第35回日本皮膚外科学会総会・学術集会

プログラム

日 程

配信開始:10月17日(土)8:00 ~    配信終了: 10月18日(日)18:00

教育講演

教育講演(ライブ配信)LIVE(2020年10月18日㊐ 10:30~11:30)

皮膚幹細胞再生メカニズムとその臨床応用
玉井克人(大阪大学大学院医学系研究科 再生誘導医学寄附講座)

特別企画

「皮膚外科学第2版を深読み~皆で喧々諤々~」

  1. 鼡径郭清:血管の裏側も必要か?
    大原國章(赤坂虎の門クリニック)
  2. 含皮下血管網遊離全層植皮法(塚田法)について
    南祥一郎(市立伊丹病院 皮膚科)
  3. 集蔟性痤瘡及びニキビ跡ケロイドの凍結療法
    冨士森良輔(冨士森形成外科医院)
  4. 爪部黒色腫の術前ダーモスコピー診断
    田中 勝(東京女子医科大学東医療センター 皮膚科)
  5. 超音波検査と組織の対比 隆起性皮膚線維肉腫の超音波所見を通して
    沢田泰之(東京都立墨東病院 皮膚科)
  6. Trichophytic closure の被髪頭部手術への応用
    内 博史(九州がんセンター 皮膚腫瘍科)
  7. 先天性巨大色素性母斑に対するcurettage
    前田文彦(前田皮膚科クリニック)

共催セミナー

共催セミナー1(ライブ配信)LIVE2020年10月17日㊏ 12:00~13:00

「メラノーマ領域における最新動向」

  1. 免疫チェックポイント阻害剤の現状と課題~実臨床の経験から~
    高橋 聡(国立がん研究センター中央病院 皮膚腫瘍科)
  2. 手術可能なメラノーマにおける免疫チェックポイント阻害薬の役割とメラノーマ手術の今後の動向
    中村泰大(埼玉医科大学国際医療センター 皮膚腫瘍科・皮膚科)

共催:MSD株式会社


共催セミナー2(ライブ配信)LIVE2020年10月17日㊏ 17:00~18:00

「メラノーマの薬物療法 ─免疫チェックポイント阻害薬を中心に─」

  1. メラノーマに対する多角的治療戦略 -国立がん研究センター中央病院での免疫チェックポイント阻害薬の使用経験を含めて-
    並川健二郎(国立がん研究センター中央病院 皮膚腫瘍科)
  2. 皮膚外科医こそが主導するメラノーマ診療・包括ケア
    松下茂人(独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター 皮膚腫瘍科・皮膚科)

共催:小野薬品工業株式会社/ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社


共催セミナー3(ライブ配信)LIVE2020年10月18日㊐ 12:00~13:00

BRAF遺伝子変異陽性メラノーマの治癒に向けた治療戦略:アジュバントから進行期まで
藤澤康弘(筑波大学皮膚科)

共催:ノバルティス ファーマ株式会社

一般演題

    ◆テーマ演題「皮膚外科と超音波」
  1. 当科における皮膚外科領域での体表超音波検査活用法 PART2
    田中 了1、青山裕美1、畠 二郎2
    1)川崎医科大学 皮膚科、2)同 検査診断学
  2. 皮膚外科と超音波ドプラ聴診器
    伊藤孝明、永井 諒、和田吉弘、谷口怜子、草壁みのり、夏秋 優
    兵庫医科大学 皮膚科
  3. 当院での超音波ガイド下末梢神経ブロックの経験とそのトレーニングについて
    伊藤周作、小西里沙、小川大貴、本田理恵
    日立総合病院 皮膚科
  4. 爪下悪性黒色腫における術前体表エコーでの爪母同定の有用性
    山本洋輔、松澤高光、松江弘之
    千葉大学大学院医学研究院 皮膚科学
  5. 術前の超音波検査で末節骨の部分的温存が可能であった爪下有棘細胞癌
    中島康爾、福井智久、相樂千尋、会津隆幸、中野 創、澤村大輔
    弘前大学 皮膚科
  6. 下肢静脈瘤にて紹介されたが、下肢エコーを契機に肺血栓塞栓症が見つかった3例
    八代 浩、関根史織、長谷川義典
    福井県済生会病院 皮膚科
  7. 体表超音波検査を行った顆粒細胞腫の3例
    川原 祐1,2、細川祐太郎1、内田千恵1、壷井聡史1、吉岡勇輔1、沢田泰之1
    1)都立墨東病院 皮膚科、2)君津中央病院 皮膚科
  8. 皮膚エコーが皮内異物の検出に有用であった2例
    新井陽介、矢口順子、角田孝彦
    山形市立病院済生館 皮膚科
  9. 術前に超音波検査で腫瘍の広がりを評価した頭頸部基底細胞癌の2例
    緒方 大、並川健二郎、陣内駿一、筒井啓太、名嘉真健太、高橋 聡、山崎直也
    国立がん研究センター中央病院 皮膚腫瘍科

