本文へスキップ

SAGA Association of Psychiatric Clinics

メッセージMESSAGE

我々はどこから来たのか  我々は何者か  我々はどこへ行くのか

 佐賀精神科診療所協会は佐賀県で開業している精神科クリニック院長の集まりです。そう書くと人によっては、いわゆる業界団体というイメージをもたれる方がおられるかもしれません。しかし、この集団の実際は、そういったものとは一線を画していると私は考えております。

 佐賀県はご存じの通り九州の中でも小県です。人口も経済規模も小さく、高齢化は進んでいます。そこでは医師の数も多くなく、都会のように多数のなかの一人であることはできず、否応なく先頭に立って地域を背負っていかねばなりません。豪華さや派手さとも無縁です。その佐賀で医療を行う決断をした一人一人の医師は、それぞれ高い理想を掲げ、ただ地域を愛し、そこで生きていく覚悟と熱い気持ち、そして何よりも自信と実力を持った者たちと思われます。実際、医療のレベルは各々非常に高いものがあります。

 ただし、この地域医療の理想や目標は一人でなしえるものでは決してありません。地域では一人でやれることは限られていますし、長年月に渡って高いレベルを維持していくのには困難が伴います。中央から遠く情報過疎の中、気づいたら時代に取り残され、さらに地域の変化やニーズにもついて行けず、独りよがりな医療にならないとも限りません。そうならないためにも理想を持った者同士が協力し、学び合い、切磋琢磨し、地域との交流を通じて貢献し続けるよう、この協会がつくられた、と私は理解しております。

 近年、仲間は徐々に増えていることから、経済性・合理性優先、地方切り捨ての世の流れの中にありながらも、さらには個人主義、利己主義跋扈の時代にありながらも、それに流されない人々がいることを誇りに感じます。このような、真面目で熱く反骨精神に富んだ会員の集まる会が佐賀精神科診療所協会であります。地域の皆様、これからもどうかよろしくお願いいたします。

佐賀精神科診療所協会
 会長 松口 直成


社会活動


<学術講演会を開催しました>

日時:H29年7月27日(木)(18:50〜20:40)
場所:マリトピア3F「吉祥」

一般演題(19:00〜19:40):「オレキシン受容体拮抗薬の使用経験」
 演者 松永メンタルクリニック 松永 昌宏 先生
特別講演(19:40〜20:40):「認知症患者の不眠症の特徴」
 演者 医療法人厚生会道ノ尾病院 副院長 芹田 巧 先生

※ 日医生涯教育制度認定講座 1.5単位 カリキュラムコード [29 、20]
※ 地域包括診療加算等研修要件該当講座
共催:佐賀精神科診療所協会 ・ MSD株式会社







事務局

〒847-0053
佐賀県唐津市紺屋町1668-3    
こころクリニック内

TEL 0955-70-1001