第43回 医用マススペクトル学会年会

認定士講習会について

第6回日本医用スペクトル学会医用質量分析認定士講習会のご案内

近年、質量分析の著しい進歩に伴い、医療分野においても質量分析技術が幅広く用いられるようになってきました。日本医用マススペクトル学会では質量分析技術の臨床応用への基盤を共有することを目的に、平成25年度より認定士制度をスタートさせました。2017年3月には「質量分析装置」が医療機器として追加されましたので、医用質量分析認定士の活躍の場が飛躍的に広がります。タンデムマス・スクリーニング検査、臨床微生物検査、薬毒物分析など質量分析の臨床応用に従事されている各分野の方々のご参加をお待ちしております。

期日
2018年9月8日(土)(第43回日本医用マススペクトル学会年会 翌日)
会場
北海道大学保健学科 1階多目的室(札幌市北区北12条西5丁目)
プログラム
  • 9:30~ 9:35
    開会の辞
    丹羽利充(日本医用マススペクトル学会理事長)
  • 9:35~ 10:15
    講義1
    「質量分析の基礎と使用に際して留意すべき事項について」
    窪田雅之(サーモフィッシャーサイエンティフィック(株))
  • 10:20~11:00
    講義2
    「質量分析計を用いる新生児代謝異常スクリーニング」
    花井潤師(北海道薬剤師会公衆衛生検査センター)
  • 11:05~11:45
    講義3
    「臨床化学領域における質量分析検査診断」
    野村文夫(千葉大学医学部附属病院)
  • 12:00~13:00
    ランチョンセミナー
    「質量分析を用いた分子イメージング解析」
    韮澤 崇(ブルカージャパン株式会社)
  • 13:10~13:50
    講義4
    「臨床微生物検査で使用される質量分析装置の現状と課題」
    渡 智久(旭川医科大学病院 臨床検査・輸血部)
  • 14:00~14:10
    医用質量分析認定士制度の概要説明
  • 14:10~14:30
    試験
  • 14:30
    閉会
受講料(テキスト代を含む)
5000円、但し、第43回年会登録者は3000円
申し込み方法
事前登録システムよりご登録下さい、当日受付も可能です
認定要件
  1. 1.日本医用マススペクトル学会会員であること。
  2. 2.日本医用マススペクトル学会主催の医用質量分析認定士講習会に参加し、筆記試験に合格すること.筆記試験は主に講習会における講義内容から出題する。
年会・講習会事務局
第43回日本医用マススペクトル学会年会事務局
事務局長:櫻井俊宏、 講習会担当:布田博敏
 E-mail :