  10. ◆一般演題1 「感染症・膿皮症・炎症性疾患」
  11. 感染性粉瘤を契機に発症した広範囲ガス壊疽の一例
    大西友理、丸山彩乃、小阪健一郎、牛田真奈加、小森寛之、金久史尚、小森敏史、浅井 純、 加藤則人
    京都府立医科大学 皮膚科
  12. 体幹に生じたガス壊疽の1例
    杉浦周嗣、加藤 威、布施まゆか、中西健史、田中俊宏、藤本徳毅
    滋賀医科大学 皮膚科
  13. 臀部化膿性汗腺炎の術後にアダリムマブを使用し良好な経過をたどった1例
    三浦慎平、渡部大輔、天野博雄
    岩手医科大学付属病院 皮膚科

  14. ◆一般演題2「皮膚潰瘍・創傷」
  15. Leriche症候群に伴う大腿切断後皮膚潰瘍と術後臀部皮膚障害の1例
    堀川永子1、財部愛菜1、中村 良2
    1)宮崎県立宮崎病院 皮膚科、 2)宮崎県立宮崎病院 整形外科
  16. デブリートメント、EVTを繰り返すことで、さらには、植皮後にフットウェアを作製することで、救済しえた糖尿病性足病変の2例
    藤田真文、角南志保、畑昭宇、高瀬早和子、西村陽一、太田深雪、立花隆夫
    大阪赤十字病院 皮膚科
  17. トラベクテジンの血管外漏出による壊死性潰瘍
    日高太陽、堀内あゆみ、大森 俊、岡田悦子、中村元信
    産業医科大学 皮膚科学教室
  18. CVポート部より漏出したトラベクテジンによる広範囲壊死の2例
    杉原 悟1、池田賢太1、山﨑 修1、下江敬生2、中村圭一郎3、森実 真1
    1)岡山大学病院 皮膚科、2)福山医療センター 皮膚科、3)岡山大学病院 産婦人科

  19. ◆一般演題3「母斑・良性腫瘍」
  20. 自家培養表皮(ジェイス®)を用いた先天性巨大色素性母斑の外科治療の経験
    西山幸佑1、坂本翔一1、西口麻奈1、国本佳代1、貴志知生2、吉益隆3、山本有紀1、神人正寿1
    1)和歌山県立医科大学 皮膚科、2)海南医療センター 皮膚科、3)吉益クリニック
  21. ほくろ除去効果をうたうクリームにより皮膚壊死を生じた1例
    今村太一
    今村皮ふ科形成外科
  22. 外傷性神経腫と診断した女性外陰部有痛性結節の1例
    眞部恵子、瀧川充希子、浅越健治
    国立病院機構岡山医療センター 皮膚科

  23. ◆一般演題4「悪性黒色腫」
  24. 黒毛が腫瘍の進展と治療効果を反映した頭部悪性黒色腫の1例
    長谷川巧1、飯野志郎1、北風光平1、加藤卓浩1、尾山徳孝1、長谷川稔1、加畑大輔2
    1)福井大学医学部附属病院 皮膚科、2)福井市
  25. ニボルマブ・イピリムマブ併用療法中に無菌性髄膜炎を発症した足底悪性黒色腫の1例
    吉田康幸、勝尾公祐、桑井 匠、八木洋輔、滝本莉子
    福井赤十字病院 皮膚科
  26. Primary dermal melanomaの1例
    結城大介1、結城明彦1、武居慎吾1、中村杏奈1、阿部理一郎1、梅津 哉2、佐々木仁3
    1)新潟大学医歯学総合病院 皮膚科、2)同 病理部、3)新潟市民病院 皮膚科

