日本集中治療医学会 臨床工学部会

日本集中治療医学会臨床工学部会 細則

第1章 総  則

(目 的)
第1条 

集中治療医学領域における臨床工学およびその関連領域の進歩をはかることを目的とする。


(臨床工学部会の構成員)
第2条 
  1. 臨床工学部会の構成員は、臨床工学技士の資格を持つ正会員と准会員からなる。
  2. 正会員とは、定款第1章総則第2章第9条に示すものであり、評議員に立候補する資格を持つ。
  3. 准会員とは、定款第1章総則第2章第10条に示すものである。

(臨床工学部会の運営)
第3条 
臨床工学部会の運営は臨床工学技士正会員から選ばれた役員が行う(臨床工学部会役員)。


第2章 役  員

(役 員)
第4条 本部会には、次の役員をおく。

(1)部 会 長 1名
(2)副部会長 2名
(3)臨床工学部会役員 若干名
(4)臨床工学部会監事 2名


(選 任) 
第5条 
本部会の役員は、次の規定により選任する。

  1. 部会長は、臨床工学部会役員の中から臨床工学部会役員の選挙によって選出し、理事会の承認を得る。
  2. 副部会長のうち1名は、臨床工学部会役員の中から臨床工学部会役員の選挙によって選出し、臨床工学部役員会の承認を得る。
    1名は、部会長が、臨床工学部会役員の中から副部会長として指名し、臨床工学部役員会の承認を得る。
  3. 臨床工学部会役員は、臨床工学技士正会員の中から選出し、臨床工学部役員会の承認をうけ、部会長が委嘱する。
  4. 臨床工学部会監事は、臨床工学部会役員の中から選出し、臨床工学部役員会の承認をうけ、部会長が委嘱する。
(職  務) 
 第6条 本部会の役員は、次の職務を行う。
  1. 部会長は、本部会を代表して、会務を総括する。
  2. 副部会長は部会長を補佐する。
  3. 部会長は、社員総会の承認を得たうえ、本学会の臨床工学理事としての職務を行う。
  4. 部会長、副部会長は重要項目を審議・議決するほか、社員総会に出席する。
  5. 臨床工学部会監事以外の役員は、学術集会および小委員会にかかわる活動を行う。
  6. 臨床工学部会監事は会務を監査する。
  7. 部会長は審議した内容を理事会に報告し、承認を得る。
  8. 臨床工学部会の活動だけでは課題遂行が困難と判断した場合には、部会長は理事会にAd-hoc(プロジェクト)の設置を提案することができる。
  9. 部会長は事業計画に基づいた予算を編成し、事業年度最終の理事会に提案して承認を得る。
  10. 部会長は、決算を事業年度最初の理事会に提出して承認を得なければならない。


(任 期)
第7条 本部会の役員の任期は次の通りとする。

  1. 部会長および副部会長の任期は2年とし、連続3期を超えないものとする。
  2. 臨床工学部会役員の任期は2年とし、再任は妨げない。
  3. 臨床工学部会監事の任期は2年とする。
  4. 任期満了前に退任した役員の補欠として選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
  5. 任期1年とは、選出された年度の学術集会の翌日から、翌年の学術集会の最終日までとする。
  6. 部会長が任期中にその任務を全うできない場合には、臨床工学部役員会において副部会長の中から部会長を選任し、残任期間を担当する。
  7. 副部会長に欠員が生じた場合には、これを当該副部会長の選出方法に準じて選出し、委嘱する。

第3章 会  議

(会議の種別)
 第9条
本部会の会議は次の通りとする。
(1) 臨床工学部役員会
(2) 小委員会


(臨床工学部役員会)
第10条 
臨床工学部役員会は、臨床工学部会役員をもって構成し、部会の重要事項を審議・議決する。

  1. 年2回部会長がこれを召集し、議長となる。
  2. 部会長が必要と認めた場合、または臨床工学部会役員の半数以上の請求があるときは、臨時臨床工学部役員会を召集する。
  3. 臨床工学部役員会は、構成員の半数以上の出席もって成立する。
  4. 部会長が必要と認めた場合、臨床工学部会役員以外の陪席者をおくことができる。

(小委員会)
第11条 
本部会は、必要に応じて常設または臨時の小委員会をおくことができる。

  1. 小委員は、役員の中から部会長が委嘱する。
  2. 小委員長は、臨床工学部役員会の議を経て部会長が委嘱する。
  3. 小委員の任期は2年連続3期を超えないものとする。
  4. 小委員の併任は3委員会までとする。
  5. 小委員会の存廃は臨床工学部役員会で決定する。
  6. 部会長が必要と認めた場合、臨床工学部会役員以外の臨床工学技士正会員を小委員として委嘱することができる。

(議  決)
第12条 
会議の議決は出席者の半数以上の賛成がなければならない。賛否同数の時は議長がこれを決する。


第4章 細則の改定

第13条 
本部会の細則の改定は、臨床工学部役員会で審議・議決後、理事会の承認を経て行う。


付 記

部会長が必要と認めた場合、特定の目的をもち、これを遂行するための期間を定め、Ad-hoc(プロジェクト)を設置することができる。


この細則は、2014年1月1日から施行する。