ちくわぶ

シャワーはぬるめで

ちくわぶ 30代 乳がん

在宅時のホットフラッシュ対策でいちばん手軽かつ効果のあるのは、やっぱりシャワー。一気に体を冷やせるので日に何度も浴びていました。

その際に大事なのが、温度。冷水のシャワーは、その時は気持ちいいのですが、後になって熱さがぶりかえしてしまいます。

おすすめは「ぬるめ」。熱気が逃げる程度のぬるま湯を浴びると、シャワーの後も涼しさが長続きするように感じます。扇風機との合わせ技が特に有効。

「風邪ひくよ!」と注意されることもしばしばありましたが、こうでもしないと生きていけませんでした。ホットフラッシュ時にシャワーを浴びるときは、それぞれの適温を試してみると良いと思います。

この執筆者による他の記事

ちくわぶの自己紹介(37歳で乳がん・女性)

私のホットフラッシュ、強情なんです

再就職と副作用

真冬限定、ホットフラッシュ対策

ホットフラッシュ、新たな趣味