患者さんへ

診療体制


感染症内科では、ウイルス、細菌などをはじめとする、すべての病原微生物に起因する感染症を対象としています。また内科領域を中心とした、すべての臓器にまたがる感染症を対象としています。HIV感染症、ウイルス肝炎の専門家がいます。

治療方針

十分な問診、診察をした後、各種血液検査や胸部X線検査、さらに血液,喀痰、尿などを用いた微生物検査や抗原・抗体検査を行います。また必要があれば、他科と共同で、心エコー、腹部エコー、CT検査や気管支鏡検査、リンパ節生検などをおこない、正確に病気の診断および病原微生物の同定を行います。治療にあたってはエビデンスに基づいた的確な治療を行うよう心掛けています。

診療分野

ウイルス肝炎、HIV感染症をはじめとしたウイルス性疾患とともに、細菌などのその他微生物疾患にも豊富な経験を有しています。また、感染症以外でも発熱を主な症状とする疾患に対して対応できる知識と経験を有しています。

対象疾患

感染症内科では、ウイルス、細菌などをはじめとする、すべての病原微生物に起因する感染症を対象としています。また内科領域を中心とした、すべての臓器にまたがる感染症を対象としています。HIV感染症、ウイルス肝炎の専門家がいます。

臨床研究について

感染症内科で現在行っている臨床研究については「臨床研究について」ページをご覧ください。→「臨床研究」

診療について

病気や診療に関するご質問などに電子メールやお電話でお答えすることはできません。
その場合には、正式な受診手続きをお願いします。

受診予約は 東京大学医学部附属病院「予約センター」にお問い合わせください。

東京大学医学部附属病院ホームページはこちら