脾臓の構築は細網線維(青→)により細かいネット状になっています。血球はこのネット構造の中を自由に行き来しています。赤→は脾洞です。(渡辺鍍銀法)
白脾髄(リンパ小節)ではリンパ球がつくられています。
この白脾髄の中心部より外側に少しはずれて中心動脈
(ac)があります。胸腺のハッサル小体と似ていますが、
周辺には赤脾髄(rp)があるので区別できます。
(HE染色)
rp
spn
ac
脾髄の細網組織は脾索と呼ばれ、細網細胞と細網線維からなります。また脾髄の中に血液の通り道である脾洞があります。脾索のネットワ−クと脾洞中の血液は自由に通過しています。この通過中にマクロファージによって血液の濾過処理を行い、その後門脈系の血液として肝臓に運ばれます。(渡辺鍍銀法)
脾臓の厚い皮膜(caf)は内部に入り込んで脾柱(trb)となり
,脾柱には動脈(脾柱動脈)があり、深部に入り込みます。脾
臓は細網組織を中心とする脾索と脾髄を形成し、この中にリ
ンパ球を産生する白脾髄(spn)と赤血球からなる赤脾髄(rp)
が見られます。白脾髄中には中心動脈(ac)が見られます。
(HE染色)
脾臓2