私たちは、自然に優しい生活を応援します。

CVT認定機構WEBサイト へようこそWelcome to CVT authorization mechanism

ごあいさつ

cvt_logo

 2006年日本血管外科学会、日本脈管学会、日本静脈学会の3学会構成による血管診療技師認定機構が発足し、わが国ではじめてのCVT(血管診療技師)が 誕生しました。2015年9月には第10回の認定試験が多数の受験者のもと無事終了しました。CVTの数は1,011人となりました。また、全国の都道府県に1名以上のCVTが存在することになりました。この認定機構は、わが国におけるバスキュラーラボの発展とその 特殊性の認識とが相まって必要が高まり、誕生し、継続してきたと考えて良いと思います。そのバックグラウンドには、心臓治療とは異なる血管治療が、循環器治療の一分野として独立、発展、研究へとつながってゆく道が見えてきたと言えるかもしれません。
 ここ10年の重症血管患者、複雑血管疾患の増加は診療科としてのレベルを高め、手技の熟練度に一層の磨きを必要としてきまし た。2014年からは日本動脈硬化学会も構成学会となり、4学会がCVTの母体となることになりました。脈管専門医も増えて、ますますの協力体制が望まれるところとなりました。我が国の血管診療の実情は、血管疾患の良き理解者であり、非侵襲的検査の出来る協力者の必要性が急激に増加してきていると言えます。認定機構はこれらの技師を育成し、認定 業務を通じて社会に貢献することを目的としています。全ての病院関係者の理解なくしてこの目的は、達成出来ません。今後ともよろしくお願いしたいと思います。

(代表幹事)                       
東京医科歯科大学名誉教授 つくば血管センターセンター長
岩井武尚

CVT認定講習会情報

サンプルイメージ

2016年度 開催日程
第30回5月28日(土) 東京 【終了】
第31回6月25日(土) 弘前 【終了】
第32回8月21日(日) 札幌 【終了】
第33回10月15日(土) 奈良【終了】
※各セミナーの詳細情報は決定次第、順次掲載します。

CVT認定試験情報

2016年度 第11回血管診療技師認定試験
試験日:10月2日(日) 会場:文京学院大学

合格発表はこちら

CVT認定資格更新情報

2016年度 血管診療技師認定資格更新

2016年度申請受付は終了いたしました。
申請受付期間:2016年7月1日(金)〜8月31日(水)

お知らせ

弾性ストッキングコンダクター講習会に参加されますと、CVT認定資格更新単位4単位が認められることになりました。
(2016年9月1日以降に開催された講習会より適用)
更新の際は受講証明書のコピーを提出してください。
(受講証明書に単位数の記載はありません)

Copyright(C) 血管診療技師認定機構 All Rights Reserved.