東北緩和医療研究会


Tohoku Kanwa-iryo
Kenkyu-kai


1997:Established

(Society for the Study of
Palliative Medicine in
Tohoku,JAPAN)

T O P

会則 活動紹介

あ ゆ み

リ ン ク
研究会新着情報

 



  あ ゆ み
 

  
年度 開催日  詳   細  会 場
 平成9年
3月15日
 第1回総会  ホテル
リッチ



9


 
 平成9年
6月21日
 第1回学術集会   
  演題1 「がん患者の痛みの治療」 
  演題2 「麻薬管理について」
宮城県
医師
会館 
 平成9年
9月6日

 第1回特別講演会
  主催:仙台ターミナルケアを考える会 、
      東北緩和医療研究会 

 仙台
市民
会館
 平成10年
1月
 請願「在宅医療におけるモルヒネ使用に対する
     保険適用のお願い」 
 厚生省保険局局長殿、健康政策局局長殿、
 日本医師会会長殿他宛
 
 平成10年
1月17日
 第2回学術集会   
   シンポジウム 「医療用麻薬をめぐる諸問題」 
  演題     
 艮陵
会館



10


 
 平成10年
6月30日
 日英緩和ケアワークショップ  艮陵
会館
 平成10年
7月1日
 主催:ブリティッシュカウンシル、宮城県、
     宮城県医師会、 WHO、
     東北大学医療管理学教室、
     東北緩和医療研究会
 141
ビル
スタ
ジオ
ホール
 平成10年
9月19日
 第2回総会
  当番世話人:濃沼 信夫
  (東北大学大学院医療管理学教室教授)
  特別講演 「緩和ケアにおける臨床研究」 
  シンポジウム 「どこまでやるか緩和医療」
 艮陵
会館
 平成11年
2月20日
 第2回特別講演
  当番世話人:小笠原 鉄郎
          (東北労災病院消化器科部長) 
  特別講演会 「緩和医療の理論と実践」
  症例検討 「エキスパートに聞く」
 艮陵
会館



11


 
 平成11年
9月4日
 第3回総会 
  当番世話人:筆田 廣登(仙台市立病院麻酔科部長)
  特別講演「リエゾン精神医学とサイコオンコロジー」
  一般演題
  症例検討会
 仙台市
福祉
プラザ
 平成12年
2月12日

 第3回特別講演会
  当番世話人:水柿 道直
   (東北大学医学部附属病院薬剤部教授)
  特別講演1 「超高齢化社会と緩和医療」
  特別講演2 「がん緩和ケア・痛み治療・
           コミュニュケーション・QOL」 

仙台
市民
会館



12


 
 平成12年
8月
 請願
 「在宅悪性腫瘍患者指導管理における調剤薬局での
 ディスポーザブル注入ポンプの保険取り扱いに関する
 要望書」
  厚生省保険局医療課、健康政策局経済課宛   
 
 平成12年
9月2日
 第4回総会
  当番世話人:中井 祐之(仙台厚生病院内科部長) 
  要望演題「緩和医療における私たちの小さな試み」 
  鼎談:緩和医療について「21世紀のがん緩和医療を
  担う若い人々をどのように育てるか」  
  特別講演「21世紀のがん緩和医療に求められるもの
   ~混沌とした進行再発がん医療の
     Breakthroughを目指して~」
艮陵
会館 
 平成13年
3月11日
 全国ホスピス・緩和ケア病棟連絡協議会宮城セミナー  
  後援:東北緩和医療研究会他   
  当番世話人:亀岡 祐一(光ヶ丘スペルマン病院)
仙台
市民
会館



13


 
 平成13年
9月29日

 第5回総会
  当番世話人:望月 泉
          (岩手県立中央病院小児外科部長)
  要望演題「各施設における緩和医療の取組みと悩み」
  特別講演 
  市民公開講座:パネルディスカッション
        「終末期医療をめぐって」 

岩手
教育
会館
 平成14年
2月13日

 第3回学術集会   
  当番世話人:山室 誠
     (東北大学医学部附属病院緩和医療部部長)
  全体討論とグループ別討論
        「よくわかる在宅セミナー」
  特別講演「いのちを囲むもの
    ~在宅ホスピスケアで学んだこと~」 
  例題によるパネルディスカッション 

 仙台
情報・
産業
プラザ



14


 
 平成14年
11月16日
 第6回総会
  主管:秋田県緩和医療研究会  
  現状報告「秋田県の緩和医療は今・・・」
  特別講演「より質の高いケアをめざして
     ー医療者に求められること、できることー」  
  演題      
 秋田県
総合
保健
センター
 平成15年
3月1日

