トップページ > 資格更新制度

資格更新制度Updating system

資格取得・資格更新を受けてから5年後が更新年になります。
個別のご案内はしておりませんので 申請期間及び手続きについては
ホームページをご確認ください。 (更新年をお忘れの方が多いのでご注意ください。)

資格更新の方法

  1. 1.血管診療技師(CVT)認定資格は機構規則にもとづき5年で失効するが、資格更新申請者について、機 構において審査を行い、適格と判定したものに更新認定証を交付する。

  2. 2.資格更新の条件は下記の3項目を満たす必要がある.
    【1】日本国における、臨床検査技師・看護師・臨床工学技士・診療放射線技師・准看護師のいずれかの資格を有していること。
    【2】CVT資格取得後、病院・診療所・保健所等において脈管専門医の指示のもと血管診療に従事していることが望ましい(必須 ではない)。
    【3】CVTの認定または前回の資格更新を受けてから5年間に、次に定める単位を50単位以上取得していること。

  3.  5年毎のクレジット制(50単位以上)となります。
     以下の単位数を参考にして更新までに50単位以上を取得してください。

     1)構成4学会総会への参加  10単位
     2)構成4学会総会での発表 (筆頭演者)  20単位
     3)構成4学会雑誌への論文掲載(筆頭者)  30単位
     4)構成4学会雑誌への論文掲載(共著者)  5 単位
     5)日本血管外科学会地方会への参加  5単位
     6)CVT認定講習会への参加 7単位
     7)日本医学会分科会 総会(地方会は含まない)への参加  5 単位
     8)弾性ストッキングコンダクター講習会 への参加 4単位(2016年9月1日以降の講習会より適用)
     9)更新用講習会 への参加 3-5単位
     10)5)〜8)での血管に関する発表や講師  4単位
     11)指定社会的貢献活動/イベントへの参加 (単位数は都度認定) (2013年7月1日以降申請されたものより施行)

     単位数は研究会・講習会・講演会の時間で決定する(実質時間で受付時間等は含まない)
      1.5時間以上3時間未満:3単位
      3時間以上5時間未満:4単位
      5時間以上:5単位


    ※1 構成4学会:日本血管外科学会・日本脈管学会・日本静脈学会・日本動脈硬化学会(2014年4月18日より施行)
    ※2 出席については,更新時に1)、5)〜8)に関しては、出席したことを証明する書類(参加証,領収証)の原本またはコピーを添付する。9)に関しては、単位数の明記された書類(ただし,返却は行わない)
    ※3 発表の単位は、出席の単位に加算される.
    ※4 発表及び論文については、それらを確認できる別刷またはコピーを添える。
    ※5 各単位は加算方式にて取得できる。

  4. 3.資格更新を受けようとする者は、申請期間中(資格有効期限の約6カ月前に詳細公示)に下記の書類を提出し、資格更新審査・認定料を納付しなければならない。
    【1】資格更新申請書
    【2】業績単位表
    【3】業績単位を証明するもの(上記2−【3】参照)
    【4】更新審査手数料(5千円)の納付
    ※【1】と【2】は郵送と電子メール、【3】は郵送のみでの提出を行う。

  5. 4.特別な事情(下記参照)の場合には、証明書を添付して更新保留申請をすることができる。保留期間はどのような理由でも1回の申請では1年間の保留まで、数年にわたる場合には毎年保留申請を行う。保留を受けるのは原則2回まで(最長2年)とする。なお、更新保留期間中は血管診療 技師(CVT)を呼称することができない。
    更新保留申請を受けようとする者は同様の申請期間中に下記を提出しなければならない。
    【1】更新保留申請書
    【2】更新保留を証明する公的書類(留学証明、出産証明、部署移動証明等)
    【3】保留申請手数料3,000円

  6. ※「特別な事情」に関する規定
    海外留学・在留、長期病気療養、産休、育児休業、家族の介護、血管診療に関わらない業務への異動、進学等
    上記のいずれにも該当しない場合には個別に判断される。

  7. 5.「血管診療技師(CVT)」の認定をすでに受けている者は、認定期間中の再受験はできない。従って,認定更新条件が満たせないため5年毎の再受験を行い、資格を継続することはできない。
    但し、認定期間満了資格失効後,翌年度以降であれば認定試験が受験できる。


  8. (2013年7月1日改正)
  9. (2014年4月18日改正)

更新用講習会

血管診療技師認定試験に合格された方には、5年毎の更新手続きをお願いしています。更新手続きには50単位以上の取得が必要です。更新用講習会を受講して いただくことにより、3〜5単位を取得できます。 このページでは開催予定の更新用講習会をご紹介しています。各講習会の詳細は主催者までお問い合わせください。

