椎 体
横突孔
横突起
隆 椎 Z
軸 椎 U
環 椎 T
歯突起
棘突起
Z
Y
X
W
V
U
T
頸椎は7つの骨からなり、特に形態の特徴がある第一頸椎
環椎、第二頸椎を軸椎、第七頸椎を隆椎と呼んでいます。
この全面から見た頸椎は椎間円板を取り除いてあります。
頸椎を上から見ると特徴のある形態が理解されます。第七頸
椎を隆椎と呼ぶのは首の後側にのびる棘突起が一番長いため
で頭を前に強く曲げた状態で首後ろの付け根でこれを触れるこ
とが出来ます。左右の横突起にある穴は椎骨動脈(鎖骨下動
脈から分枝して直ぐに頸椎に入る)が通ります。
横突孔
棘突起
椎体
椎体
横突起
棘突起
第6頸椎の拡大写真です。頸椎の横突起にある孔には
椎骨動脈が通り、頭蓋内に入ります。椎骨動脈は総頚
動脈から分岐した内頸動脈と脳底で交通枝によって、動
脈吻合を作ります。
頸椎と大きく異なり、腰椎には大きな椎体があります。これ
は体重を支えるための構造で、各椎骨間には椎間円板があ
り身体の屈折や伸展運動、そして衝撃から守っています。
脊柱と脊椎骨
脊柱の構造(幼児の脊柱)で異なった染色の合成画像です。脊柱は椎滑と椎間円板からなります。椎骨の形態は頸部、胸部、腰部で上の写真の様に異なりますが脊柱前面(腹側)の膨らみは椎体と呼ばれその断面で骨髄(骨髄海綿質)が見られます。各椎骨間にはクッションの役割を持たせる椎間円板があります。椎間円板は線維軟骨でその中心は髄核と呼ばれます。この線維は*で強靱な膠原線維に変わり、脊柱表面、横側、後部を被い、外側から脊柱を支えています。椎体の骨組織と円板の軟骨組織の境界では軟骨性骨化が見られます。(EV染色(左)とHE染色(右))
骨髄
髄核
椎間円板の線維軟骨
靱帯
軟骨から靱帯への移行部