 平成14年度末期医療患者のQOL推進講習会      
  主催:宮城県立がんセンター、東北緩和医療研究会、
      厚生労働省、財団法人 がん研究振興財団
  当番世話人:日下 潔
        (宮城県立がんセンター麻酔科科長)
  パネルディスカッション「緩和ケアにおける傾聴」
  特別講演
   「緩和医療とナラティブ・ベイスト・メディスン」 

 仙台市
情報・
産業
プラザ



15


 
 平成15年
9月27日
 第7回日本尊厳死協会東北支部大会 in 宮城 
  協賛:仙台ターミナルケアを考える会、
      東北緩和医療研究会
 
 平成15年
11月22日
 第7回総会
  当番世話人:蘆野 吉和(福島労災病院外科部長) 
  「地域に根ざした緩和医療をめざして」      
  プレイベント「がんの痛み治療の新たな展開」
          (11月21日) 
  ~あなたはがんの痛みでくるしんでいませんか~
   シンポジウム「今看取りを考える」 
    第1部「看取りの現状と問題点」   
    第2部事例検討   
  希望演題   
  一般演題
福島県
文化
センター
 


16


 平成16年
11月13日
 第8回総会 
  当番世話人:菊地 惇
        (山形県立中央病院緩和ケア病棟長)
  「緩和医療を見つめなおして
          ~より良いケアのために~」 
  特別講演
    「患者さんが満足する痛みの治療
          ー痛みの自己管理ー」
  シンポジウム
    「良好なQOLの実現に向けてー現状と問題点ー」
  一般演題             
山形
テルサ 
 


17


 平成17年
11月19日

11月20日
 第9回総会
  当番世話人:坂田 優(三沢市立三沢病院院長)
  「治療としての緩和医療」 
  イブニングセミナー「緩和医療におけるIVR」 
  モーニングセミナー
   「緩和ケアチームが目指すもの」 
   「消化器癌化学療法と緩和医療」  
  ランチョンセミナー
   「リンパ浮腫ケアーフェルディ式複合物理療法を
    中心にー」
  シンポジウム「治療としての緩和医療」
  パネルディスカッション「本音で語ろう緩和医療」
  一般演題
 古牧
第2,3,4
グランド
ホテル
 


18


 平成18年
10月7日
 第10回総会
  当番世話人:丹田 滋(東北労災病院 腫瘍内科)
  「チーム力!
    ー緩和ケアにおけるチーム医療の実践ー」
  事例検討「ケアに苦慮した経験」
  ホスピス緩和ケア週間について  
  教育講演「オピオイド研究の基礎から臨床まで」  
  ランチョンセミナー
    「呼吸困難の機序と対策」
    「オピオイドの効きにくいがんの痛みと治療」
    「緩和ケアにおける薬剤師の視点からの
     アプローチ」
  特別講演
    「患者に合わせたがん疼痛治療を行うためには」
  シンポジウム「チーム力!」 
  一般演題
 フォレ
スト
仙台



19


 
 平成19年
10月6日

 第11回総会
  当番世話人:望月 泉(岩手県立中央病院)
  「アイーナ」
  「地域に広がる緩和ケア」
  鼎談「地域における緩和ケア」
  ランチョンセミナー
    「いのちを支える緩和ケア
       ~その理念と実際~」
    「早期からの緩和ケア~疼痛緩和により円滑な
               がん治療が可能となった2症例を考える」 
    「緩和ケアと在宅医療連携」   
  特別講演「地域に広がる緩和ケア」
  地域住民の声「痛みの向こうへ」
  パネルディスカッション
    「緩和ケアにおける地域連携」  
   一般演題               

 いわて
県民
情報
交流
センター
 


20


 平成20年
10月4日
 第12回総会   
  当番世話人:丹羽 誠(秋田市立横手病院)
  「包括的がん治療の現実に向けて」   
  要望演題「緩和ケアチーム」
        「早期からの緩和ケア」
        「症状緩和の進歩」  
  ポスターセッション
  ランチョンセミナー
    「がん治療におけるコミュニケーションスキル」  
  特別講演
    「包括的がん治療における緩和ケアチームの
     役割と地域連携への取り組み」   
  パネルディスカッション
    「包括的がん治療の実現に向けて」   
 秋田県
総合
保健
センター



21


 
平成21年
8月22日 
 第13回日本尊厳死協会東北支部大会 
 協賛:仙台ターミナルケアを考える会、
     東北緩和医療研究会   
仙台
国際
センター
「橘」 
平成21年
10月17日 

 第13回総会 
  当番世話人:鈴木 雅夫
   (医療法人社団爽秋会
    ふくしま在宅緩和ケアクリニック)
  要望演題「生活を支える緩和ケア」
  ランチョンセミナー
    「がん終末期における消化器症状のケア
     特に消化管閉塞に対する治療について」
  特別講演「死にゆくことと『希望』」
  パネルディスカッション「生活を支える緩和ケア」

