ホーム » 奈良県糖尿病協会 » なら糖尿病デー

奈良県糖尿病協会

なら糖尿病デー

猛威を振るう糖尿病の危機的増大に対して、2006年12月20日、国際連合(国連)は国連総会で、国際糖尿病連合(IDF)が要請してきた「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を加盟192カ国の全会一致で可決しました。同時に、従来、IDFならびに世界保健機関(WHO)が定めていた11月14日を「世界糖尿病デー」として指定しました。この11月14日は、インスリンの発見と臨床応用でノーベル賞を授与されたフレデリク・バンチング博士の誕生日にあたります。IDFは決議に先駆け、”Unite for Diabetes”(糖尿病との闘いのため団結せよ)というキャッチフレーズと、国連や空の色を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」を使用したシンボルマーク(ブルーサークル)を採用しました。全世界での糖尿病抑制に向けたキャンペーンを推進しています。

わが国では、元々11月の第2週が全国糖尿病週間の期間と定められていましたが、2007年から「世界糖尿病デー」にあたる11月14日を含む週に変更されています。この期間には各地で糖尿病シンポジウムや予防キャンペーン、糖尿病啓発に関するイベントが計画されています。奈良県では、20数年にわたり毎年11月に奈良県・奈良市等行政と医師・歯科医師・看護師・栄養士・薬剤師・検査技師・理学療法士・歯科衛生士などの糖尿病診療に関わる医療者の後援・支援のもと、奈良県糖尿病協会主催の「なら糖尿病デー」と冠した市民公開講座が開催されてきました。今年も下記の内容で開催されますので、多数の皆様のご参加をお待ちしています。

「なら糖尿病デー2021」[動画配信]

奈良県糖尿病協会では、例年11月14日の世界糖尿病デーにあわせて、県民向けイベント「なら糖尿病デー」を開催してまいりました。本来であれば、イベント会場にて皆様と直接ふれあいながら糖尿病の学習や体験をしていただく予定でしたが、本年度の「なら糖尿病デー」は会場開催ではなく、「動画配信」という形で開催したいと思います。

糖尿病をお持ちの方だけでなく、ご家族、一般の方々のご視聴もお待ち致しております。

以下の動画リストより「動画タイトル」をクリックしていただきますと、動画を視聴していただくことができます。

歯科衛生士による「はつらつ健口体操」 臨床検査技師による「糖尿病ミニクイズ~検査~」 歯科医師による「知っていますか?歯周病と全身との関わり」 理学療法士による「やるシカない!?家庭でできる簡単な運動!」 薬剤師による「気になる!糖尿病薬に関するQ&A」 糖尿病と腎臓の関係 赤井先生 栄養士による「NTE栄養劇場」 糖尿病と眼の関係 山岸先生 糖尿病治療のエッセンス 増谷先生

第57回全国糖尿病週間行事 なら糖尿病デー2021[動画配信]

開催期間 2021年11月14日(日)~12月31日(金)
主催 奈良県糖尿病協会
専門医による

ミニレクチャー

「これだけは覚えてほしい糖尿病のエッセンス」
◆糖尿病治療のエッセンス 増谷剛先生:https://youtu.be/GT3IvsJppTg
◆糖尿病と眼の関係 山岸哲哉先生:https://youtu.be/4SgceRY7cTs
◆糖尿病と腎臓の関係 赤井靖宏先生:https://youtu.be/-6qmX1u4Xso
動画リスト ◆栄養士による

「NTE栄養劇場」:

https://youtu.be/mMCM0Wo8UJ4

◆薬剤師による

「気になる!糖尿病薬に関するQ&A」:

https://youtu.be/2dA2dbZcelY

◆理学療法士による
「やるシカない!?家庭でできる簡単な運動!」:

https://youtu.be/n3o9odHn9Eg

◆歯科医師による
「知っていますか?歯周病と全身との関わり」:

https://www.jda.or.jp/tv/43.html

◆臨床検査技師による

「糖尿病ミニクイズ~検査~」:https://youtu.be/lRkKVmbtxVk

◆歯科衛生士による

「はつらつ健口体操」:

https://youtu.be/naYuPpEEs24

 

過去の「なら糖尿病デー」


ページトップ