  27. ◆一般演題5「基底細胞癌・有棘細胞癌」
  28. 低色素性、無色素性基底細胞癌の辺縁同定におけるダーモスコープの有用性の検討
    武藤一考1、土居礼一1、嘉多山絵里1、今村太一2、猿田 寛3、名嘉眞武国4
    1)久留米大学病院 皮膚科、2)今村皮ふ科形成外科、3)猿田皮膚科、 4)久留米大学病院 皮膚科
  29. 耳介に生じ4年後9年後に再発した浸潤型基底細胞癌の1例
    岸 晶子、吉田亜希、大原國章、林 伸和
    虎の門病院 皮膚科
  30. Queyrat紅色肥厚症の1例
    立花宏太1、大江秀一1、田中麻理1、小豆澤宏明2、爲政大幾1
    1)大阪国際がんセンター 腫瘍皮膚科、2)奈良県立医科大学 皮膚科(あずきざわ皮膚科)
  31. ハイリスク型HPVを検出した紅色肥厚症の1手術例
    宮田和法1、呉 雨昇1、山本克志2、三石 剛1
    1)東京女子医大八千代医療センター 皮膚科、2)八千代台皮膚科
  32. Spindle cell squamous cell carcinomaの一例
    尾本大輔、佐々木奈津子、田代朋子、岡田悦子、中村元信
    産業医科大学 皮膚科

  33. ◆一般演題6「乳房外Paget病など・その他」
  34. 腋窩に生じた乳房外Paget病の2例
    塚本智大、持田耕介、長野愛実、後田優香、天野正宏
    宮崎大学医学部附属病院 皮膚科
  35. 再発を繰り返し、術後5年で遠隔転移を生じた頭部アポクリン腺癌
    大西正純、三浦慎平、中川倫代、角田加奈子、天野博雄
    岩手医科大学 皮膚科
  36. 鼻背全体の平坦な潰瘍を呈したBasosquamous cell carcinomaの1例
    齋藤晋太郎、安田正人、西尾麻由、須藤麻梨子、岸 史子、茂木精一郎
    群馬大学医学部附属病院 皮膚科
  37. 生検で有棘細胞癌と診断された巨大易出血性悪性増殖性外毛根鞘腫の1例
    簑原沙和
    昭和大学 形成外科学講座
  38. 若年女性の耳垂部に生じた腺様嚢胞癌の治療経験
    野尻岳1、上森友樹1、内山美津希1、東名怜1、林礼人1、伊勢友加里2、金子高英2、須賀 康2、 髙森建二2、肥後隆三郎3
    1)順天堂大学付属浦安病院 形成外科・再建外科、2)順天堂大学付属浦安病院 皮膚科 3)順天堂大学付属浦安病院 耳鼻咽喉科

  39. ◆一般演題7「リンパ節生検・郭清」
  40. 腋窩リンパ節郭清後に腋窩神経麻痺を起こした一例
    角総一郎1、前川武雄1、神谷浩二1、小宮根真弓1、大槻マミ太郎1、伏間江貴之2
    1)自治医科大学附属病院 皮膚科、2)慶應義塾大学
  41. 骨盤内リンパ節郭清術における腹壁切開法の差異による術後合併症のupdate data-
    石月翔一郎、中村泰大、寺本由紀子、馬場夏希、佐々木克仁、齋藤晋太郎、浅見友梨、松谷泰祐、今村太一、佐藤さゆり、山本明史
    埼玉医科大学国際医療センター 皮膚腫瘍科・皮膚科
  42. 悪性黒色腫患者のリンパ節における組織像とelastography所見の比較検討
    田中隆光、鎌田昌洋、大西誉光、多田弥生
    帝京大学
  43. 同一の腋窩リンパ節にセンチネルリンパ節が検出された、前腕と胸部の2か所の悪性黒色腫の1例
    中村貴之、石月翔一郎、岩崎理子、藤澤康弘
    筑波大学 皮膚科

