調査の方法

2019年2月に行われた当教室の研究対象者で、20歳から59歳までの全国のフルタイム一般労働者(4120名)を対象に、2020年3月からオンライン追跡調査を実施しました。対象者はオンライン調査会社のパネルから、性別と年齢階級が均一になるように抽出されました。データは匿名化されていますが、調査会社のIDで管理され、追跡調査が実施できるようになっています。

2019年2月の研究調査における対象者の適格基準

調査項目

調査では、性別・年齢・業種・企業規模・学歴・居住地といった基本属性に加えて、新型コロナウイルス感染症に対する企業内の対策がどれくらい行われているか、新型コロナウイルス感染症に対する不安、職場でのコロナ関連ハラスメント、新型コロナウイルス感染症に関するメディア視聴時間、ストレスの状況などを聴取しています。それぞれの追跡調査で少しずつ調査票の内容は改変されています。

調査時期と回答者数

第1回:2020年3月19日~22日 1448名
第2回:2020年5月22日~26日 1032名(追跡率72.6%)
第3回:2020年8月7日~12日 1181名(追跡率83.1%)
第4回:2020年11月6日~12日 1172名(追跡率80.9%)
第5回:2021年2月4日~10日 1171名(追跡率80.9%)
第6回:2021年3月19日~25日 1153名(追跡率79.6%)
第7回(予定):2021年6月 

対象者の追跡フロー