大動脈弁膜症(大動脈弁狭窄症・大動脈弁閉鎖不全症)

心臓は血液を全身に送るポンプの働きをしていますが、内部は4つの部屋に分かれています。各部屋を逆流しないよう、部屋と部屋の間には弁と呼ばれる扉がついており、心臓には4つの弁があります。

 

このうち、全身に血液を送るポンプの役割をしている左心室と、大動脈の間に ある弁を大動脈弁と呼びます。

 

大動脈弁膜症はこの弁の働き不十分になることで起こる症状です。

大動脈弁狭窄症

大動脈弁狭窄症は、大動脈弁の性質が硬化し、血液の通過できる面積が狭くなる病気です。

01

症状

始めは症状を伴わず進行します。 進行すると、狭心症のように胸が痛くなったり、失神したり、心不全になるなどの症状を呈するようになります。 心不全を発症すると、つかれやすい、歩くなど軽い労作で息切れがする、横になると呼吸が苦しく、また特に朝方息苦しくなる、足がむくむ、などの症状が認められます。 また、突然死の可能性があるといわれています。

原因・病態

心臓が大動脈を経由して全身に血液を送り出すにあたり、大動脈から心臓に血液が逆流しないように一方向弁の役割をしているのが大動脈弁です。さまざまな原因(動脈硬化・リウマチ熱・二尖弁など)により弁の性質が硬化し、通過できる面積が狭くなることで大動脈弁狭窄症となります。

検査・診断の方法

*全身の診察
心雑音を聴取します。心不全を発症しているかは、心臓や肺の聴診に加え、首の静脈の張りや腹部や足のむくみなど心不全で認められやすい所見の有無の確認などをします。
*心電図検査
心臓に圧力の負荷がかかっている所見がないか、また虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)などを合併していないかなどを確認します。
*胸のレントゲン
心臓の大きさや、肺のうっ血の有無、大動脈の異常などを確認します。
*血液検査
貧血の有無、肝臓・腎臓など機能障害の有無などを調べ、全身状態を確認します。また心室に負担があると分泌されるBNdl(脳性ナトリウム利尿ペプチド)という物質を測り、心不全の重症度判定の参考にします。
*心臓超音波検査(心エコー検査)
大動脈弁狭窄症に対し最も有用な検査のひとつです。 大動脈弁の性質(二尖か三尖か、石灰化、動き)や大動脈弁を通る血流の速度、そして心臓の動きや他の弁の性質を観察します。 大動脈弁を通る血流の速度からは(ドップラー法という技術を用いて)、心臓内腔と大動脈との圧力の差を推定することができます。
*右心カテーテル
「スワンガンツカテーテル」という専用の管(カテーテル)を用いて、右心系の各部位(右心房・右心室・肺動脈・肺毛細血管)の圧測定および、心臓の拍出量の測定を行います。これにより、心臓の機能・血行動態を評価します。
*冠動脈造影・心室造影(心臓カテーテル)検査
足のつけ根や手首や肘の動脈から細い管(カテーテル)を入れて心臓の造影検査を行い、心臓を栄養する「冠動脈」に狭いところがないかや、心臓の機能を評価します。 また心臓内と大動脈内の圧力を測定します。

治療

症状を伴う場合、多くは「大動脈弁置換術」という手術が基本的な治療となります。

*薬物療法
無症状で軽度の場合、高血圧やその他の疾患(糖尿病・高脂血症・肥満)の治療により大動脈弁狭窄症の進行を防ぐ方針となることがあります。この場合でも、定期的な外来通院と状況に応じて入院が必要となります。 心不全を発症した場合は心不全の治療を優先することが一般的であり、利尿剤や心保護作用を有する薬を用いて治療しますが、その後手術療法の可能性について精査をすることとなります。
*手術
重症あるいは症状のある大動脈弁狭窄症は手術の適応となります。機械弁あるいは生体弁を用いた「大動脈弁置換術」を行います。大動脈弁狭窄症の程度や他の心疾患の有無、そして全身状態や他の病気を持っていないかなどをチェックするために入院していただき検査をします。

