1 胸膜や腹膜と漿膜

1)胸膜や腹膜と腸間膜とは
胸膜や腹膜は袋状の胸腔や腹腔を構成します。胸膜や腹膜と言う場合広義の意味で表面の漿膜(中皮細胞上皮から構成される膜状の上皮)とその下の結合組織性の膜、さらに筋層などを入れる場合があります。一般に腹膜と表現される場合は腹腔表面を。胸膜と表現される場合は胸腔表面を指します。腹腔内器官は大半が腹膜(厳密に言えば漿膜上皮)に包まれます。表面を被うだけのもの、全体を包み込むものなどに分かれ、この中で腹膜が表面を被いながら反転して二重膜となるものがあり、これを「 間膜 」と読んでいます。

2)間膜には
間膜には腸間膜、横行結腸間膜、胃結腸間膜、大網、小網、虫垂間膜、S状間膜、卵巣間膜,肝鎌状間膜などがあります。

4)腹膜下後器官(後腹膜器官)とは
腹膜は腹側を前腹膜、背側を後腹膜と呼んでいます。腹部器官には腹膜の外の位置する器官があり後腹膜下にある器官を腹膜下器官、あるいは後腹膜下器官と呼びます。

5)腹膜下後器官(後腹膜下器官)には
膵臓、脾動静脈、十二指腸副腎腎臓、腎動静脈、腹部大動脈、腹部下大静脈、尿管、精巣卵巣動静脈があります。

6)実際の腹腔内器官は
胃、肝臓(横隔膜に接する部位は漿膜を欠く)、脾臓小腸(空腸、回腸)、結腸(盲腸、上行、下行、S状、直腸(骨盤内器官))、卵巣、子宮体部、大網などです。
3)漿 膜
 漿膜は腹腔や胸腔の表面、その腔内にある器官表面を覆う漿膜細胞からなる膜を呼びます。これは単層扁平上皮からなる漿膜上皮でこれを中皮細胞と呼びます。漿膜は単層扁平上皮(ただし卵巣漿膜は円柱上皮からなり杯芽上皮と呼ばれる)のために透明であり、その下に位置する膵臓などの器官は透けて見ることが出ます。また漿膜は腹膜炎などの炎症反応の場であり、 腹腔内には上皮の剥離細胞や炎症細胞、フィブリンの析出が見られます。
漿膜と間膜とは?
表皮
真皮
皮下組織
筋膜
筋膜
筋層
漿膜
漿膜
リンパ管
静脈
単層扁平上皮
腹壁の最表層の表皮から腹腔内漿膜までの構造です。一
番厚い層が脂肪組織からなる皮下組織です。筋膜は結合
組織性の厚い膜で前後から筋層を守ります。漿膜は腹腔
壁を構成する上皮です。(EV染色)
虫垂外表面の漿膜構造で写真上部で横走する外縦走筋が
見られます。その下には疎性結合組織がありリンパ管や血
管が走ります。漿膜は単層扁平上皮です。疎性結合組織中
にリンパ球を中心とした遊走細胞が見られます。
(HE染色)
漿膜は単層扁平上皮からなります。これより下部は腹腔内
になります。(MT染色)