加齢と共に脳砂(ac)と呼ばれる石灰化した構造物が見ら
れヘマトキシリンでは石灰化は青紫に染まってきます。
(HE染色)
 gc
ac
 gc
pnc
松果体は松果体細胞(pnc)と神経膠細胞(gc)からなり、由来は神経発生で松果体細胞はメラトニンを分泌します。
(MT染色)
 
 
松果体組織は神経性発生で外胚葉由来です。石灰化し
た脳砂と呼ばれる構造物がヘマトキシリンで青く染まって
見られ、これは加齢と共に増加しますが、この石灰物が何
を示すのかその意味が現在の所不明です。
(HE染色)
 
ac
脳砂(ac)は松果体に特徴的な構造物です。HE染色では
青く、マッソン染色やAzan染色では金平糖状に赤く染色さ
れます。(MT染色)
小葉構造の基底膜側の構造です。基底膜に接する細胞は
円柱状の細胞で核は基底膜から離れて位置します。神経
膠細胞(gc)は結合組織と一緒になって小葉を構築してい
ます。(MT染色)
 gc
 gc
松果体細胞(pnc)は神経膠細胞に囲まれるように位置し、
細胞質の境界は不明瞭で大きく明るい核を持ちます。神
経膠細胞(gc)細胞は周囲に突起を出して松果体内部を
支持します。松果体細胞は内分泌器官としてメラトニン
分泌し、その作用は性腺刺激ホルモンに対して抑制的に
働くと言われます。(HE染色)
 gc
pnc
 gc
松果体2