※各講習会の参加証に単位数が記載されていることを必ず確認して下さい。単位数の記載がない参加証は無効です。

毎年定例開催の講習会はこちら




take ABI in Yao


日時

2016年9月22日 9:00‐17:00
実質講習時間 8時間

会場

八尾市立病院(大阪府)

対象者

一般市民

認定単位

5単位

講習会費

無料

代表世話人

星田 四朗 先生

目的

動脈硬化疾患の予防や診療についての啓発

内容

ABI計測
腹部エコー
頸動脈エコー
市民公開講座による講演

連絡先

〒581 - 0802
大阪府 八尾市北本町2丁目15番25号
松尾クリニック 内科
松尾 汎
Tel: 072 - 991 - 6586
Mail: hiro-matu@fan.hi-ho.ne.jp





TAKE! ABI 2016 in KANSAI


日時

2016年9月25日 10:00‐16:00
実質講習時間 5時間

会場

関西医科大学総合医療センター(大阪府)

対象者

一般市民

認定単位

5単位

講習会費

無料

代表世話人

駒井 宏好 先生

目的

一般市民への動脈硬化症啓発

内容

ABIを無料測定し医師が評価し説明する。また市民公開講座を併施する。
PROGRAM

連絡先

〒570 - 8507
大阪府 守口市文園町10−15
関西医科大学総合医療センター 血管外科
駒井 宏好
Tel: 06 - 6992 - 1001
Mail: komaihir@takii.kmu.ac.jp





第15回茨城フットケア研究会


日時

2016年9月29日 19:00〜21:00
実質講習時間 2時間

会場

ホテル・テラスザガーデン水戸(茨城県)

対象者

医師、看護師、検査技師、理学療法士

認定単位

3単位

講習会費

500円

代表世話人

土田 博光 先生

目的

フットケアの診療・研究に携わる医師及びコ・メディカルが、それぞれの視点から意見を交換し、フットケアの質の向上、患者のQOL向上に寄与することを目的とした研修会をおこなう。

内容

症例発表と特別講演をおこなう。
PROGRAM

連絡先

〒310 - 0803
茨城県 水戸市城南2−1−20 南ウイング水戸ビル3階
大正富山医薬品株式会社 茨城第2営業所
塩沼 裕道
Tel: 080 - 1005 - 9107
Mail: h-shionuma@mx.taishotoyama.co.jp





日本高血圧学会・日本超音波医学会合同企画
『血圧診療に関わる血管診断検査セミナー』


日時

2016年10月1日 10:30-17:00
実質講習時間 6.5時間

会場

仙台国際センター(宮城県)

対象者

高血圧診療に携わる医師(勤務医・開業医),研修医,血管診療技師,
臨床検査技師,薬剤師 ,看護師,医学生

認定単位

5単位

講習会費

第39回日本高血圧学会総会の参加費と同じ
(医師 ¥15000, 海外からの参加医師・日本在住の外国人留学生 ¥6000,
コメディカル ¥3000, 学生 無料)

代表世話人

阿部 倫明 先生

目的

『第39回日本高血圧学会総会(会長 伊藤貞嘉教授)が、2016年9月30日(金)〜10月2日(日)の3日間、仙台国際センター・新展示施設において開催されます。本総会のテーマは、「明るい健康社会に寄与する高血圧学」です。10月1日(土)に日本高血圧学会・日本超音波医学会合同企画『血圧診療に関わる血管診断検査セミナー』を共催します。 高血圧は最も診療患者数の多い血管のcommon diseaseです。高血圧には脳心腎血管疾患などさまざまな動脈硬化性合併症が知られており、その早期治療のためには、様々な生理機能検査による合併症評価が重要です。また高血圧の原因精査にも生理機能検査は有用です。しかしながら、生理機能検査の有用性・重要性が十分に理解されてないため、中核病院・地方病院の中には、血管診療検査(あるいはVascular Lab.)がない施設がまだ多数あります。本セミナーでは、血管診療検査の重要性を啓蒙することを目的とし、様々な生理機能検査(今回は心・血管・腎の超音波検査、中心血圧、FMD、ABI/PWVなど)の最新知識と技術習得を学べます。』

内容

高血圧診療に大変に有用な生理学的検査(中心血圧,FMD,ABI/PWV,家庭血圧測定,心エコー,頚動脈エコー,下肢動脈エコー,腎動脈エコー)について、検査の意義や使用方法について講義と実演を組み合わせたセミナーです。また、臨床検査技師・理学療法士・看護師・臨床工学士のみで血管診療についてのパネルディスカッション(チーム医療セッション 「メディカルスタッフにおける高血圧・脈管診療のかかわり」)を行う。
http://www.congre.co.jp/39jsh/

