムの連携による恒常性の維持と疾患発症機序の解明を目指しています

生活習慣病やがんでは共通して、慢性炎症と代謝変動が疾患発症の基盤となります。私たちは心臓病、メタボリックシンドローム、糖尿病、慢性腎臓病やがんについて、慢性炎症と代謝の役割について研究を進めてきました。これらの研究を通して、マクロファージを始めとする免疫細胞が、心臓などの臓器の恒常性を維持することも見いだしています。さらに、免疫系、神経系、代謝系、内分泌系のリンクによって体がストレスに適切に対処する一方で、ある臓器で始まった病態が他の臓器へも拡大・波及することも明らかにしてきました。このような複数システムの連携による恒常性の維持機構や、細胞代謝・エピジェネティクス・シグナルのクロストーク、これらの加齢に伴う変化に着目し、生活習慣病とがんの分子メカニズムを解明し、新しい治療法へと結びつけたいと考えています。 私たちの研究室では、分子生物学(scRNA-seq、ChIP-seq、RNA-seq、ATAC-seq等)、細胞生物学(フローサイトメトリー等)、疾患モデル動物(細胞特異的遺伝子改変マウス)、in vivoイメージングといった広範な技術を活用しています。


特任研究員・特任助教/講師・大学院生募集中 JREC-IN


実験補助員募集中 JREC-IN




研究プロジェクト

私たちは多様な研究手法を駆使して、様々な角度から心不全や糖尿病を始めとする生活習慣病・加齢関連疾患のメカニズム解明を目指して研究を続けています。

例えば以下のようなテーマの研究を進めています。

  1. 臓器連関による恒常性の維持と病態の拡大 - 神経・免疫・代謝・循環システムの連携機序

  2. 細胞代謝・細胞間代謝連携による恒常性維持と病態の分子機序

  3. マクロファージの新たな制御機構と機能 - 免疫代謝連携、lncRNA

  4. 組織マクロファージ固有の機能を付与する微小環境・エピジェネティクス

  5. 加齢にともなう慢性炎症(炎症老化)誘導機序 - 幹細胞と炎症

  6. 炎症と再生のリンク