肝臓の断面を見ると、肝門やグリソン氏鞘と同じ構造が見られます。この構造を肝の3つ組構造と呼びます。一方心臓に戻る肝静脈系の静脈にはこの構造は見られません。
正常の肝臓の表です。肝臓は人体最大の器官です。この写真で向かって左が右葉、右が左葉で線状に見えるのが肝鎌状間膜(FH)です。肝臓は前面は漿膜に包まれていますが横隔膜と結合する部分は無漿膜野(漿膜欠損部)となっています。下大静脈は肝臓の後を肝臓に食い込むように走りそこに肝静脈が開口しています。
固有肝動脈
門脈
胆嚢
肝門とは肝臓に出入りする血管や胆管、リンパ管、神経の出
入り口を呼びます。特にこの部分では小葉間結合組織と同じ
構造が見られ、右の「肝の3つ組構造」とも同じ構造であるこ
とに注意してください。 門脈の太さ動脈の太さの違いにも
注意。そして肝臓から出る胆管は肝管と呼ばれますが、肝管
は内部に埋もれて見えません。ここでは胆嚢から出る総胆管
が見られます。また肝静脈は肝門からは出ていません。肝静
脈については「循環器系」の「機能血管と栄養血管」にあります。
総胆管
肝静脈系
静脈枝
胆 管
門脈枝
動 脈
左の肝臓の裏面です。肝臓は横隔膜に強く固定されていま
す(*:黄色塗りつぶし部)。この部位を無漿膜野と呼び、漿
膜を欠きます。肝臓には左と右葉の他に尾状葉(LC)と方形
葉(LQ)の2つの葉があります。下大静脈(CI)は無漿膜野の
肝臓に食い込むように走行し、肝静脈を開口しています。裏
面で胆嚢(VF)が見られます。
肝臓