感染症内科の紹介

診療科の概要

1.スタッフ

構成:科長(感染制御部・感染症内科 教授 森屋恭爾)、准教授(奥川周)1名、助教2名、大学院生2名、専門研修医1名、感染制御部兼任 特任講師(病院)2名、東京大学保健・健康推進本部1名。

2.診療グループ

全員がすべての感染症の診療に従事する体制を取っている。

3.病棟診療体制

病棟診療は当科入院患者の診療に加え、他科コンサルテーション業務を行う。当科の症例に関しては、助教クラスと後期専門研修医、非常勤医員(大学院生)クラスの複数名でコンサルトチームを作って、治療方針の決定等について専門的見地からの助言を行っている。感染制御部との強い連携をもち、東大病院における感染症の全てに対して診療・感染予防を統括している。年間1000件以上のコンサルテーションに対応している。

4.専門医

日本内科学会認定内科専門医・内科指導医、日本感染症学会認定専門医・指導医、米国内科専門医、米国感染症専門医、日本消化器病学会専門医、エイズ学会認定医、インフェクションコントロールドクター(ICD)など

5.主たる診療対象疾患

(入院・外来症例) HIV感染症、肺外結核症、非定型抗酸菌症、日和見感染症、不明熱、呼吸器感染症、尿路感染症、旅行者下痢症、輸入感染症、MRSA感染症、梅毒、ウイルス肝炎などの診療を行っている。
(院内コンサルト) 内科系・外科系を問わずすべての診療科からの急性感染症、難治性感染症のコンサルトに応じている

以前の感染症内科ホームページはこちら