メイン

ボランティア・環境 アーカイブ

2005年01月30日

シャロン・ストーンの影響力

シャロン・ストーンさんの一声で「アフリカ支援」1億円 - asahi.com : 国際

 「タンザニアの大統領が、『いま(感染症対策が)必要なんだ』と言われたことに動かされました。1万ドル(の小切手)を差し上げますので、今日(マラリア防止の)蚊帳を買ってください。どなたか仲間になる方はいませんか」
 世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)に出席した女優のシャロン・ストーンさんが発した一声で、100万ドル(約1億円)がその場で集まった。
 ハプニングが起きたのは28日夕、「貧困との闘いの財源をどう確保するか」を討議するシンポジウム会場。ブラジル大統領や米マイクロソフトのビル・ゲイツ会長らが出席。この中で、ムカパ・タンザニア大統領が債務の返済に追われ、教育や感染症対策に資金をまわせない窮状を訴えた。
 「今日も子どもたちが死んでいるのです。いま助けが必要なんです」。ストーンさんの説得に、涙を浮かべながら「5万ドル出そう」「私も」という出席者が続出した。
 この日集まった寄付金は、マラリアやエイズ対策を進める国際基金を通じて、マラリア蚊の殺虫剤を練りこんだ特殊な蚊帳の購入に充てられる。蚊帳は一張り500円程度で、約20万個が買える計算だ。
 世界保健機関(WHO)によると、アフリカでは毎日3000人の子どもがマラリアで死亡している。このため、同基金などでは蚊帳1億張りを感染の恐れがある地域に供与する計画を立てている。
(01/29 21:04)

芸能人の人の影響力というのは、いろいろな形で使えるのであって、
芸能人は芸能人の、凡人は凡人の役割という者があるんだ。

About ボランティア・環境

ブログ「46」のカテゴリ「ボランティア・環境」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しい順番に並んでいます。

前のカテゴリはスクラップです。

次のカテゴリは写真です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type