[2] 目的

 この様な現状を背景に、我が国における理想的な獣医学教育像を描くためには、

  1. 学生の具体的な到達目標を明示すること
  2. 目標を達成するために必要なカリキュラムの内容(シラバス)を明らかにすること
  3. 教育手法を明示しておくこと
  4. が不可欠である。
     本調査研究の目的は、世界の獣医学教育を俯瞰しつつ我が国の獣医学教育の在るべき姿を検討し、これに即した獣医学教育のコア・カリキュラムを策定するとともに、獣医学教育法のモデルを明示することにある。

 

▲このページの上部へ