パルセ
いいざか
 


22


平成22年
10月16日 

 第14回総会
  当番世話人:星 宣次(山形県立中央病院)
  要望演題  
  ランチョンセミナー
    「地域緩和医療モデルの構築ー現状と今後ー」
  特別講演
    「緩和医療のなかで、どこまでがん治療を
     継続すべきか」
  シンポジウム「地域の緩和医療を阻む要因」

山形
テルサ
 


23


平成23年
9月23日

 第15回総会
  当番世話人:馬場 祥子(ときわ会病院)
  特別講演「緩和ケアの心」
  ワークショップ「支えあう心」
  ランチョンセミナー
   「がん患者のいわゆる難治性疼痛
    ~その評価と対応策~」
  要望演題 

青森
市民
ホール 
 


24


平成24年
10月13日 

 第16回総会
  当番世話人:中保 利通
        (東北大学大学院緩和医療学分野)
  要望演題  一般演題
  ランチョンセミナー 「看取りのケアを考える」
       -エビデンスと看取りのケアのクリニカル・パス-

  特別講演
   「がんの痛みの治療と緩和ケアを定着させるために」
   「より自由であることを目指して
         -緩和ケアにおけるQOLを考える-」

仙台市
情報・
産業
プラザ
 


25

平成25年
10月5日

 第17回総会
  当番世話人:木村 祐輔
       (岩手医科大学 外科学講座)
  要望演題  一般演題
  ランチョンセミナー 「緩和ケアの本質とは
          ~全人的ケア、死から生といのちを考える~」

  特別講演1
  「チームでつくるインフォームドコンセント」
  特別講演2
  「緩和ケアの目指すもの-ケアタウン小平チームの取り組み

いわて
県民
情報
交流
センター
アイーナ 


26

 平成26年
10月11日 
 第18回総会
  当番世話人:伊藤 登茂子
        (秋田大学 臨床看護学講座)
  一般演題
  パネルディスカッション ~事例検討会~
  ランチョンセミナー 「いのちを受けとめる町づくり 
              ~在宅ホスピスのススメ~」

  特別講演
   「いのちの輝きをひきだすケアを 
      ~訪問看護と暮らしの保健室の実践から~
秋田県
総合
保健
センター 


27

 平成27年
10月31日 
 第19回総会
  当番世話人:関 茂樹
        (星総合病院 緩和ケア医療科)
  一般演題
  シンポジウム~討論~「これでいいのか?緩和医療」
  ミニコンサート

  特別講演
   「がん治療と緩和ケアの統合、その多様性
ポラリス
保健
看護
学院 


28

平成28年
10月22日 
 第20回総会
  当番世話人:福島 紀雅
        (山形県立中央病院)
【テーマ】 「暮らしを支え、いのちを祝う 
           ~今、それぞれの場所で~」
  一般演題
  特別講演Ⅰ
   「写真が語るいのちのバトンリレー 
     ~被災地、紛争地、在宅看取りの現場から~」 
  特別講演Ⅱ・鼎談
   「東北の緩和ケア ~これまでとこれから~」
山形
テルサ 


29

平成29年
10月28日 
 第21回総会
  当番世話人:小枝 淳一
        (青森慈恵会病院)
【テーマ】 「どうなっちゃうの?緩和ケア」
  一般演題
  特別講演
   「ケアする自分を支える。無常の日常を生きる智慧」
 
 パネルディスカッション
   看護師・介護支援専門員・作業療法士が語る
  「それぞれの場所でのアドバンス・ケアプランニング」
ねぶたの家
ワ・ラッセ 


30

平成30年
10月27日
 第22回総会
  当番世話人:井上 彰
    (東北大学大学院医学系研究科 緩和医療学分野)
【テーマ】 「みんなに届く緩和ケア
     ~エビデンスとナラティブの統合を目指して~」
 一般演題 ケアカフェ 支部会ありかた総合討論
 特別講演
  1「環境と人が織りなす第3の場所=空間の持つ力
     ・マギーズ東京の試み」
  2「物語りを生むチカラ」
 
セミナー
 1「良質な緩和ケア実践のために、心を科学的に紐解く
  ための方法~診断時からのシームレスな精神心理的ケアのために~
 2「緩和ケアのエビデンス(というか研究)の来し方行く末」
仙台
国際
センター 



 
    事務局
   
岩手医科大学 緩和医療学科内
   
020-8505 盛岡市内丸19-1

    TEL 019-651-5111  FAX 019-907-1110
      E-mail: tki-kenkyukai@umin.org

 
事務局は2016年4月より岩手医科大学緩和医療学科内に移転しました。