患者・市民参画のための学習プログラム 「共に学ぶオンライン・ゼミ」開講のお知らせ(申し込みは締め切りました)

多くの皆様にご応募いただき、ありがとうございました。

4月30日正午を持って締め切りました。

参加を申し込まれた方々には随時今後のスケジュール等についてご連絡を差し上げております。もし届いていない方はお知らせください。

メールアドレスはこちら☟(★を@に置き換えてください)

ithc_utokyo★mol.f.u-tokyo.ac.jp

<プログラムの概要>    

東京大学大学院薬学系研究科ITヘルスケア社会連携講座では患者中心の医薬品開発と医療の推進を目的として、今般、関係者のための学習機会を提案することになりました。

このプログラムでは患者や市民、産業界、アカデミア、医療保健関連団体、当局等の全ての関係者が参加して、教科書的な内容を一方的に教える・教わるのではなく、参加者の経験や事例を交えた対話を通して現状の医薬品開発や医療における課題を明らかにするとともに、対策について「共に学ぶ」ことを目指しています。

<開催内容>

1.開催時期:2020年5月~2021年4月(1年間)の毎月1回(原則)

2.開催形式:基本的にオンライン・ゼミ(1時間)、可能な場合は対面ゼミ(2時間程度)

3.開催内容と日程:内容はテーマ毎に設定、開催予定日程はITヘルスケア講座ウェブサイトに掲載予定

4.参加費  :オンライン・ゼミは無料、対面ゼミは 1,000円/参加者

5.学習内容:

  ◆定期開催◆

    ・医薬品開発・製造販売(創薬・臨床開発・承認審査・医薬品情報・リスク管理等)

                ・研究倫理(倫理審査・被験者保護・データ保護等)

    ・社会的技術評価(薬価・医療体制・保険制度等)

   ◆臨時開催◆

    模擬倫理審査、医薬政策・薬価、試験計画や同意説明文書の作成、  患者・市民目線での試験結果・医薬品情報の提供、リーダーシップ育成等

    ※上記のテーマはあくまで一例で、このとおり開催するとは限りません。ご要望を多く頂いたテーマについて開催を予定しております。

6.参加要件:

   ●「参加申込書」を提出した方

   ●毎回のゼミ開始前のアンケートへの対応が可能な方

    「開始前アンケート」の提出により、参加が可能になった方のみ、収録したアーカイブにアクセスできます。

   ●終了後のアンケ―トへの対応が可能な方

    「終了後アンケート」の提出者には「受講証明書」を当講座から発行します。

   ●プログラムの進行に積極的に参加いただける方

    (事例紹介、問題提起など)

   ●常時、通信環境の良い場所で受講できる方

                接続の不具合等につきましては当講座ではフォローは致しかねます。

7.参加者募集期間及び参加申し込み方法について

①参加者募集期間・・・2020/3/16~2020/4/15

②参加者決定について・・・2020/4/20までに、個別にご連絡いたします。

配信スケジュールの都合上、学習を希望される内容と日程によっては、ご参加を受け入れいたしかねる場合もございますことをご了承ください。

③参加申し込み方法・・・参加を希望される方は下記のQRコードから「参加申込書」をダウンロードして、入力したファイルをメール添付してお申込みください。ダウンロードが不可能な場合は、下記メールアドレスに「参加申込書フォーム送付希望」の旨メールをいただければフォームをWordファイルにてお送りします。

〇メール送付先アドレス  ithc_utokyo★mol.f.u-tokyo.ac.jp

※送付の際は★を@に置き換えてください。

(連絡先)事務局:東京大学大学院薬学系研究科ITヘルスケア社会連携講座    電話:080-5091-7152  (月~金 8:30~17:00)

④「参加申込書」についての個人情報の取り扱いについて

本参加申込書に記載いただいた個人情報については、管理責任者を定め、不正アクセスや紛失、漏洩等が発生しないよう安全対策を積極的に実施します。

また、いただいた個人情報については講座開講の目的以外には使用せず、ご本人の同意がない限り第三者には提供致しません。個人情報の取扱いに関するお問い合わせについては下記事務局窓口までご連絡ください。

患者・市民参画のための学習プログラム「共に学ぶオンライン・ゼミ」事務局

住所:〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 薬学部本館西3階309号室

東京大学大学院ITヘルスケア社会連携講座内  電話:080-5091-7152

メールアドレス: ithc_utokyo★mol.f.u-tokyo.ac.jp

※送付の際は★を@に置き換えてください。

管理責任者:特任教授 今村恭子 

担当者:特任研究員 筒泉直樹、学術支援専門職員 福田由理子

1 thought on “患者・市民参画のための学習プログラム 「共に学ぶオンライン・ゼミ」開講のお知らせ(申し込みは締め切りました)

  1. ピンバック: 患者・市民参画による創薬を目指す学習プログラム開講 | RareS.(レアズ)

ただいまコメントは受け付けていません。