日本集中治療医学会 臨床工学部会

部会長ごあいさつ

日本集中治療医学会における臨床工学技士は、従来から学術集会における「臨床工学部門」として、一般演題発表やシンポジウム等を行う多数の機会を得ることができました。その積み重ねの上に、2012年に開催されました第39回日本集中治療医学会学術集会(千葉)において、学術集会のみでなく集中治療領域の臨床工学技士の学術活動をより推進すべく、念願の臨床工学部会を設立するに至りました。これも今まで我々臨床工学技士を支持して頂いた学会諸先生方ならびにその評価を得るに至った諸先輩方の活躍のお陰と感謝しております。
さらに、臨床工学部会では学術活動に加えて、集中治療における臨床工学業務の確立ならびに地位の向上にむけて努力していきたいと考えております。集中治療における臨床工学業務はまだまだ十分に確立されているとは言えず、各施設の臨床工学技士部門が個々に試行錯誤を行っている状況ではないかと思います。今回の臨床工学部会設立を機にそれらの知識と経験を集約した形で、従来からの活動をさらに高めて行きたいと考えております。
現在、集中治療医学会における臨床工学技士は「準会員」ですが、今年の秋頃(予定)に「臨床工学部会員」への変更手続きを開始させて頂きます。臨床工学技士の会員の皆様のご理解とご協力の程どうぞ宜しくお願い致します。

加納    隆