連絡先

〒980 - 8574
宮城県 仙台市青葉区星陵町1-1
東北大学病院 総合地域医療教育支援部
阿部 倫明
Tel: 022 - 717 - 7587
Mail: michiabe@med.tohoku.ac.jp





尾三地区 VTE エキスパートミーティング


日時

2016年10月4日 19:00〜20:30
実質講習時間 1.5時間

会場

JA尾道総合病院 付属館5F 会議室(広島県)

対象者

医師、看護師、臨床検査技師、放射線技師

認定単位

3単位

講習会費

無料

代表世話人

大峰 高広 先生

目的

広島県尾道地区における深部静脈血栓症診療技術向上

内容

広島県尾道地区における深部静脈血栓症診療技術向上を目的としたエコーハンズオンセミナーを30分、CVTである広島赤十字原爆病院浅野技師が中心となって行う。そのあと、60分の深部静脈血栓症診療の実際として循環器内科岡田武規医師が講演を行う。
PROGRAM

連絡先

〒730 - 8619
広島県 広島市中区千田町一丁目9-6
広島赤十字・原爆病院 血管外科
大峰 高広
Tel: 082 - 241 - 3111
Mail: takahchan@yahoo.co.jp





下肢血管病の無侵襲診断を考える会


日時

2016年10月8日 18:00-20:00
実質講習時間 2時間

会場

川崎病院 北館 2階ホール(岡山県)

対象者

医師、看護師、臨床検査技師、放射線技師、臨床工学技士、学生他

認定単位

3単位

講習会費

無料

代表世話人

森田 一郎 先生

目的

本会は岡山県内の心臓・血管疾患の診断法で特に非侵襲的な無侵襲診断法に携わるすべての医療従事者に、十分な議論と活発な発表の場を提供し、最終的には地域医療に貢献することを目的とする

内容

事業)本会は上記目的を達成するために下記の事業を行う。
 1)学術集会、学術講演会、研究会などの開催
 2)国内の関係学術団体との連携
 3)その他研究会の目的達成のために必要な事業
本会は 1回/年の開催とする
PROGRAM

連絡先

〒700 - 0804
岡山県 岡山市北区中井町2-5-1
心臓病センター榊原病院 血管外科
石田 敦久
Tel: 086 - 225 - 7111
Mail: ishida06gaji12tigers@yahoo.co.jp





第19回日本栓子検出と治療学会(エンボラス学会)


日時

2016年10月14日 8:30-18:00
2016年10月15日 8:30-15:00
実質講習時間 10時間

会場

神戸国際会議場(兵庫県)

対象者

医師、臨床検査技師、看護師

認定単位

5単位

講習会費

医師10,000円 コメディカル2,000円 ハンズオン2,000円

代表世話人

坂井 信幸 先生

目的

本学会は1998年に研究会として発足し、2003年に学会へと発展しました。内山真一郎理事長の学会HPのご挨拶にありますように「本学会は血栓塞栓(エンボラス)の検出と血栓塞栓症の治療に関連する、あらゆる領域の研究を対象とした、幅広い分野をカバーする、学際的な学会」です。医学・工学・薬学など様々な分野の医師、研究者、コメディカルスタッフ、企業関係者の参加を得て学際的に活発な討論を行うことが重要と心得ております。
2016年のテーマは、「みつける、ふせぐ、なおす」としました。

内容

脳卒中に関連した話題として最近「ESUS: Embolic Stroke of Undetermined Source(塞栓源不明の脳塞栓症)」という概念が注目されるようになっています。隠れた塞栓源を見逃さずに適切な予防手段を講じるのが本道であるはずであり、塞栓源を見つけるという意味では敗北を意味する「ESUS」という概念に敢えて挑戦したいと思います。隠れ心房細動をみつける、PACは危険因子か、右左シャントを見逃さない、DVTを見逃さない、大動脈粥腫の脳梗塞リスク、Trousseau症候群、など、話題はつきません。
また、ワルファリンだけだった抗凝固薬治療は、NOAC(非ビタミンK拮抗型経口抗凝固薬)の登場により、まったく新しい世界が開かれました。心房細動にとどまらずその適応が拡がろうとしていますので、抗血栓療法の今後の展望、血管内治療後の適切な抗血栓マネージメントなどを議論して頂きたいと思います。そして、塞栓症の診断と治療に新たな局面を切り開きつつある心血管のデバイスを用いた治療についても是非取り上げたいと思っています。もちろん、本学会の大きなテーマの1つである深部静脈血栓症、災害時医療についても議論を深めたいと思います。
http://embolus2016.umin.jp

