113研究室

ウイルス感染症グループ(113研究室)

第113研究室は、ウイルス肝炎を中心としたウイルス感染症を研究のテーマとしています。
研究室の歴史は古く、OBには日本のウイルス肝炎の歴史を築かれてきた先生方が多数いらっしゃいます。現在教科書に書かれていることの中に、当研究室の業績が数多く含まれているといっても過言ではありません。


 現在は、以下のようなテーマを中心に研究が行われています。


I. ウイルス肝炎に関する研究


 A.トランスジェニックマウスを用いた研究
  1.C型肝炎ウイルスによる肝発癌のメカニズムに関する研究
  2.B型肝炎ウイルスによる肝発癌のメカニズムに関する研究
  3.C型肝炎ウイルスによる糖質・脂質代謝異常のメカニズムに関する研究
  4.C型肝炎ウイルスによる肝病変発症・進展のメカニズムと治療に関する研究
  5.C型肝炎ウイルスによる肝外病変の発生とその治療に関する研究
 B.培養細胞を用いた研究
  1.C型肝炎ウイルスとミトコンドリア異常に関する研究
  2.B型肝炎ウイルスの複製過程と発癌に関する研究
 C.臨床材料を用いた研究
  1.B型慢性肝炎の自然経過及び発癌に関与するウイルス因子に関する研究
  2.B型肝細胞癌におけるウイルス遺伝子組み込みの意義に関する研究
  3.非B非C型肝細胞癌におけるウイルスの関与に関する研究
  4.非アルコール性脂肪性肝炎に関する研究
ウイルス肝炎は、ウイルス感染症の持つ様々な側面を理解する上で、最もよいモデルの一つだと我々は考えています。やる気のある若い先生方と共にさらに研究を進めていきたいと思っています。


II. HIV感染症の病態進展に関する研究


 1.HIV感染症に合併するC型肝炎による肝疾患進展のメカニズムに関する研究
 2.HIV感染症に合併するC型肝炎に関する薬剤耐性の研究


連絡先

森屋恭爾(もりや きょうじ; moriya-tky@umin.ac.jp)に遠慮せず連絡をしてきて下さい。

 

最近の主な業績(抜粋)

1. Ito K, Yotsuyanagi H, Yatsuhashi H, Karino Y, Takikawa Y, Saito T, Arase Y, Imazeki F, Kurosaki M, Umemura T, Ichida T, Toyoda H, Yoneda M, Mita E, Yamamoto K, Michitaka K, Maeshiro T, Tanuma J, Tanaka Y, Sugiyama M, Murata K, Masaki N, Mizokami M; Japanese AHB Study Group.  Risk factors for long-term persistence of serum hepatitis B surface antigen following acute hepatitis B virus infection in Japanese adults. Hepatology. 2014;59:89-97.
2. Yotsuyanagi H, Ito K, Yamada N, Takahashi H, Okuse C, Yasuda K, Suzuki M, Moriya K, Mizokami M, Miyakawa Y, Koike K. High levels of hepatitis B virus after the onset of disease lead to chronic infection in patients with acute hepatitis B. Clin Infect Dis. 2013;57:935-42.
3. Goto K, Hatakeyama S, Okamoto K, Kitazawa T, Abe K, Moriya K, Koike K, Yotsuyanagi H. Dengue hemorrhagic fever in an adult traveler returning to Japan. Intern Med. 2012;51:1779-82.
4. Yanagimoto S, Yotsuyanagi H, Kikuchi Y, Tsukada K, Kato M, Takamatsu J, Hige S, Chayama K, Moriya K, Koike K. Chronic hepatitis B in patients coinfected with human immunodeficiency virus in Japan: a retrospective multicenter analysis. J Infect Chemother. 2012 Jul 4. [Epub ahead of print]
5. Fujinaga H, Tsutsumi T, Yotsuyanagi H, Moriya K, Koike K. Hepatocarcinogenesis in hepatitis C: HCV shrewdly exacerbates oxidative stress by modulating both production and scavenging of reactive oxygen species. Oncology. 2011;81 Suppl 1:11-7.
6. Koshiyama A, Ichibangase T, Moriya K, Koike K, Yazawa I, Imai K. Liquid chromatographic separation of proteins derivatized with a fluorogenic reagent at cysteinyl residues on a non-porous column for differential proteomics analysis. J Chromatogr A. 2011;1218:3447-52.
7. Miyoshi H, Moriya K, Tsutsumi T, Shinzawa S, Fujie H, Shintani Y, Fujinaga H, Goto K, Todoroki T, Suzuki T, Miyamura T, Matsuura Y, Yotsuyanagi H, Koike K. Pathogenesis of lipid metabolism disorder in hepatitis C: polyunsaturated fatty acids counteract lipid alterations induced by the core protein. J Hepatol. 2011;54:432-8.