理事長挨拶

理事長就任にあたって

日本心臓血管外科学会 理事長 横山 斉の写真

特定非営利活動法人日本心臓血管外科学会
理事長 横山 斉

2018年2月に第8代理事長に就任いたしました。これまでの理事6年および常務理事5年の理事会活動の経験を生かし、本会の発展に微力ながら、全力を尽くして理事長の職責を全うする所存です。理事の方々の叡智を結集し、ご尽力のもとに学会運営にあたりたいと考えています。会員の先生方の引き続きのご支援ご協力をお願いいたします。

本学会は50年の歴史と伝統を持つ日本の心臓血管外科を牽引してきた学会です。近年は、第6代高本眞一理事長(2006~11)および第7代上田裕一理事長(2012~17)のリーダーシップにより、社会的活動範囲を一層広げ発展してきました。2012年に学会理念(Mission)を策定し、将来計画(Vision)のもとに各部会/委員会が理念達成のための活動(Action)を展開しております。

JCVSD(日本心臓血管外科手術データベース機構)との連携による医療の質向上プロジェクト、若手外科医師(Under 40)の意見を反映させる学会運営、および 専門医制度と連携した学術集会の活性化など、ここ数年に新たに立ち上がった学会活動を今後も一層加速いたします。学術団体として学会員のための活動だけではなく、社会のニーズに応え本邦の心臓血管外科医療の発展にも取り組んでいく所存です。

会員の皆様の一層のご支援とご協力を重ねてお願いいたします。