日本の参加者の方へ

開催趣旨

この度、わが国でははじめてとなるWPA疫学・公衆衛生セクションミーティングを2014年10月16-18日に奈良で開催することになりました。その前日である10月15日には日本の研究者・精神保健医療の実務者・行政担当者を対象としたWMH(世界精神保健)調査の政策的活用に関するシンポジウム、およびアジア太平洋地域の研究者が一堂に会しての、アジア太平洋地域の疫学と公衆衛生的介入をテーマにしたシンポジウムも開催します。

このミーティングでは、“精神保健疫学と公衆衛生がトラウマとそれによるメンタルヘルスの問題の予防、そして悪化の防止にどのように役立つか”に焦点を当てます。具体的には、自然災害(地震と津波)、戦争、暴力、災害などのさまざまな避難民、被爆の脅威のメンタルヘルスへの影響-特に子どもと思春期-などについて、短期的なものから長期的なものまで、世界各国の専門家によるシンポジウムを組みます。

また、WHO(世界保健機関)が、2013年の第66回総会において、メンタルヘルス・アクションプラン2013-2020を採択したこと、その中心となる考え方は「No health without mental health(精神保健なくして健康なし)」であることを踏まえて、日本における公衆衛生としての精神保健の発展にも焦点を当てます。

これらを実現するため、WPA疫学・公衆衛生セクション国際委員会のプログラムに加えて、日本委員会独自のプログラムも多く用意し、ポスターセッション、ランチセミナー、教育セミナーを設けました。

少子高齢化の進むわが国において、国民のかかえるメンタルヘルスの問題は増大しており、精神医学と公衆衛生の領域が連携して、国民のメンタルヘルスを守り、社会に貢献していくことが期待されます。

今回の疫学・公衆衛生セクションミーティングを、国際的な精神保健疫学の発展と、日本における精神医学と公衆衛生学の共同研究を持続的に発展させるネットワークの始まりにしたいと考えております。

会期

2014年10月16日(木)~ 18日(土)

※Regional Dayは、10月15日 (水)に開催されます。
15日~18日の会期中、日本語のプログラム (教育講演・ワークショップ等)も企画しております。

会場

奈良県新公会堂
〒630-8212 奈良市春日野町101

精神科専門医更新の研修ポイント取得について

  • 本学会は「精神科専門医更新の研修ポイント取得対象学会」となります。
    4時間以上のご出席で40点のポイントが認定されます。

演題募集期間

2014年1月20日(月)~ 5月30日(金)
7月25日(金) 演題募集を締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

参加登録期間

<早期登録> 2014年1月20日(月) ~ 6月30日(月)
<事前登録> 2014年7月1日(火) ~ 9月5日(金)

9月16日(火) 事前登録を締め切りました。 <当日登録> 2014年10月15日(水) ~ 10月18日(土)

国内組織委員 (五十音順・敬称略)

会長

竹島 正
((独)国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 精神保健計画研究部 部長)

副会長

高橋 清久
(公益財団法人 精神・神経科学振興財団 理事長)

組織委員

秋山 剛
(NTT東日本関東病院 精神神経科)
飛鳥井 望
(公益財団法人 東京都医学総合研究所)
井上 新平
(福島県立医科大学会津医療センター)
笠井 清登
(東京大学医学部 精神医学教室)
川上 憲人
(東京大学大学院医学系研究科 精神保健学分野)
神庭 重信
(日本うつ病学会)
岸本 年史
(奈良県立医科大学 精神医学講座)
金 吉晴
((独)国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 / 災害時こころの情報支援センター)
車谷 典男
(奈良県立医科大学 地域健康医学講座)
白川 教人
(横浜市こころの健康相談センター)
高橋 祥友
(国立大学法人 筑波大学 医学医療系 災害精神支援学)
立森 久照
((独)国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 精神保健計画研究部 統計解析研究室)
中村 好一
(自治医科大学 公衆衛生学教室)
西 大輔
((独)国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所)
古川 壽亮
(京都大学大学院医学研究科健康増進・行動学分野)
水野 雅文
(東邦大学医学部精神神経医学講座)
森川 将行
(三重県立こころの医療センター)
山内 貴史
((独)国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 / 自殺予防総合対策センター)

顧問 (依頼中を含む) (五十音順・敬称略)

大井田 隆
(日本公衆衛生学会)
鹿島 晴雄
(公益社団法人 日本精神保健福祉連盟)
吉川 武彦
(一般社団法人 全国精神保健福祉連絡協議会)
小島 卓也
(医療法人社団輔仁会 大宮厚生病院)
佐藤 光源
(公益財団法人 こころのバリアフリー研究会)
篠崎 英夫
(一般財団法人 日本公衆衛生協会)
鈴木 二郎
(山王精神医学心理学研究所 鈴泉クリニック / 日本精神保健福祉政策学会)
武田 雅俊
(大阪大学大学院医学系研究科 精神医学教室)
中根 允文
(一般社団法人 うつ病の予防・治療日本委員会(JCPTD))
樋口 輝彦
((独)国立精神・神経医療研究センター)
広瀬 徹也
(公益財団法人 神経研究所附属 晴和病院)
柳川 洋
(公益社団法人 地域医療振興協会 ヘルスプロモーション研究センター)
山内 俊雄
(埼玉医科大学)
山崎 學
(公益社団法人 日本精神科病院協会 / 医療法人山崎会 サンピエール病院)
渡辺 洋一郎
(公益社団法人 日本精神神経科診療所協会)
渡邉 義文
(精神医学講座担当者会議 / 山口大学大学院医学系研究科高次脳機能病態学分野)

後援 (五十音順・敬称略)

奈良県
一般社団法人 うつ病の予防・治療日本委員会
一般社団法人 全国精神保健福祉連絡協議会
一般社団法人 奈良市医師会
一般社団法人 日本児童青年精神医学会
一般社団法人 日本社会精神医学会
一般社団法人 日本睡眠学会
一般社団法人 日本精神科看護協会
一般社団法人 日本トラウマティック・ストレス学会
公益財団法人 日本精神衛生会
公益社団法人 日本医師会
公益社団法人 日本看護科学学会
公益社団法人 日本看護協会
公益社団法人 日本精神科病院協会
公益社団法人 日本精神神経科診療所協会
公益社団法人 日本精神保健福祉連盟
公益社団法人 日本精神神経学会
全国精神保健福祉センター長会
全国保健所長会
特定非営利活動法人 ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター
奈良県精神科病院協会
奈良県精神神経科診療所協会
日本うつ病学会
日本疫学会
日本公衆衛生学会
日本精神障害者リハビリテーション学会
日本精神保健・予防学会
日本精神保健福祉政策学会