教室のメンバー


大学院生・卒論生・研究生の紹介はこちらです


教員

川上 憲人 教授

 公衆衛生学の出身で、産業精神保健、精神保健疫学の専門家です。とくに職業性ストレスに関する研究,地域住民の精神保健疫学研究を中心とし,幅広い研究活動を行っています。これらの領域に関心の高い大学院生の研究指導と学部学生の精神保健学教育などを担当しています。「 川上教授の連絡先」「 川上教授からのご挨拶


宮本 有紀 准教授

 保健学科出身の精神看護学の専門家です。精神障害者の看護および地域支援に関わる課題などについて幅広い研究活動を行っており、これらの領域に関心の高い大学院生の研究指導と学部学生の精神看護学教育などを担当しています。


西 大輔 准教授

 精神科医としての臨床経験を活かしつつ、うつ病やPTSDの予防、レジリエンスをテーマとして、妊婦、災害救援者、労働者など様々な集団を対象に幅広い研究活動を行っています。


今村 幸太郎 特任講師

 職場のメンタルヘルスが専門で、認知行動療法を用いた労働者のうつ病予防やメンタルヘルスの向上について研究しています。


澤田 宇多子 特任助教

 職場の対人間の礼節や尊重に働きかけ、労働者のメンタルヘルスの向上を目指す研究をしています。


帯包 エリカ 特任助教

 小児科医としての小児科経験を活かし、小児虐待予防や周産期メンタルヘルスに関する研究を行っています。


その他のスタッフ

南澤 三恵子 (職員)
mieko@m.u-tokyo.ac.jp

呉 心之 (職員)

清水 悦子 (職員)