臨床研究

感染症内科、感染制御部で実施されている臨床研究

東京大学医学部附属病院感染症内科、感染制御部では以下の臨床研究を実施しております。

◆肝炎ウイルス遺伝子・蛋白の多様性と病態との関連に関する検討 審査番号2305-(2) 

◆若年成人のB型肝細胞癌の実態調査 審査番号10822

◆C型肝炎ウイルス及びヒト免疫不全ウイルスの重感染者に対するソホスブビルを用いた治療の前向きおよび後向き多施設共同コホート研究 審査番号10996

◆医療関連感染サーベイランス 審査番号2187-(2)

◆カイコを用いた臨床分離菌の病原性の検討 審査番号3296-(2)

◆臨床分離微生物の疫学的、細菌学的解析(包括的後ろ向き研究)審査番号3538-(4)

◆肺炎桿菌感染症の臨床像と病原因子の研究 審査番号10788

◆大腸菌による菌血症を伴う感染症の臨床像と病原因子の研究 審査番号10799

◆Staphylococcus epidermidisにおけるバイオ フィルム形性能とMALDI-TOF MS法によるマススペクトルパターンの関連性についての検討(多施設共同後向き観察研究) 審査番号11180

◆メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の臨床的、微生物学的解析ー後ろ向き観察・他施設共同研究ー 審査番号11569