連絡先

〒650 - 0047
兵庫県 神戸市中央区港島南町2-1-1
神戸市立医療センター中央市民病院 脳卒中センター
藤堂 謙一
Tel: 078 - 302 - 4321
Mail: embolus2016-office@umin.net





第5回 Vasucular Nursing 実技セミナー


日時

2016年10月15日 13:00-16:00
実質講習時間 3時間

会場

ホテル日航奈良(奈良県)

対象者

すべての医療従事者

認定単位

4単位

講習会費

1000円

代表世話人

溝端 美貴 先生

目的

血管看護に必要な知識と技術の取得

内容

CVTを取得した看護師らが、講師を務める。
今後CVTの取得を目指す看護師や、臨床で血管看護に携わる看護師らのために血管検査やフットケアなどを実践する。(ハンズオンセミナー)
看護師だけでなく、すべての医療従事者の参加が可能。
PROGRAM
http://nursecvt.wixsite.com/vascular-nurse

連絡先

〒589 - 0001
大阪府 大阪狭山市東野西1-950-30
大阪労災病院 看護部
溝端 美貴
Tel: 072 - 366 - 8866
Mail: mizobatamiki@yahoo.co.jp





VTE Total Management


日時

2016年10月21日 19:00-21:00
実質講習時間 2時間

会場

第一三共株式会社 12F会議室(広島県)

対象者

医師、看護師、臨床検査技師、放射線技師

認定単位

3単位

講習会費

無料

代表世話人

大峰 高広 先生

目的

広島における静脈疾患(主に深部静脈血栓症)に関する啓蒙活動

内容

下肢静脈疾患の予防・治療に関する二名の講師を招き、広島市中病院の医師・看護師・臨床検査技師および放射線技師を対象に講演を行う。深部静脈血栓の診断と治療総論を広島赤十字・原爆病院の大峰医師が講演を行い、下肢静脈瘤と深部静脈血栓症に関して広島逓信病院院長杉山先生が講演を行う。
PROGRAM

連絡先

〒730 - 8619
広島県 広島市中区千田町一丁目9番6号
広島赤十字・原爆病院 血管外科
大峰 高広
Tel: 082 - 241 - 3111
Mail: takahchan@yahoo.co.jp





神経血管セミナー 広島CVT連絡会


日時

2016年10月27日 17:50-20:00
実質講習時間 2時間

会場

広島赤十字原爆病院 東棟9階 講堂(広島県)

対象者

医師、看護師、臨床検査技師、放射線技師

認定単位

3単位

講習会費

無料

代表世話人

大峰 高広 先生

目的

広島地区におけるCVT同士のエコーによる術前評価技術の研鑚を目的に行っている

内容

広島地区におけるCVTの、CVTによる、CVTのためのセミナーである。参加者はCVTまたはCVT取得を目指すものとし、対象者の興味がある内容で行っている。今回は血管造影に対する放射線技師の関わり、整形外科医に対する術前神経エコーの有用性、そして下肢動脈エコーの講演を予定している。CVTの明日の診療に役立つ内容と考えている。
PROGRAM

連絡先

〒730 - 8619
広島県 広島市中区千田町一丁目9番6号
広島赤十字・原爆病院 血管外科
大峰 高広
Tel: 082 - 241 - 3111
Mail: takahchan@yahoo.co.jp





第25回ACC:Akita Coronary Conference


日時

2016年10月29日 17:00-20:30
実質講習時間 3時間

会場

秋田市民交流プラザ アルヴェ(秋田県)

対象者

医師、検査技師、看護師、レントゲン技師ほか

認定単位

3単位

講習会費

1000円

代表世話人

佐藤 匡也 先生

目的

メディカル、コメディカルが同じ目線でものを考えて行けるように、メディカルはコメディカルの話を、コメディカルはメディカルの話を一緒に聞いてお互いの理解を深めてほしいという願いでカンファランスを続けております。

内容

秋田県PCI研究会は心血管系の治療におけるチーム医療の向上を目的として活動しております。
PROGRAM

連絡先

会津中央病院 循環器科
Tel: 090 - 4883 - 4857
Mail: tsatotan@gmail.com





第2回こしのくにVenousForum


日時

2016年10月30日 10:00-15:00
実質講習時間 4時間

会場

金沢医科大学教育棟(石川県)