大動脈弁閉鎖不全症

大動脈から心臓に血液が逆流してしまう病気が大動脈弁閉鎖不全症です。

症状

一般的には、始めは症状を伴わず進行します。 進行すると、疲れやすくなったり、運動したときの息切れが強くなったり、夜間睡眠中に呼吸が苦しくなったり、寝ていられなくなり座って呼吸するようになったりします。

原因・病態

心臓が大動脈を経由して全身に血液を送り出すにあたり、大動脈から心臓に血液が逆流しないように一方向弁の役割をしているのが「大動脈弁」です。
大動脈から心臓に血液が逆流してしまう病気が大動脈弁閉鎖不全症です。
原因としては、大動脈弁自体の異常として加齢や高血圧や感染症による弁の変化が挙げられ、大動脈の異常として大動脈瘤・大動脈解離、そして先天性の疾患(Marfan症候群など)が挙げられます。

検査・診断の方法

*全身の診察
心雑音を聴取します。 胸の表面に心臓の拍動が触れることがあり、また大動脈に異常がある場合は腹部などで大動脈の拍動がわかります。
*心電図検査
心臓に圧力の負荷がかかっている所見がないか、また虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)などを合併していないかなどを確認します。
*胸のレントゲン
心臓の大きさや、肺うっ血の有無、そして大動脈の拡張の有無などを確認します。
*血液検査
貧血の有無、肝臓・腎臓など機能障害の有無などを調べ、全身状態を確認します。 また心室に負担があると分泌されるBNdl(脳性ナトリウム利尿ペプチド)という物質を測り、心不全の重症度判定の参考にします。
*心臓超音波検査(心エコー検査)
大動脈弁狭窄症に対し最も有用な検査のひとつです。 大動脈弁の性質(二尖か三尖か、石灰化、動き)や大動脈弁を逆流する血液の流れ、そして心臓の動きや他の弁の性質を観察します。 大動脈の一部も観察することができます。
*CT
X線を多方向から当ててコンピュータで解析し、体の断面図を作る検査です。 主に大動脈の形状や走行に異常がないかを調べます。 ヨード造影剤を用いることもあります。
*右心カテーテル
「スワンガンツカテーテル」という専用の管(カテーテル)を用いて、右心系の各部位(右心房・右心室・肺動脈・肺毛細血管)の圧測定および、心臓の拍出量の測定を行います。 これにより、心臓の機能・血行動態を評価します。
*冠動脈造影・心室造影(心臓カテーテル)検査
足のつけ根や手首や肘の動脈から細い管(カテーテル)を入れて心臓の造影検査を行い、心臓の機能や心臓を栄養する「冠動脈」に狭いところがないかを評価します。 また大動脈内に造影剤を注入し、心臓側に逆流する血流を撮影することができます。

治療

大動脈解離や感染性心膜炎という病気を起こしたときの大動脈弁閉鎖不全症は急激に発症し、治療には早期の手術が必要になります。
徐々に進行してきた場合でも、症状があり重症の場合には「大動脈弁置換術」という手術が基本的な治療となります。

*薬物療法
無症状で軽度の場合、高血圧やその他の疾患(糖尿病・高脂血症・肥満)を行う方針となることがあります。
この場合でも、定期的な外来通院と状況に応じて入院が必要となります。
心不全を発症した場合は心不全の治療を優先することが一般的であり、利尿剤や心保護作用を有する薬を用いて治療しますが、その後、手術療法の可能性について精査をすることとなります。
*手術
重症あるいは症状のある大動脈弁狭窄症は心臓の機能が低下する前に手術をすることが望ましいと考えられています。機械弁あるいは生体弁を用いた「大動脈弁置換術」を行います。
大動脈も同時に手術することがあります。
大動脈弁閉鎖不全症の程度や他の心疾患および大動脈疾患の有無、そして全身状態や他の病気を持っていないかなどをチェックするために入院していただき検査をします。

   このページの先頭へ