【抄録翻訳】J EPIDEMIOL, 31(4); 2021

限られた時間で全体を把握する目的と、現在のトピックを横断的に把握する目的で、オープンアクセスである日本疫学会誌 Journal of Epidemiology の見出しと Abstract を日本語に翻訳しています。概観を掴む目的ですので、主に DeepL で訳したものをほとんどそのまま掲載しています。

追記(2021/5/8)

公式でこちらから日本語の highlight が読めることを知りました。

Volume 31(4); 2021

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/issues/376933/

Original Articles

全国データベースを用いた日米間の胃癌生存率の差の決定要因

Ito Y, Miyashiro I, Ishikawa T, et al. Determinant Factors on Differences in Survival for Gastric Cancer Between the United States and Japan Using Nationwide Databases. J Epidemiol. 2021;31(4):241-248. doi:10.2188/jea.JE20190351

背景
胃がんは、発生率や死亡率は減少しているものの、世界的には依然として公衆衛生上の問題となっています。国際的な研究では,韓国と日本の生存率が,米国を含む他の国々よりも高いことが報告されている。我々は,米国と比較して日本の生存率が高いことの決定要因を検討した。

方法
2004年から2007年に行われた全国的な胃癌登録プロジェクトである日本胃癌学会(JGCA)の78,648例のデータを分析し、2004年から2010年に行われた米国の人口ベースの癌登録データであるSurveillance, Epidemiology, and End Results Program(SEER)の16,722例のデータと比較した。5年相対生存率を推定し、リンパ節(LN)の検査数の影響を考慮して、多変量過剰ハザードモデルを適用し、日米を比較した。

結果
日本の5年相対生存率は81.0%であり、米国では45.0%であった。交絡因子を考慮しても、日本の方が有意に高い生存率を示した。N2患者では、日米ともにLNの検査数が多いほど生存率が高かった。N3患者では、日米間の生存率の差とLN検査数の関係はなくなった。

結論
GC生存率の日米間の大きな差は、診断時のステージの違いでほぼ説明できるが、ステージの移動に関連して、LNsの検査数も日米間のギャップを説明するのに役立つかもしれない。

中高年層における長期アルコール摂取とメタボリックシンドロームとの関連性に及ぼす喫煙と性別の影響

Lee K, Giovannucci EL, Kim J. The Effect of Smoking and Sex on the Association Between Long-term Alcohol Consumption and Metabolic Syndrome in a Middle-aged and Older Population. J Epidemiol. 2021;31(4):249-258. doi:10.2188/jea.JE20190328

背景
アルコール摂取とメタボリックシンドローム(MetS)およびその構成要素の発症リスクとの関係に及ぼす喫煙および性別の影響については、まだ調査されていない。

方法
40~69歳の韓国人成人5,629名(メタボリックシンドロームなし)をベースラインに募集した。アルコール消費量は2年ごとに評価し、参加者を「全く飲まない」、「軽い」、「中程度」、「重い」に分類した。喫煙状況は、ベースライン時に調査し、非喫煙者と現在喫煙者に分類した。多変量Cox比例ハザードモデルを用いて、アルコール摂取によるMetS発症のリスクとその構成要素を、喫煙状況と性別で検討した。

結果
12年間の追跡調査で、2,336名(41.5%)がMetSを発症した。非喫煙者では、軽度または中等度のアルコール摂取者は、全く飲まない人に比べて、MetS、腹部肥満、高血糖、高トリグリセリド血症、低HDL-Cの発症リスクが低かった。大量のアルコール摂取は、男性では血圧上昇(ハザード比[HR]1.48、95%信頼区間[CI]、1.07-2.06、P=0.020)、女性では腹部肥満(HR 1.86、95%CI、1.06-3.27、P=0.030)の発症リスクを高めることがわかった。しかし、喫煙者では、軽度または中等度のアルコール摂取と高トリグリセリド血症および腹部肥満との逆相関は見られなかったが、重度のアルコール摂取と高血糖との正相関(HR 1.39、95%CI、1.07-1.80、P = 0.014)が見られた。

結論
喫煙状況と性別は、アルコール摂取量による長期アルコール摂取とMetSおよびその構成要素との関連性に強く影響する。

家族が行った心肺蘇生法と家族以外が行った心肺蘇生法の格差

背景
院外での心停止時の救命処置において,バイスタンダーによる心肺蘇生(BCPR)は重要な役割を果たしているが,実際の現場でのバイスタンダーと患者の関係についてはほとんど知られていない。本研究では,家族が行ったBCPRと家族以外が行ったBCPRの格差を評価することを目的とした。