  44. ◆一般演題8「手術手技・再建・治療法」
  45. Mohsペーストによる組織固定の評価に小型サーモグラフィーが有用であった乳癌の皮膚浸潤症例
    倉繁祐太1,2
    1) TMGあさか医療センター 皮膚科、2)倉繁皮ふ科医院
  46. 下眼瞼皮膚癌に対する全層切除後再建 -後葉再建を省略した5例-
    佐々木仁、松井 悠、高塚純子、竹之内辰也
    新潟県立がんセンター新潟病院 皮膚科
  47. 植皮生着メカニズム解明を目的とした植皮片の生体モニターデータの解析
    小田隆夫、加藤裕史、中村元樹、森田明理 
    名古屋市立大学 加齢・環境皮膚科
  48. Reading man flapで再建した肩部Bowen病の1例
    菅原基史1、小松麻衣1、松谷泰佑1、土井春樹1、岸部麻里1、山本明美1、高橋美有生2
    1)旭川医科大学 皮膚科、2)大西病院 形成外科
  49. 経皮的膀胱瘻造設術を用いた女性外陰部皮膚悪性腫瘍の手術
    尼木麻実1,2、南祥一郎1、南佳容子3、岩田裕之4
    1)市立伊丹病院 皮膚科、2)兵庫医科大学 皮膚科、3)有馬高原病院 皮膚科、 4)市立伊丹病院 泌尿器科
  50. 鼻尖部周囲の小欠損に対する回転皮弁による修復
    中谷祥子、田中菜々子、八尋知里、高井利浩
    兵庫県立がんセンター 皮膚科
  51. 肛門内病変に対する生検について
    西村季紘
    獨協医科大学埼玉医療センター 皮膚科
  52. 内視鏡的粘膜下層剥離術を併用した肛囲乳房外パジェット病の治療経験
    坂本翔一1、松下茂人1、青木恵美1、山村健太郎1、蓑川葉子1、前田拓郎2、塗木健介3、島岡俊治4、北薗正樹5
    1)鹿児島医療センター 皮膚腫瘍科・皮膚科、2)同 消化器内科、3)同 消化器外科、 4)南風病院 消化器内科、5)同 外科・消化器外科

  53. ◆一般演題9「術後管理・周術期管理・その他」
  54. 抗生剤投与期間による植皮生着率の検討
    永井幸司郎、宮川卓也、尾松淳、高岡真梨子、淡路健太郎、船水薫、三宅智美、佐藤伸一
    東京大学医学部付属病院 皮膚科
  55. 当科における小児局所麻酔手術について
    武藤律子、川上理子、小林里実
    聖母病院 皮膚科
  56. 習得が容易となった植毛術の時代を迎えて ~ただし、FUE(Follicular Unit Excision)の評価は忘れずに~
    山本一仁
    ウェルネス ビューティ クリニック 大阪院
  57. 植皮片の収縮に関する検討
    菅 崇暢1、村上絵美1、松原大樹1、河合幹雄2、秀 道広1
    1)広島大学病院 皮膚科、2)かわい皮ふ科クリニック
  58. 当科で行った90歳以上の手術症例98例の臨床的検討
    松原大樹1、菅 崇暢1、河合幹雄2、秀 道広1
    1)広島大学病院 皮膚科、2)かわい皮ふ科クリニック

  59. ◆ポスター:一目ご覧ください
  60. Subungual schwannomaの2例
    堀内あゆみ1,2、長谷川道子1、田村敦志1
    1)伊勢崎市民病院 皮膚科、2)産業医科大学 皮膚科
  61. 慢性線溶亢進型DICをきたし治療に難渋した坐骨部褥瘡の1例
    岡村 愛1、小林昇平1、小室明人1、小林忠弘2、濱口儒人2、松下貴史2、朝倉英策3、林 朋恵3
    1)金沢大学附属病院 形成外科、2)同 皮膚科、3)同 血液内科
  62. 超音波検査で深達度を評価した有棘細胞癌の1例
    安仁屋僚1、田中隆光1、向井 慶1、鎌田昌洋1、大西誉光1、菊池良直2、多田弥生3
    1)帝京大学医学部付属病院 皮膚科、2)同 病理診断科、3)帝京大学
  63. 臀部の巨大神経線維腫に対して術前に動脈塞栓術を行った1例
    江川昌太1、田中隆光1、加藤和夏1、鎌田昌洋1、大西誉光1、望月 眞2、近藤浩史3、多田弥生1
    1)帝京大学医学部附属病院 皮膚科、2)同 病理診断科、3)同 放射線科
  64. 爪周囲の腫瘍とエコー所見
    佐藤友隆、青山和弘、鈴木友博
    帝京大学ちば総合医療センター