対象者

医師、看護師、検査技師

認定単位

4単位

講習会費

医師3000円、その他1000円

代表世話人

四方 裕夫 先生

目的

北陸地方で静脈疾患の診察に関わる医療従事者の交流を深めると共に、日常診療における課題などについてコ・メディカルスタッフを含めた発表や研鑽の場を提供する

内容

北陸地方で静脈疾患に取り組んでおられる施設やこれから取り組もうとされている施設のコ・メディカルを中心に、それぞれの施設での工夫、経験、疑問点など討論の場を設ける
プログラム
10:05〜11:00 特別講演「下肢静脈瘤の歴史」
11:00〜11:45 一般演題「下肢静脈瘤の治療・術後ケア」
13:00〜14:00 協賛講演「静脈血栓症」
14:00〜15:00 一般演題「下肢静脈瘤の検査」
http://koshinokunivenousf.wix.com/koshinokuni-vf

連絡先

〒532 - 0011
大阪府 大阪市淀川区西中島4−6−24 大拓ビル9
株式会社インテグラル バスキュラー製品事業部
園 大輔
Tel: 06 - 6195 - 3644
Mail: daisukesono@integral.to





TAKE ABI in 富良野


日時

2016年10月30日 9:00 - 16:00
実質講習時間 8時間

会場

富良野協会病院(北海道)

対象者

CVT

認定単位

5単位

講習会費

無料

代表世話人

東 信良 先生

目的

市民公開イベント「 TAKE! ABI 2012 in 富良野」では、動脈硬化の指標であるABI値(足関節上肢血圧比)を専用医療器具を用いて測定し、動脈硬化の程度を判定、異常のあった方には医療相談を実施することで、血管疾患に関する理解・啓蒙と、地域住民の健康増進および社会奉仕を目的とする。

内容

動脈硬化の指標であるABI値(足関節上肢血圧比)を専用医療器具を用いて測定し、動脈硬化の程度を判定、異常のあった方には医療相談を無料で実施する

連絡先

旭川医科大学外科学講座 血管外科
内田 大貴
Tel: 0166 - 68 - 2492
Mail: daiki96@asahikawa-med.ac.jp





エコー淡路2016


日時

2016年11月5日 13:00-18:00
2016年11月6日 9:00-15:55
実質講習時間 10時間

会場

兵庫県立淡路夢舞台国際会議場(兵庫県)

対象者

医師、臨床検査技師、放射線技師、看護師、学生、その他医療関係者

認定単位

5単位

講習会費

1日:16,000円 2日:26,000円 ハンズオン別途: 5,000円

代表世話人

松尾 汎 先生

目的

心・血管領域の超音波検査における相互の知識取得とともに、循環器領域全体としての診療レベル向上を目的とする。

内容

心臓と血管は密接に関連していることから、心エコー検査に際しては血管エコーの知識が、血管エコーを施行する場合には心エコーの知識が必要となるが、本セミナーでは、これから心・血管エコーを臨床で活用したいと思っている医療関係者がエコーの知識を取得できるだけでなく、普段心エコーあるいは血管エコーの一方しか施行していない医師、技師が、他方の知識や技術を習得できるようなプログラムにて開催する。
http://us-lead.com/echo-awaji/

連絡先

〒194 - 0022
東京都 町田市森野1-31-8-2 コンフォートピア町田A
アスリード株式会社内 エコー淡路2015運営事務局
阿部 竜彦
Tel: 042 - 711 - 6872
Mail: echoawaji@us-lead.com





九州支部卒後教育研修会(生理部門研修会)


日時

2016年11月12日 12:30〜18:00
実質講習時間 4.5時間

会場

大分市医師会立アルメイダ病院(大分県)

対象者

臨床検査技師・看護師・臨床工学技士・診療放射線技師 

認定単位

4単位

講習会費

臨床検査技師 3,000円
看護師・臨床工学技士・診療放射線技師 5,000円

代表世話人

加藤 由希子 先生

目的

被災地での急性期から慢性期の活動報告から新たな活動を考える

内容

下肢静脈エコーの標準化、弾性ストッキングの指導法、Dダイマーの測定方法など
被災地で必要と思われた人員、事、物品
日本臨床衛生検査技師会
PROGRAM

連絡先

〒870 - 1195
大分県 大分市大字宮崎1905-2
大分市医師会立アルメイダ病院 臨床検査科
加藤 由希子
Tel: 097 - 569 - 3121
Mail: yukiko2522@yahoo.co.jp





会津美腎の会


日時

2016年11月13日 9:00〜15:00
実質講習時間 5.5時間

会場

会津中央病院(福島県)