研究方法
この人口ベースの観察研究では、2012年1月から2016年12月までの間に、日本の新潟市で医療由来の目撃されたOHCAのすべての成人患者を対象とし、Utsteinスタイルに従った。ロジスティック回帰分析を用いて、目撃者とBCPRを提供する確率との関連を評価した。次に、BCPRを受けた人のうち、逮捕を目撃した人が実際にBCPRを行ったかどうかについて、家族が行ったBCPRと、家族以外が行ったBCPRの違いを調べた。

調査結果
調査期間中、818名が本解析の対象となり、家族が目撃した患者は609名(74.4%)、家族以外が目撃した患者は209名(25.6%)であった。多変量ロジスティック回帰分析の結果,家族が目撃したOHCA患者は,非家族が目撃した患者に比べてBCPRを受ける確率が低かった(260/609 [42.7%]対119/209 [56.9%],P = 0.017)。BCPRが行われた立会人のうち、家族が実際に行ったBCPRの割合は、家族以外が行ったBCPRの割合よりも低かった(242/260 [93.1%]対116/119 [97.5%]、P = 0.011)。

結論
この地域ベースの観察研究では、目撃した家族がBCPRを行う可能性は、目撃した非家族よりも低いことがわかった。

日本人高齢者の経済的負担と運動頻度の関係における社会的支援の役割。19年間の縦断的研究

Komazawa Y, Murayama H, Harata N, Takami K, Parady GT. Role of Social Support in the Relationship Between Financial Strain and Frequency of Exercise Among Older Japanese: A 19-year Longitudinal Study. J Epidemiol. 2021;31(4):265-271. doi:10.2188/jea.JE20190248

背景
これまでの研究で、経済的負担が健康的な行動に悪影響を及ぼすことが報告されています。また、社会的支援はこれらの影響を緩和することが期待されているが、運動への影響を調査した研究は少なく、今回の調査は社会的支援と身体活動・運動との関係について理解を深めることができる。本研究では、老年期における経済的負担と運動頻度の関係、およびこの関係における社会的支援の役割について検討した。

研究方法
データは、1987年から2006年にかけて、60歳以上の日本人成人を対象に実施された19年間の縦断的研究から得られたもので、最大7回の繰り返し観察を行った。運動頻度は、4段階評価で評価した。経済的負担は、経済状態に関する3つの質問への回答を用いて測定した。本研究では、情緒的支援と道具的支援の両方を考慮した。共変量には、人口統計学的および社会経済的要因、健康行動、および健康状態が含まれた。

結果
3,911人の参加者を対象としました。一般化推定方程式モデルの結果、女性では、前回の経済的負担が大きいほど、運動頻度の低下と関連し(b=-0.018;95%信頼区間、-0.032~-0.004)、経済的負担が大きくなるにつれて、道具的支援を多く受けている人は、支援をあまり受けていない人に比べて、運動量が減少することが示された(b=-0.009;95%信頼区間、-0.017~-0.002)。これらの関係は男性では見られなかった。

結論
本研究では、高齢女性において、経済的負担が運動頻度と負の相関関係にあることが示された。また、経済的負担を感じている女性では、道具的支援が運動頻度と負の相関を示していた。

非症候性顎顔面裂の修正可能な危険因子の母集団帰属分数。日本環境と子どもの調査による前向きコホート研究

Sato Y, Yoshioka E, Saijo Y, et al. Population Attributable Fractions of Modifiable Risk Factors for Nonsyndromic Orofacial Clefts: A Prospective Cohort Study From the Japan Environment and Children’s Study. J Epidemiol. 2021;31(4):272-279. doi:10.2188/jea.JE20190347

背景
口蓋裂における修正可能な危険因子の人口への影響はまだ不明である。本研究では、日本における口蓋裂を伴う非症候群性口唇裂(CL±P)および口蓋裂のみ(CP)の修正可能な危険因子の人口帰属分数(PAF)を推定することを目的とした。

方法
2011年から2014年に妊婦を募集した「日本環境子ども調査」のデータを用いて,前向きコホート研究を行った。母親の飲酒、心理的苦痛、母親の能動・受動喫煙、BMI異常(18.5kg/m2未満および25kg/m2以上)、妊娠中の葉酸サプリメントの不使用が、非シンドローム性のCL±PおよびCPの出生児に及ぼすPAFを推定した。

