2012年 東医体・医療系レガッタ

河口湖で、山梨大学主管の東医体でした!

クルー

対校4+ SIEG (東大A)
C 高岡真哉 4年
S 小巻奨吾 2年
3 先山 慧 3年
2 元山海秀 2年
B 清水啓介 4年

4+ TETSUMON (東大B)
C 人見 秀 6年
S 藤谷茂太 6年
3 高野 隼 1年
2 齋藤充宏 1年
B 山本 周 2年

W1×
S 藤井綺香 4年

以上、3クルーの出場となりました。

東医体・レース結果

男子4+

予選A

レーン クルー名 500m 1000m 着順
東大A 1:51.91 3:41.58
慶應 1:43.35 3:29.59
自治B 1:50.70 3:39.54
東北B 1:50.44 3:38.57
岩手A 1:46.52 3:37.25
北大 1:40.80 3:29.29

東大B 予選敗退

予選B

レーン クルー名 500m 1000m 着順
福島B 1:51.09 3:40.57
自治A 1:44.80 3:32.02
東大A 1:45.66 3:31.52
岩手B 2:08.31 4:20.83
杏林A 1:49.35 3:49.19

東大A 準決勝進出

準決勝

レーン クルー名 500m 1000m 着順
杏林A 1:51.92 3:35.75
岩手A 1:59.49 3:41.82
東大A 1:48.31 3:31.07
福島A 1:41.93 3:25.25
自治A 1:43.30 3:26.71
東北A 1:42.66 3:27.93

東大A 準決勝敗退

女子1×

決勝

レーン クルー名 500m 1000m 着順

東大優勝

レース結果は近日掲載予定です

女子1×…藤井が序盤から他のクルーに差をつけ、堂々の1着で金メダルを獲得しました。
男子対校4+…予選は難なく勝ち上がったものの、準決勝では他校との実力の差を見せつけられました。前半500mで先を行く3艇に差をつけられ、後半もその差を縮めることはできませんでした。
男子4+…予選通過を目標に奮闘するも、あと一歩届きませんでした。

医療系レガッタ・レース結果

クルー

対校4+ SIEG (東大A)
C 高岡真哉 4年
S 小巻奨吾 2年
3 先山 慧 3年
2 元山海秀 2年
B 清水啓介 4年

4+ TETSUMON (東大B)
C 人見 秀 6年
S 藤谷茂太 6年
3 高野 隼 1年
2 齋藤充宏 1年
B 山本 周 2年

以上、2クルーの出場となりました。

東大A→決勝6位

東大B→予選C敗退(5位)

レース結果は近日掲載します。

updating...

男子対校4+…決勝進出を果たすも、十分にタイムを伸ばす事が出来ず、悲願のメダル獲得はなりませんでした。
男子4+…対校艇に囲まれる中、スタートから思いきって仕掛けるものの、予選通過はなりませんでした。



今大会は男子のメダル獲得はならず不本意な結果に終わりましたが、フォアは2009年以来の決勝進出であり、B艇も新入生が2人乗っている中で他校と引けをとらぬ成績を残し、成長を感じさせる大会でもありました。来年の東医体・医レガでは表彰台に上がれるよう一層努力してまいりますので、引き続き鉄門漕艇部の応援をよろしくお願いいたします。


大会風景は後ほど掲載します。