対象者

超音波施行技師、医師

認定単位

5単位

講習会費

代表世話人

佐藤 匡也 先生

目的

末梢血管障害、特に腎動脈障害の診断に有用な超音波技術を高めることが目的

内容

超音波診断を行っている、主に福島県の技師、医師を対象に、エコー技術の向上はもとより、基本的な事項の勉強や治療の方法についても座学で勉強する
PROGRAM

連絡先

会津中央病院 循環器病センター
佐藤 匡也
Tel: 0242 - 25 - 1515
Mail: tsatotan@gmail.com





第1回関東甲信越Venous Forum


日時

2016年11月13日 9:00〜15:30
実質講習時間6.5時間

会場

大手町ファーストスクエアカンファレンス(東京都)

対象者

医師、看護師、検査技師

認定単位

5単位

講習会費

医師5000円、コメディカル1000円

代表世話人

広川 雅之 先生

目的

日本静脈学会の地方会として、関東甲信越において静脈学にかかわる医師、コメディカルに静脈学を普及・啓蒙し、さらには新たな研究や治療の開発の場を提供する

内容

年1回の研究会の開催
http://kantokoshinetsuvf.wix.com/kkvf
PROGRAM

連絡先

〒162 - 0842
東京都 千代田区神田駿河台2-1-4
ヒルクレスト御茶ノ水5階
お茶の水血管外科クリニック
第1回関東甲信越Venous Forum事務局
広川 雅之
Tel: 03 - 5281 - 4103
Mail: kantokoshinetsuvf@gmail.com





第1回神奈川血管検査研究会


日時

2016年11月19日 14:00〜17:15
実質講習時間 3.25時間

会場

横浜南共済病院 生理検査室(神奈川県)

対象者

血管診療に従事する方全般

認定単位

4単位

講習会費

1000円

代表世話人

孟 真 先生

目的

脈管系の疾患について学び血管診療に携わる医療従事者としての知識・技術の向上を図る

内容

脈管関連の講習会(実技含む)や症例検討会の開催
PROGRAM

連絡先

〒236 - 0037
神奈川県 横浜市金沢区六浦東1-21-1
横浜南共済病院 臨床検査科 生理検査室内
Tel: 045 - 782 - 2101 内線 1121
Mail: kanagawavascular@gmail.com
*参加は事前登録制です
*参加希望者はメールにて氏名・所属名・連絡先・職種をお知らせください
*参加者には後日連絡させて頂きます





東海ライブ研究会CPAC
(Complex Peripheral Angioplasty Conference) 2016


日時

2016年11月25日 17:00‐21:30
2016年11月26日 8:00‐18:30
実質講習時間 13時間

会場

ロワジールホテル豊橋(愛知県)

対象者

医師、コメディカル、企業関係者

認定単位

5単位

講習会費

医師・企業関係者:10,000円、コメディカル:5,000円、研修医・学生:無料

代表世話人

鈴木 孝彦 先生

目的

循環器内科医のみならず、末梢動脈疾患にかかわるあらゆる診療科が集まり、集学的に治療することを目指します。

内容

ライブデモンストレーション、教育講演、ハンズオン等

http://www.tokailive.org/cpac/

連絡先

〒160 - 0022
東京都 新宿区新宿1-9-1 NEOX新宿ビル7F
株式会社テクロス CPAC 事務取扱
沼山 ひとみ
Tel: 03 - 5341 - 4670
Mail: cpac@tokailive.org





第8回 関東CVT連絡会


日時

2016年12月3日 15:15〜18:40
実質講習時間 3時間

会場

赤坂パークビル13階 日本GE株式会社(東京都)

対象者

医師、臨床検査技師、診療放射線技師、看護師ほか

認定単位

4単位

講習会費

1,000円

代表世話人

井上 芳徳 先生

目的

血管診療の知識を正しく普及、発展させ、患者が安全で有効な診療が受けられるようにするため、これらに関する知識と技術、情報の共有を図ると共に、会員相互の親睦を図ることを目的とする。

内容

最新の治療法、及び新技術など血管診療に関するセミナー
大血管・末梢血管疾患における症例検討
PROGRAM

連絡先

東邦大学医療センター大森病院 臨床生理機能検査部
八鍬 恒芳
Tel: 03 - 3762 - 4151
Mail: kanto.cvt@gmail.com




毎年定例開催の講習会

このページでは、毎年定例で開催予定の更新用講習会をご紹介しています。取得単位数は講習時間により異なり、目安は以下のとおりです。 

※講習会の内容によっては単位が認められていない場合もございます。講習会に参加される際には必ず取得単位数を主催団体に確認してください。単位数の記載がない参加証は無効です。