結果
94,174組の妊婦とその単胎児が対象となった。そのうち、非染色体CL±P症例は146例、非染色体CP症例は41例であった。母親の飲酒を除く修正可能な危険因子のCL±Pに対する調整済みPAFの合計は34.3%であった。母親の飲酒だけがCL±Pのリスクと関連していなかった。心理的苦痛,母親の能動・受動喫煙,BMI異常,葉酸サプリメント未使用のCL±Pに対する調整後PAFは,それぞれ1.4%(95%信頼区間[CI],-10.7~15.1%),9.9%(95%CI,-7.0~26.9%),10.8%(95%CI,-9.9~30.3%),2.4%(95%CI,-7.5~14.0%),15.1%(95%CI,-17.8~41.0%)であった。CPについては,サンプル数が少ないため,PAFを得ることができなかった。

結論
本研究では,修正可能な危険因子がCL±Pに与える影響について報告したが,CPには影響しなかった。本研究は,CL±Pの一次予防を計画する上で有用であると考えられる。

日本人の体力と脂質異常症。新潟県ウェルネス研究によるコホート研究

Momma H, Kato K, Sawada SS, et al. Physical Fitness and Dyslipidemia Among Japanese: A Cohort Study From the Niigata Wellness Study. J Epidemiol. 2021;31(4):287-296. doi:10.2188/jea.JE20200034

背景
握力は全身の筋力や筋肉量を反映し、さまざまなメタボリック変数との関連が報告されている。しかし、脂質異常症との予後の関連性は不明である。本研究では、日本人成人を対象に、握力およびその他の体力マーカーと脂質異常症の発症率との関連を検討した。

方法
2001年4月から2002年3月の間に体力測定を受けた20~92歳の日本人16,149名(女性6,208名)を対象とした。握力,垂直跳び,目を閉じた状態での片足バランス,前屈,全身反応時間をベースラインで評価した。脂質異常症については、2001年4月から2008年3月までの間、空腹時の血清脂質プロファイルと自己申告による脂質異常症をもとに毎年判定した。

結果
追跡期間中、男性4,458名(44.9%)、女性2,461名(39.6%)が脂質異常症を発症した。男女ともに、相対的握力(握力/body mass index)が高いほど、脂質異常症の発症率が低かった(P for trend <0.001)。第1分位群と比較して、第7分位群のハザード比と95%信頼区間(CI)は、男性で0.56(95%CI、0.50-0.63)、女性で0.69(95%CI、0.58-0.81)であった。さらに、相対垂直跳び(垂直跳び強度/体格指数)も、男女ともに脂質異常症の発症率と逆相関していた(P for trend <0.001)。その他の体力については、男女ともに脂質異常症との関連は認められませんでした。

結論
相対的握力と垂直跳びは、脂質異常症発症のリスクマーカーとして有用であると考えられた。

Short Communication

日本の中高年女性における食生活全体の質と教育の関連は、異なる食品群によって説明される

Hashimoto A, Murakami K, Kobayashi S, Suga H, Sasaki S. Associations of Education With Overall Diet Quality Are Explained by Different Food Groups in Middle-aged and Old Japanese Women. J Epidemiol. 2021;31(4):280-286. doi:10.2188/jea.JE20200030

背景
個人の教育達成度による食生活全体の質の格差が社会的な問題となっている。しかし、どの食品群がその格差に寄与しているのかはまだ不明である。本研究では、日本人女性を対象に、学歴と食生活全体の質との関連をどの食品群が説明するかを検討した。

研究方法
日本の47都道府県に住む3,788人の中年女性(平均年齢47.7歳)と2,188人の高齢女性(平均年齢74.4歳)を対象に、学歴(低、中、高)と食事歴調査票による食事摂取量のデータを提供した。食生活の質は、7つの食品成分に基づいてスコア(0〜70点)を算出しました。生活習慣や近隣の変数を調整した上で、一般線形モデルを用いて教育別の食生活品質スコアの平均値を推定し、Dunnettの多重比較を行った。さらに、各食品成分の平均スコアを教育別に推定し、同様の方法で比較した。

結果
生活習慣や近隣の変数を調整した結果、両世代とも、高学歴・中学歴の食事の質の平均スコアは低学歴よりも高かった。中高教育を受けた女性は、低教育を受けた女性に比べて、「牛乳」、「スナック・菓子・飲料」、「果物」、「野菜料理」のスコアが高かった。高・中学歴の高齢女性は、低学歴の女性に比べて「調味料のナトリウム」と「果物」のスコアが高かった。

結論
本研究は、日本の中高年女性において、教育と食事の質の正の関連は、生活習慣や近隣の変数とは無関係に、異なる食品群によって説明されることを示唆している。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。