 1.5時間以上3時間未満 3単位
 3時間以上5時間未満 4単位
 5時間以上 5単位



北海道血管検査法研究会  


開催時期

8月頃
開催地域
北海道
代表者
社会医療法人 製鉄記念室蘭病院 大谷則史 先生
連絡先
社会医療法人 製鉄記念室蘭病院
〒050-0076 北海道室蘭市知利別町1-45
Tel 0143-44-4650
Fax 0143-47-4352
寺澤 史明 terasawa-fumiaki@nshp-muroran.or.jp
次回開催
2016年8月21日(日)
北海道血管検査法研究会第10回セミナー

PROGRAM
http://www.ms-muroran.jp/




熊本心血管エコー懇話会  


開催時期

2,7月頃,年2回開催
開催地域
熊本
代表者
済生会熊本病院 西上和宏 先生
連絡先
済生会熊本病院
〒861-4193 熊本市近見5-3-1
Tel 096-351-8000(2001)
Fax 096-351-8884
富田文子 ayako-tomita@saiseikaikumamoto.jp




日本フットケア学会学術集会・セミナー


開催時期

10月,2月,春と秋の年2回開催
開催地域
各地
代表者
湘南鎌倉総合病院 小林修三 先生
連絡先
日本フットケア学会事務局
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-1-30 イタリア文化会館ビル8F
(株)メディカルトリビューン
Tel 03-3239-7264
Fax 03-3239-7225
長谷川  info@jsfootcare.org
http://www.jsfootcare.org/ja/
次回開催
2016年10月9日
第13回びわこセミナーin京都

http://convention.jtbcom.co.jp/footcare2016/index.html




東北頸動脈研究会   


開催時期

7月頃 
開催地域
仙台 
代表者
岩手医科大学 小川彰 先生
連絡先
岩手医科大学 脳神経外科学
〒020-8505 岩手県盛岡市内丸19-1
Tel 019-651-5111(内線6605)
Fax 019-625-8799
小笠原邦昭  khata@iwate-med.ac.jp




日本下肢救済・足病学会  


開催時期

4〜5月頃
開催地域

代表者
杏林大学保健学部・医学部形成外科学 兼担教授 大浦 紀彦先生
連絡先
日本下肢救済・足病学会事務局
〒169-0072
東京都新宿区大久保2-4-12 新宿ラムダックスビル9階
株式会社春恒社 内
Tel. 03-5291-6231
Fax. 03-5291-2176
jlspm-office01@shunkosha.com
http://www.jlspm.com/
次回開催
2016年5月27日-28日
第8回日本下肢救済・足病学会学術集会

http://jlspm8.umin.jp/




Echo Cardio Vascular Conference


開催時期

4,8,12月頃,年3回開催
開催地域
熊本
代表者
済生会熊本病院 西上和宏 先生
連絡先
済生会熊本病院
〒861-4193 熊本市近見5-3-1
Tel 096-351-8000(2001)
Fax 096-351-8884
早川 裕里  yuri-hayakawa@saiseikaikumamoto.jp




滋賀臨床動脈硬化研究会   


開催時期

4,11月頃,年2回開催 
開催地域
滋賀
代表者
済生会滋賀県病院 中村 隆志 先生
連絡先
済生会滋賀県病院 臨床検査科
〒520-3046 滋賀県栗東市大橋2-4-1
Tel 077-552-1221(3348)
Fax 077-552-9846
畑 久勝 seiri@saiseikai-shiga.jp
次回開催
2016年10月29日(土)14:00〜18:00
第22回滋賀臨床動脈硬化研究会

会場:ピアザ淡海 滋賀県立県民交流センター 207会議室
PROGRAM




京滋血管診療フォーラム   


開催時期

2月頃 
開催地域
京都
代表者
京都大学大学院医学研究科 木村剛 先生
連絡先
京都大学医学部付属病院検査部
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
Tel 075-751-3492
Fax 075-751-3758
米田 智也 keiji.vascular.forum@gmail.com




大阪血管エコー研究会    


開催時期

4〜3月,年5〜6回開催 
開催地域
大阪
代表者
北播磨総合医療センター 久保田 義則 先生
連絡先
大阪血管エコー研究会HP
http://kekkanecho.com
大阪血管エコー研究会事務局
細井 亮二 office@kekkanecho.com
次回開催
2016年度第1回研究会
日時:2016年4月28日




京都脳神経・脈管超音波研究会


開催時期

3,11月頃,年2回開催
開催地域
京都
代表者
国立循環器病研究センター 久保田 義則 先生
連絡先
医仁会武田総合病院 心・血管エコー室
〒601-1495 京都市伏見区石田森南町28-1
Tel 075-572-6331
Fax 075-572-6422
鮎川 宏之  Kyoto_nvs_jimukyoku@yahoo.co.jp
http://kyotonvuss.sakura.ne.jp/




足を診る会     


開催時期

7月頃,年1回開催 
開催地域
岡山県 ホテルグランヴィア岡山
代表者
川崎医科大学付属病院 種本和雄 先生
連絡先
〒700-0973 岡山市北区下中野402−4
大塚製薬株式会社 尾崎徹
Tel 086-244-3405
Fax 086-244-1233
次回開催
2016年7月21日(土)
第17回 足を診る会

会場:倉敷アイビースクエア「フローラルコート」




茨城心臓大血管リハビリテーション運動生理研究会プログラム


開催時期

11月頃開催
開催地域
水戸市
代表者
日立製作所ひたちなか総合病院 山内孝義先生
連絡先
興和創薬株式会社 水戸営業所つくば連絡所
小林 弘和
Mail hiro-kobayashi@kowa-souyaku.co.jp




濃尾ペリフェラルインターベンション研究会


開催時期

9月〜10月頃
開催地域
愛知県,岐阜県
代表者
愛知医科大学病院 石橋宏之先生
連絡先
〒503-8502 岐阜県大垣市南頬町4丁目86番
大垣市民病院   診療検査科
奥村 恭己
Tel 0584-75-5715
Mail chuho@omh.ogaki.gifu.jp
次回開催
2015年10月17日(土)
第10回 濃尾ペリフェラルインターベンション研究会

http://www.hsnt.or.jp/~npi/




Vascular Lab in 出雲


開催時期

3月頃
開催地域
島根県出雲市
代表者
島根大学医学部 石橋 豊 先生
連絡先
〒693-8501 島根県出雲市塩冶町89-1
島根大学医学部附属病院
田中 延子
Tel 0853-20-2581(070-6690-5896)院内PHS
Mail tanaka-n@med.shimane-u.ac.jp
次回開催
2016年3月5日(土)
第8回Vascular Lab in 出雲

PROGRAM




岡山末梢血管カンファレンス


開催時期

3,9月頃, 年2回開催
開催地域
岡山県岡山市
代表者
諸国慎太郎クリニック 間野 正之 先生
連絡先
〒700-0804 岡山市北区中井町2−5−1
心臓病センター 榊原病院
石田 敦久
Tel 086-225-7111
Mail sakakibara.jp@sakakibara-hp.com
岡山末梢血管カンファレンス 会則(PDF)
次回開催
2016年9月12日(月)
第20回岡山末梢血管カンファレンス

日時:2016年9月12日(月)19時20分〜21時30分
会場:岡山市立市民病院 1階 多目的ホール
当番幹事 心臓病センター榊原病院 末梢血管外科 石田 敦久
PROGRAM(PDF)




東海血管検査研究会


開催時期

年1回 8〜9月頃
開催地域
愛知県
代表者
済生会松坂総合病院 山本 幸治 先生
連絡先
〒470-1192 愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1-98
藤田保健衛生大学病院 超音波センター
高井 洋次
Tel 0562-93-2203
Mail gacha@fujita-hu.ac.jp
http://tokai-vascular.kenkyuukai.jp/
次回開催
2016年9月11日(日)
第4回 東海血管検査研究会

日時:2016年9月11日(日)9:00〜17:00
会場:藤田保健衛生大学 生涯教育研修センター2号館




更新用講習会の申請/社会的貢献活動を主催される方へ


更新用講習会/社会的貢献活動を主催される方へ

このページは、血管診療技師認定更新のための更新用講習会/社会的貢献活動単位認定申請用ページです。申請制度は、血管診療技師の研修と単位取得の機会を多くするために設けたものです。会を主催される先生は、ぜひ申請していただきますようお願いいたします。 以下の点にご留意ください。

・認定申請には、会の代表者、座長、講師、または演者等に4学会いずれかの評議員または理事が含まれ、会の内容がCVT資格更新に相応しいと判断いただいた場合申請可能です。

・申請は開催の2ヶ月前までに行なって下さい。
 (認定審査には1か月かかる場合もありますのでご了承下さい。)

・必要事項にご記入いただきませんと、審査が遅れる場合や許可できない場合もありますので、正確にご記入ください。また、更新単位は、「血管」に関する講習内容1時間以上が対象となりますので、プログラム内容およびタイムテーブルがわかる資料を添付してください。当機構で言うところの「血管」とは、臓器外にあると思われる血管のことを指しています。よって心臓や脳などは対象外です。

下記の申請用フォームより必要事項を記入の上ご送信下さい。
必ずご確認いただき、内容に不備があった場合は、お手数ですがもう一度登録手続きを行ってください。

更新講習会申請フォーム


入力項目や認定について質問のある場合はCVT事務局までメールでお願いします。

 

Site Menu

Copyright(C) 血管診療技師認定機構 All Rights Reserved.